挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
廃遊園地のウワサ 作者:菱沼あゆ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/13

アクアツアーの影

 



 由真と羽田が並んで歩いているので、飛鳥はなんとなく二人から遅れて歩いていた。

 ちょっと気になっていることがあったからだ。

 今、羽田が此処に居るのに、ジェットコースターから人が落ちてきた。

 落ちた人間と羽田は別人なのか?

 やはり、あそこでは幾つかの事故があって、それでいろいろな怪現象が起きていたのだろうか。

 でも、そんなにいろいろあったのなら、もっと早くに閉園になっていそうだが、とも思う。

 少なくとも、問題のジェットコースターは閉園まであった気がするし。

 霊現象も人に寄って見え方違うからなあ。

 同じものを見ても感じ方が違って、それで話が分かれてしまったのかも、と飛鳥が思っていたとき、水の匂いがしてきた。

「お、アクアツアーだ。
 此処もスタンプがあるんじゃないか?」
と羽田が言ってくる。

 なんかこの人が一番肝試し、楽しんでるなあ、と思う飛鳥の前で、羽田は、
「由真、此処の噂ってなんだったっけ?」
と訊いていた。

 由真は、草が生い茂っている向こうの水面を見ている。

 広い人工の池に、動かない水上の乗り物が幾つも点在していた。

「……水の中になにか居るって話じゃなかったですか?」

 そう由真は答える。

 そのとき、後ろで、カタン、カタン、カタン……となにかが音がした。

 遠くからのようだが、よく響く。

 何処かで聞いた音だ。

 遊園地でよく聞く音。

 振り返ったとき、既にその音は止んでいたが、飛鳥は、あれ? と思った。

 暗闇にそびえるジェットコースター。

 乗り物の位置がずいぶん下に降りているような……。

 羽田たちも音に気づいたのか、振り返っていた。

 月を背にしたジェットコースターを見ながら、
「誰かがふざけて動かしたんじゃないか?」
と羽田が言う。

「電気通ってるんですか? 此処」

「通ってないと思うけどねー」

「ですよね」

 誰も電気代払ってないだろうし、と思ったあとで、ん? と思い、飛鳥は横を見た。

 今の声は、羽田ではない。

 ひっ、と息を飲む。

 禿げて小柄なおじさんが真横に立っていたからだ。

 おじさんの足許には犬まで居るが、まったく気配を感じなかったし、犬も吠えなかった。

 飛鳥が口を開きかけた瞬間、そのセリフがなにかを察しているかのように、
「生きてるよ」
と苦笑いして、おじさんは言ってきた。

「いやー、よく霊と間違われるんだよね」

 肝試しの人たちに、と言う。

 おじさんは、ジェットコースターの向こうを指差し、
「あそこに明かりがあるでしょ。
 あれ、うちの家。

 壊れてる金網のところから入って、いつも犬の散歩してるんだよね。

 本当はいけないんだけど」
と言って笑っていた。

 犬……、とその犬を見下ろす。

 小型犬なのに、全然吠えないから、霊かと思ってた……。

 だが、飛鳥がその黒いつやつやの瞳を見つめると、可愛らしいトイプードルは、わん、と鳴いた。

 霊よりも、この中を平気で明かりも持たずに歩いてくるこの人が怖いな……、と飛鳥が思っていると、おじさんは後ろを振り返りながら言っていた。

「あのジェットコースター、ときどき勝手に動くんだよねー。
 だいたい、この間まで、あんな高い位置に居なかったし」
と不自然な位置で止まっているジェットコースターを指差し、言う。

「草は、ぼうぼうだし、蚊は大量発生してるし。
 どうにかして欲しいよねー」
とおじさんは、この廃墟に対しての現実的な不満を述べたあとで、草の向こうの水の中を覗き込むと、

「この中、なにか居るって言われてるけど、水草だと思うけどね。
 じゃあ、蚊に気をつけて。

 早く帰りなよー」
と言って、おじさんは去っていった。

 三人は立ち尽くしたまま、おじさんと静かな犬を見送る。

 よく見ると、おじさんの手には、犬のフンを入れるためのスコップとビニール袋があった。

 廃墟なのに、きちんとそういう配慮はしているようだ。

「……なんか、一気に現実に引き戻されたわ」

 羽田という霊が真横に居るのに、そういうことを言うのもおかしいかもしれないが。

 羽田は羽田で、いつも居るので、これはこれで自分たちにとっては、日常の風景だ。

「すごく幻想的な光景だったのに」
と飛鳥は廃墟となっている遊園地を見渡す。

 人が居なくなった場所というのは、何故、こんなにも美しいのだろうか。

 荒廃具合は容赦のない時の流れを感じさせ、なんだか人を切なくさせる。

 どんな風に生きていても、必ず訪れる死というものを予感させるからだろうか。

 ……まあ、死んだあとも陽気な人も居るんだけど、と羽田を見る。

 あれっ? とそのとき、気がついた。

「羽田さん、いつもより、はっきり見えますね」

 いつもぼんやりした白い影にしか見えない羽田が黒っぽいスーツを着ているのが見えたのだ。

「五年ぶりに本拠地に近づいたからかな」
と羽田は笑う。

 いや、ジェットコースターは通り過ぎましたけどね、と思いながら、黙って水面を見ている由真の視線を追った。

 さっきのおじさんが言っていたように、黒っぽい水草が見える。

 よどんだ水の中でゆらめく水草。

 塊になっているところもあって、水の中をたゆたう黒いその塊を見ていると、なにかが居るように錯覚してしまいそうだ。

「やっぱ、これかな?
 アクアツアーの怪物。

 幽霊の正体見たり、枯れ尾花って奴だろ」
とじゃあ、あんたも枯れ尾花だろ、と思う羽田がそう言い、笑う。

 そのとき、
「あっ、出会っちまったな。
 遅いぞ、お前ら」
と声がした。

 浴衣姿のまゆと、どう見てもヤンキーな神崎、という不思議な組み合わせのカップルが現れた。

「椎名。
 此処がネッシーが居るというアクアツアーだ!」
と幻想的な人工の湖を見ながら神崎がまゆに言う。

 いや……ネッシーがいるのは、ネス湖。

 此処はアクアツアーだから、アッシーか。

 裏野遊園地だから、ウッシーか。

 ……可愛すぎて怖くもなければ、神秘性もないな、と思っていると、神崎が、

「おい、椎名。
 スタンプを探せ」
とまゆに言っていた。

「ええっ? また、私っ?」
とまゆが文句を言っている。

「しょうがねえだろ。
 俺、スタンプの位置、知ってんだから」

 あ、そうだ、と思い出し、飛鳥は一応、この肝試しの責任者の一人である神崎に言った。

「此処、私たち以外の人も居るんだね」

「そうなのか?」

「今、犬の散歩のおじさんに会ったよ」
と二人が来た方を見ながら言うと、その視線を追った神崎が、

「おじさんなんて見てねえぞ」
と言い出す。

 ……まあ、このメンツだ。
 霊であっても気づかない可能性もあるな、と思ったとき、ぽちゃん……と水音がした。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ