挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
詩集 心の輝き 作者:透坂雨音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/5

―箱庭に生きる少年―



 音を立てて、今壊れた。
 全ては実験だったのだと君が言った。

 そこはよくできた模型の世界だった。
 全ての物が偽物で、底で起きる全ては台本通りの予定調和だった。

「――貴方が感じる幸せ 貴方が得た経験 貴方が創り出した創造物」

 それらは全て他人によってそうなる様にと選ばされたに過ぎないと。

「じゃあ俺は何だ。空っぽなのか、何も無いのか?」

 偽物、偽物、偽物。
 僕がここで、こういうのも、息をしているのも偽物なのだと。
 そう突き付けられた。

「全ては完全なる物語を紡ぐために」

 命は部品だった。思い出は情報だった。
 幸せは絶望で、経験と創造物はただの虚無。

「今までの役割、お疲れ様」

 そう言って、君が部屋の電気を消す。
 世界から光が奪われる。

 やがて闇が訪れた。
 深い闇が。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ