挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 作者:明鏡シスイ

5章

89/480

第85話 ルナ救出作戦

 広い草原のほぼ真ん中に街道が通っている。
 左右約1km先に森が茂っているが、通常の方法でそこからの奇襲は不可能。

 魔術を使えば気付かれる。
 弓では届かない。
 攻城兵器では狙いが正確ではない。

 だからルナを乗せた馬車を警護する男達は、周囲を警戒しているが悠然と街道を進んでいた。

 ――ダンッ!

『!?』

 発砲音。
 金属製、鉄格子付きの馬車を引く角馬2頭が、1発の弾丸で即死する。
 角馬の頭部が横一列に並んだ刹那、1発の『7.62mm×51 NATO弾』が2頭の頭部を貫通したのだ。

 仮に足を狙い負傷させても、回復魔術で癒されてしまう。
 だから即死しか選択肢がなかったのだ。

 お陰で馬車を引いていた角馬が倒れ、脚が止まる。

「奇襲!? 馬鹿などこからだ!」
「弓!? いや、魔術か!?」
「ありえん! 魔力の気配なんて微塵もなかったぞ!?」
「変な音はあちらの方角から聞こえてきたぞ!」

「落ち着け! 早く角馬を繋ぎ直せ! 他の者は周囲を警戒、馬車を護衛しろ!」

 最初は動揺していた男達だったが、リーダー格らしき人物の一喝ですぐに行動に移る。
 男達は発砲音が聞こえてきた方角を警戒するが、そんな彼らを嘲笑うように弾丸はさらに飛翔する。

 ダンッ!
 ダンッ!

 馬車の扉をがっちり閉じている閂を支える閂鎹(かんぬきかすがい)と錠前ごと、弾丸が吹き飛ばす。

 男達はさらに驚愕する。

「ふ、巫山戯るな! どこから攻撃してんだよ! 魔術も使わず錠前を破壊するなんて!? は、は、反則だろうがぁッ!」

 1人の男が顔を真っ赤にして声を荒げる。
 何が反則だ。
 少女を誘拐して、どこぞへ連れて行こうとする外道が口にしていい言葉じゃない。

 角馬が射殺され、倒れたせいで馬車本体が傾く。
 鍵である閂も錠前ごと破壊されたため、扉が引き開いてしまう。

「な、何の音よ……って、扉の鍵が開いてるじゃない!」

 馬車の中から、数日前に見掛けた私服姿のルナが姿を現す。

 前と違うのは首に魔術防止首輪が締められ、手足には手錠。人種族に容姿を変えるペンダントは没収されたのか、ハイエルフ族の姿に戻っている。

 ルナの姿を確認すると、クリスが立ち上がる。

 約500m先の草原が剥がれ、人が姿を現したのだ。
 最初、男達はすぐには状況が飲み込めなかった。

 男達からしたら、突然、草原から少女が姿を現したに等しい。そんな異様な状況をすぐに飲み込める方がどうかしている。
 だが、これはチャンスだ。
 オレとスノーは、クリスが立ち上がったのを合図に肉体強化術で身体を補助! AK47を手に突撃する。

 クリスがM700Pを構え、さらに発砲!

「キャッ!」

 ルナの足に繋がっている鎖を真ん中から断ち切る。
 とんでもない精密射撃の腕前だ!

「ルナ! こっちへ走って来い!」

 オレは足の間に繋がっていた鎖を断ち切られ、走ることが出来るようになった彼女に声を張り上げる。

 ルナは弾かれたようにオレ達に向かって走り出す。

「逃がすかよ! ぎゃあぁぁ!?」

 我に返った男の1人がルナへ腕を伸ばすが、クリスはそれを許さない。
 彼女は男の肩を『7.62mm×51 NATO弾』で撃ち砕く。

 だが、これで5発目。
 弾倉が空になる。
 クリスは慣れた手つきで弾丸を込めるが、やはり時間はかかってしまう。

 その間に男達の腕がルナに伸びる。
 彼女も魔術師だが、魔術防止首輪で封じられている。そのため少女の身体能力で男達から逃げなければならない。

 さらに男達の中に魔術師も居て、ルナを捕らえるための魔術を詠唱。

「ッ!」

 クリスの装填はまだ終わらない。
 代わりに今度はオレ達が発砲する。
 距離にして約150m。

 AK47はアサルトライフルの中では、命中精度があまり良くない(100mの距離で射撃した場合、直径20センチの枠内にはだいたい収まると言われているが)。
 ルナに当てないよう気を付けつつ牽制射撃。
 クリスの弾倉を込めるまでの時間稼ぎぐらいはオレとスノーで十分出来る。

 牽制射撃で数人が倒れ、弾倉を詰め終えたクリスが一撃必中で次々倒していく。
 見たことも聞いたこともない銃の攻撃に、男達は浮き立ち、角馬は暴れ統制が完全に取れなくなる。
 こうなったら後はほぼ作業でしかない。

「ルナちゃん、確保したよ!」
「スノーはルナを連れて後方へ下がれ! オレが殿を務める! クリスは引き続き援護射撃!」

 スノーの声にオレは指示を出す。
 ルナは頬、髪、服など風呂に入っていないのか汚れていたが、怪我はないようだ。
 酷い目に合っていないことに安堵の溜息をつく。

 スノーはルナを抱き締め、来た道を戻る。
 オレは2人の撤退をサポートするため、牽制射撃を継続する――が、

「このォッ!」

 唯一残った動ける護衛の男性1人がAK47――銃器を知っているのかのように低く、ジクザグに移動し距離を縮めてくる。頭をすっぽりと隠す外套を着ているため外見までは判断出来ない。
 空になった弾倉を捨て、新たに付け替える。
 フル・オートで弾幕を張り寄せ付けないようにするが、魔力をふんだんに注いだ肉体強化術&抵抗陣により弾かれてしまう。

 男は両手にナイフを握っていたが、右手のを投擲。

「くぅッ!」

 オレは咄嗟に体を捻り回避するが、その挙動で一気に距離を縮められてしまう。左のナイフを振るわれるが、これもギリギリ避ける。だが、さすがに追撃の回し蹴りまでは避けきれず喰らってしまう。

 手からAK47がこぼれ落ち、オレは地面へと倒れる。

「リュートくん!」

 スノーの身を案じた一言で、男の動きが止まる。
 オレはわざと地面を転がり、相手から距離を取った。

「……リュート、AK47……もしかしてあの『リュート』なのかい? へぇ、生きてたんだ」
「!?」

 蹴られた箇所の痛みを驚きが凌駕する。
 オレは目が痛くなるほど目蓋を開く。

 先程の回し蹴りで被っていた頭の外套部分がめくれる。
 お陰で相手の顔を確認することが出来た。

 金髪から覗く猫耳。顔立ちはハンサムと言っていいだろう。

 約数年前、オレを罠に嵌めて奴隷として売り払った1人! 獣人種族、アルセド!

 今、目の前に過去のトラウマが立っている。


ここまで読んでくださってありがとうございます!
感想、誤字脱字、ご意見なんでも大歓迎です!
明日、2月9日、21時更新予定です。

私事にも関わらず、温かな応援感想を多数頂き本当にありがとうございます!
現在、中々大変な状況ですが、読んでくださる皆様のためにも頑張りたいと思います!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ