挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
詩集 心の輝き 作者:透坂雨音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/5

―箱庭で生きた少年―



「嘘でも良い。まやかしでもいい。僕はここで生きるよ」

 闇が退いて、世界が再び照らし出される。

 エンドロールの流れた舞台に、役者が現れれば、劇は進んで行くだけだ。

「確かに何もなかったかもしれない。歩いてきた過去を振り返れば、何も残されてないのかもしれない。けれどそこに意味をつけるのは、いつだって後からだ」

 世界は変わらずに存在している。
 闇に姿を隠すことなく、そこにあり続けている。

 捜せばきっと、ペンはある。紙だって見つかるだろう。

「新しい物語を始めてはいけないと誰が決めた? 解釈を変えて読んではいけないと誰が決めた?」

 最初に綴る文字は、はじまりはじまり、そしてオープニングだ。

「闇の中にだって光はある。夜空にだって星はあるのだから」

 タイトルを決めて、作者名を記そう。

 やがて、誰かがこの舞台に上がって来るだろう。
 満ちた明りを消そうとするかもしれない。

 けれど、彼が手を止める事はない。

「照らす為の光なら、(ここ)にあるから」


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ