挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
廃遊園地のウワサ 作者:菱沼あゆ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/13

五年前――

 




 飛鳥は暗闇の中のジェットコースターを見上げ、思い出していた。

 初めて、羽田と会った日のことを。

 閉園前から、この遊園地にはいろんな噂があった。

 このジェットコースターでもだ。

 此処で事故があったせいだというが、どんな事故だったのか、誰に聞いても違うことを言う。

 だから、本当はそんな事故なんてなかったのだと飛鳥は思っていた。

 だが、五年前、みんなで此処へ来たとき、まゆが言っていた。

「このジェットコースターから、昔、人が落下したことがあるらしいよ。
 身体を抑えるバーがきちんと下りてなくて。

 その人、今も死んだことに気づいてなくて、いつもジェットコースターに乗ってるんだって。

 ひとりで乗ってる人の横に――」

 これからそのジェットコースターに乗ろうというのに、なんて話をしやがりますか、まゆさん、と思いながら、飛鳥が係員の人が下ろしてくれたバーをガッチリつかんでいると、隣に座っていた由真が行こうとした係りの人を呼び止めた。

「すみません。
 やっぱり降ります」

 バーが上がると、飛鳥を乗り越えるようにして、ジェットコースターから降りた由真は、飛鳥を振り返り、
「おい。
 絶対、手を離すなよ」
と言ってきた。

「えっ?
 由真が降りるのなら、私も降りるっ」
と叫んだが、由真は、

「いや、危ないから降りるな」
と言って、ひとりが降りていってしまった。

 係員の若い男の人は、
「はいっ。
 では、もう一度、バー下ろしますね。
 しっかりつかんでてくださいねー」
と言い、さっさとバーを下ろしてしまう。

 こんなことで時間を取られるわけにはいかないからだろう。

 しかし、危ないからってなんだ。

 此処にひとりで乗ってる方が危ない気がするんだが。

 いろんな意味で……と思っている間に、ジェットコースターは動き出した。

 最初はスローだったのだが、まゆたちは、既に盛り上がり、なにも怖くない状態で楽しげな悲鳴を上げていた。

 由真は白く塗られた鉄の階段のところで、一度、こちらを振り返ったが、そのまま行ってしまった。

 飛鳥は、ひー、と固まったまま、バーをつかんでいた。

 そもそも、ジェットコースターが苦手なのだ。

 みんなの勢いにつられて、うっかり乗ってしまったが。

 小学校最後の夏休みだし。

 そうだ。
 目、目を閉じてみよう。

 と閉じてみると、風を切る感じや、急降下する場所で、身体がふわっと浮く感じが余計に伝わってきた。

 ひーっ、と思って目を開けた瞬間、横に人が居るのが見えた。

「……楽しいね」

 ぼそりと聞こえた男の声に、

 私は楽しくないーっ!
と飛鳥は絶叫していた。




「なあなあ。
 この下に居ると、なにかが降ってくるってウワサがあるんだぞ」
と五年前のことを思い出していた飛鳥に、ジェットコースターを見上げた羽田が少し楽しそうに言ってくる。

 はいはい、と相槌を打ちながら、飛鳥はかつてスタッフがチケットを確認していた建物のカウンターに近づく。

 そこにスタンプはあった。

 よし、さっさと押して去ろう、と思いながら、まだジェットコースターの怪談を語っている羽田をチラと見る。

 羽田が此処の怪現象について語るのは不思議な感じだった。

 何故なら、このジェットコースターの数あるウワサのひとつは、羽田に寄るものだったからだ。

 此処から落下した人の霊が、ひとりで乗っている人の横に座ってくる。

 でも、そのウワサは間違っている、と飛鳥は思っていた。

 ひとりで乗っている人の横に座った挙句に、ついて来るのだ。

 こんな感じにっ、と今も自分に憑いている羽田を見た。

 だが、ジェットコースターで出会った霊にとり憑かれた、というウワサは聞かないから、たまたま自分と羽田の相性が良くてついて来てしまったのだろう。

 しかし、此処に居ると、なにかが降ってくるって。

 それ、ご自分が降ってきてるんじゃないんですか? 羽田さん、と飛鳥が思っている間、由真はジェットコースターを見上げていた。

 そんな由真を見ながら、羽田が言う。

「あれが一番の怪談だよな」
と。

「なんで最後、あんなところで止まってるんだろうな」

 客はどうした? と由真と同じように上を見上げて、羽田は言った。

 ジェットコースターはこれから、一番の急勾配のところに差し掛かる、という頂点のところで止まっていた。

 飛鳥はそれを見上げ、
「……いや、客は下ろしてから、あそこまで走らせたんじゃないんですか?」
と言ってみたのだが、羽田は、

「なんのために?」
と言う。

「……点検?」

「もう閉園なのにか?」

 いやいや。
 貴方、もともとは此処についてた霊でしょう?

 何故、私に尋ねてきますか、と思いながら、頂点から少し落ちかけたところにある先頭車両を見ていて、おや? と思った。

 そこに白い人影が乗っているのが見えた気がしたからだ。

 霊が乗ってる? と目を細め、見ようとすると、由真が、
「そろそろ行かないと、次のカッ……
 次の組が来るぞ」
と言ってくる。

 由真は今来た道を見ていた。

 いや、何処から回ってもいいから、次の人たちが此処に来るかとは限らないんだけど。

 まあ、スタート地点の案内所から、此処が一番、近いのは確かだが。

 それにしても、今、カップルと言いかけ、やめたのは何故だ……と思う。

 向こうをカップルと呼ぶなら、自分たちもカップルになってしまうからか。

 不愉快なり、と飛鳥が、勝手に由真の思考を推察し、腹を立てていると、

「押したか? スタンプ」
と自分たちから距離を置いて、園内を見ている由真が言ってきた。

 うん、と飛鳥は今押したカードを見た。

 スタンプは女子に人気のキャラものだった。

 これ、妹さんのじゃないのか、島田、神崎。

 勝手に持ち出したんじゃないのか、怒られるぞ、と思っているうちに、由真も羽田も歩き出していた。

 おい、こら、そこの私の背後霊。

 何故、私の前を行く、と羽田を追いかけようとしたとき、後ろで悲鳴が聞こえた。

 振り返ると、ジェットコースターの一番上から、白く、やせた人が落下してくる。

 男のようだ、とよく見えないのにわかった。

 霊というのは不思議なもので、脳に勝手に情報が入ってきたりするのだ。

 ドーンッと地面に人が落ち、足許のアスファルトが揺れる感じがあった。

 だが、由真はまったく気にしておらず、羽田もチラと振り返っただけだった。

 今の霊の人。
 ずっと落ちてんのかな、此処が廃園になっても。

 いや、今日は我々が来たから、張り切って落ちてみたのかもしれないな、と思いながら、飛鳥は落ちた霊も既に居ない地面を見た。

 ジェットコースターの下、むき出しの地面には草がはびこり、しっとりと夜露に濡れていた。







+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ