挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
詩集 心の輝き 作者:透坂雨音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/5

03 星の塔



 心が輝きだす 深い闇を照らして 絶望を塗りつぶして……

 星の海の中で出会った 溢れる命の中から 見つけた君と
 歩くこの塔で ずっと忘れていた生きる意味 探し出そう

 たとえ絶望に この身蝕まれて 真空の空に消えてなくなっても
 命を燃やして星になる 誰かを照らす(ちから)になってみせる

 心が輝きだす 深い闇を照らして 絶望を塗りつぶして……

「後悔も、悲しみも、きっと深い深い、この空のような絶望も、全てを抱えて生きて行こう」

「だって、今の俺がいるのは、過去があったからなんだ」

 悲しみの海に溺れて 身動きができなくなって
 息の仕方を忘れてた 生き方を思い出せなくなっていた

「大丈夫だよ。星はずっと見てる、ここからずっと」

「思い出せたら、きっともう一度立ち上がれるよ。頑張れるよ」

 星の海の中で出会った 溢れる命の中から 見つけた君と
 歩くこの塔で ずっと遠ざけていた幸せを 探し出そう

 未来に進む事 明日へ歩く事
 不安にさいなまれるのは 孤独に苦しむのは
 全部 幸せを掴みたいから

 絶望を憎むのも支えにするのも 幸せじゃない今日から逃れる為 足掻く為

「やっと見つけた 僕の希望 僕の思い」

「優しさも、幸せも、希望も、弱さなんかじゃない。強さになるんだって、君が教えてくれたから」

 遠くないいつか きっと 星の塔は砕かれて
 流れ星とともに 再び地上へ落ちていくのだろう

 理不尽も 不公平も 苦難も そんな苦労が満ちる世界へと
 癒された心を抱えて 再び生きるために 忘れていた呼吸をするために

「大丈夫だよ。星はずっと見てる。ここからずっと」

「疲れたらまた空に星を見つけておいで、そして一緒に捜そう」

 深い絶望に嘆く心を 照らす星の輝きを 大切な思いのありかを


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ