挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
詩集 心の輝き 作者:透坂雨音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/5

02 シティ・ラビリンス



 忘れないで 心の中のきらめき 道の先包む暗闇の中
 今確かに あなたが願うもの

 当てもなくさまよってた街角 
 気づけば視線落として 足元見つめてた

 無機質な景色 心をのみこんでいくよう

 空には無数の星々 重なる地上の夜景
 私の星は この町のどこにあるのだろう

 いつかから続いた過去からの足跡
 ここへ全て 続いて

 思い描いてた道筋でなくても 確かに刻んだあなたの一部

 当てもなくさまよってた街角
 今ここで 私が願うもの

 地上の空に 私の星はどこにあるのだろう

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ