挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

珍獣記(ちんじゅうき)

作者:玄之智淳
 五月十六日

 合土間あいどまの駅の通りで珍獣を見付けた。
 旦那旦那、如何いかがでしょう、ぐんとお安くしておきます。目敏く露店の親爺が此方こっちを目がけて声を張る。
 安いはいいがこれは何だね。へえ、珍獣でしょう、近来随一の掘り出し物でさ。珍獣は良いが何だね是は。へえ何とも判りませんでしょう、その判らん所が珍獣たる所以ゆえんでさ。
 成程なるほど珍獣は珍獣だ、何処に目があるとも足があるとも判らぬが、確かにゆるゆると動き回って居る。膨らした麺麭パン生地のあぶくを孕んだのに似て居るが、泡ならこう奔放に彼方此方あっちこっちと伸び出はすまい。出鱈目な中にも此方に寄り付くようだから散歩杖ステッキの柄で突つこうとすると、親爺が袖を引き留めて、おっと其奴ァいけませんや、旦那。
 奇妙な物だが稍々(やや)面白い。こんな物でも家に居れば娘の気晴らしにはるかも知れない。……安いと云ったが幾らする。へえ、見ての通りの珍獣で御座んすから、金で十ばかり頂きましょうか。
 金で十とは如何いかにも高い。親爺は此方のしかめ面を見て、それじゃこの位に致しましょうと云って指を八本立てる。案外容易く値引いたものだが其れでも八金は高過ぎる。もう少しまからんかねと此方も指を六本立てると、へえ、それでは七金半で。七金にしないか。いやはや旦那、商売が御上手で。それでは七金でお譲り致しましょう。
 親爺は愛想笑いして、珍獣を掴み上げて鳥籠のような中に容れる。骨張った親爺の手の中からぐにゃりと曲って零れ落ちようとするから、おいおい大丈夫かね。へえ大丈夫でさ、此れだけ目の細かい籠なら逃げやしません。少々重とう御座んすが。いや重ければ人を頼むさ。そう云いながら七金数えて親爺が突き出す掌に載せると、お有難う御座います、どうぞ大事にしてやっておくんなさいまし。云って頭を下げる親爺の前から、籠を抱えて道に出た。

 珍獣の籠を抱えてうちの玄関を潜る。
 お父様お帰りなさいまし。満津子みつこが上がりはなへぱたぱたと出て来て、籠の珍獣を見て目を丸くする。まあお父様、其れは一体全体何ですか。珍獣は籠の中で上へ下へともそもそ動く。
 面白いだろう、道々買った珍獣だ。まあと云ったきり満津子は矢張り声もない。
 どれ此んな籠の中では狭苦しかろう。出してやるか。そう云ったが、気が付くと親爺から何一つ聞いて居らぬ。餌も飼い方も判らなければ、んな危険があるかも判らぬ。いや親爺が手掴みにして居たのだから危険では無いかも知らぬが、あれとて手なづけた上での仕業かも知らぬ。ウウム弱ったとくびを捻った。
 判りました、お父様。不意に満津子がきっぱりと云う。あと少し経てばお夕飯になります、是は私がお預かりして面倒を見てみますわ。しかし大丈夫かね。ええ何とかなりましょう。
 此うして珍獣は籠のまま満津子の手に渡る。書斎に入って原稿用紙に向かう内に、段々に陽が傾いて、お夕飯ですと満津子が声を掛けた。……茶の間に行ってお膳に着く。
 満津子は黙って飯をよそったり台所からお菜を取って来たりして居る。其の内、小皿に何か焼魚の切の様な物を載せてきたと思ったら、其奴を床の上に置く。さあお出でと云う。見ればお膳の向こうに先程の珍獣の籠がある、満津子は其の上蓋を開けて居る。麺麭生地に似た珍獣がむくりと膨れて床に半分伸び出る。
 ちょっと待つがいい、其奴にも食べ物を遣るのかね。ええそうですわ、当たり前で御座いましょう。しかし其奴はものを食べるのかね。ええ食べましょう、いくら珍獣たって、生き物ですから食べなければ身が保ちませんわ。
 成程、う云われれば確かに然うであるような気がする。だが人間の食い物を遣る事もあるまい。犬猫と同じで残飯にして置けば良かろうに。いいえ、犬でも猫でも、矢っ張り食事が良くなくっちゃあ大きく育ちませんわ。増して此んな珍しい生き物ですもの、よっぽど大事に致しませんと。
 フムと思ったが珍獣は大人しく畳の上の皿に覆い被さって居る。相変わらず口が何処に在るとも判らぬが、食物はちゃんと摂取して居るらしい。満津子がほぐした焼魚の身が、吸い寄せられるように順々に消える。……此方こちらももう何も云わずに飯を食う事にする。
 夕飯後、藤山君が今号の原稿を取りに来たからかいて渡した。


 五月二十二日

 書斎の窓から表を眺めると、洗濯物が竿に懸かって、庭一面に翻って居る。其の下の地面つちに目を遣ると、満津子が洗濯桶に手桶で水を張って居る。
 思わず窓をがらがら開けて、おいだ洗濯をするのかね。いいえ、水浴びをさせますのと答えて満津子はた手桶の水を零す。水浴び。はい、是に。と満津子は竹作りの巨きな籠を持ち上げる。籠の中には珍獣が居る。
 其奴に水浴びが必要だろうか。よっぽど饂飩粉うどんこの捏ねたのに似ているから、水浴びなんぞしたら溶けやせんか知らん。まあ何をおっしゃいますのお父様、生き物が水を浴びたくらいで溶けますものか。そら、御覧なさい、泳ぎますから。満津子は籠を開けて珍獣を洗濯桶に放す。
 珍獣はぬるりと水に這入はいる。まるとも楕円とも付かぬ体が、自身の重みでぐうんと伸びたと思えば、うねうねと曲る、尾を引く、まるでひれの長い金魚の風情である。
 そうら、泳ぎましたでしょう。嬉しそうに満津子が云う。成程泳いで居る。狭い洗濯桶の中を、ぐるりぐるりといっぱいに渦を描いて泳ぎ回って居る。其うして目鼻も足も無くて只管ひたすらつるつると円かった物が、何時いつの間にやら紡錘形に尖って、胸鰭むなびれ腹鰭はらびれ背鰭せびれ尾鰭おびれ、合わせて六つの長い鰭を引いて居る。鰭は鱶鮫ふかざめの様に長く尖がって、芯は硬いが先は柔らかい。愈々(いよいよ)珍種の金魚だが、相変わらず目も鱗も無いから、生きた魚と云うよりは魚の模型の様である。そう云えば、麺麭生地の様なぬるりと生々しい色も、段々銀色に光ってきた様である。
 ははあ、此奴こいつは魚かね。魚かもしれませんわねえ、泳ぎが上手う御座いますから。其れにしては如何どうも足が有るようだが。其れじゃあ亀で御座いましょう。満津子は笑って珍獣を見る。
 成程亀か、と思って見れば、確かに甲羅が出来て来た様に見える。足も四本生えた様に見える。体が段々濃緑に成ってきた様にも見える。と見る間に珍獣は泳ぎをめて、其の四つ足で桶のふちへ這い上がろうとする。是はまことに亀の仕種しぐさだ。
 あらあら体に泥が付く。其れとも甲羅干しがしたいかい。云って満津子が襤褸ぼろで珍獣を包み、雫を払って縁側へ持って行く。
 ああ、今日はほんとに好いお日和だことねえ。満津子が長閑のどかな声を出すのを聞きながら、窓から離れて元通り執筆に掛かった。


 五月二十九日

 書斎へ入るドアの向こうで、最前からほうきの音がして居る。書斎へ続く長廊下を、満津子が掃除して居る音である。
 うちは親子二人の住処にしては分不相応な程の広さである。満津子は昨日は茶の間を掃き、今日は廊下を磨くと云った具合に、日を別けて順繰りに掃除する事に決めて居る。裏を返せば満津子一人では到底家事の手が足りぬと云う事である。部屋は幾らも余って居るのだから、下女の一人も置けば良かろうと度々(たびたび)云うが、満津子はまって、いいえお父様、私一人で充分ですわと云う。其れに続けて、お父様の御用は私でなくっちゃ判りませんでしょう、と笑い含みに云うのが習いとなって居る。
 満津子の言い分も判らぬでは無い。数年前に家内が歿なくなった後、少し暮らしをつましくしようと、やとっていた下女にも暇を遣ってしまった。以来家の中は満津子が万端面倒を見て居る。もとより一人娘である、家事手伝いを傭わぬならば、満津子が何でもするより他に手段てだても無い。満津子は特に不満も云わず、毎日一人で仕事をこなして居る。
 満津子でなければ済まぬ用事も確かにある。是でも昔は人に教えなどして居たものだから、牧先生、伯光はっこう先生と、未だに卒業生の幾人いくたりかは家を慕って始終出入りして居る。すると折角せっかく来たのだから、一寸ちょっと飯でも食って行かんかと云う事に為る。此うして我が家に集まった連中を、一人一人見覚えて、もてなして居たのが生前の家内であった。其うして彼等の膳に一つずつ好物を添えて遣ったり、欲しいだけ飯のお代わりをして遣ったりするものだから、若い連中に大層慕われて居た。
 満津子は其んな気の遣い方を、母親の傍に居て覚えたものかと思う。彼等の一人でも家に来ると、茶菓子でも飯でも、まるで家内とそっくりのもてなし方をする。御蔭おかげで家は家内が存命の時と然程さほど変わらぬ盛況振りである。傭人やといにんでは到底此の様な気遣いは出来ぬ。家内なり娘なりが家に居てこその事であろう。
 だが其の半面、彼等が家に来るのは半分位は満津子の所為せいでは無かろうかと思う。満津子も疾うに二十歳を越している、昔で云えば立派な年増である。しかし我が家に集まる若者連に引き比べれば、丁度釣り合いの取れる年齢としと云って云われぬ事も無い。恐らく彼等の独身である者の内には、密かに満津子を心当てにしている者が居よう。いや是は別段べつだん学生仲間には限らない、仕事で良く家に来る編集部員の藤山君なども、どうも時折其んな素振りがある様だ。
 是は満更まんざら此方の気の所為ばかりとも思われぬ。彼等は時折満津子の事を口にのぼせる事がある。あんな気の利く御嬢さんが先生の身辺を看ていて御羨ましいと云った者がある。専門学校まで出した才媛を、勤めもさせず大学にも行かせぬのは勿体無いと云った者もある。此のまま家に置いてはいずれき遅れに為ると、無論はっきりとは云わぬがほのめかした者もある。良く考えれば此の三者は、いずれも満津子に気があると無意識の内に明かして居る様だ。
 しかし判らぬのは肝心の満津子の意思である。満津子は自分の年が長けて居る所為で、正面から縁談を持ち込む者がほとんど無い事はよくよく承知して居る。其の一方で、家に寄る若手の連中の目当てがおのれにある事も、密かに承知して居るのでは無いかと思う。満津子とて彼等と度々顔は合わすのだから、彼等の内にかねて想いを懸ける相手が居たならば、少しは素振りにも表れよう。しかし満津子は何も云わぬ、其の様な素振りも全く見当たらぬ。満津子の意向は推し測りようも無い。
 もっとも其れは此方こちらにも非が有るので、親子二人で居る時も、はっきりと満津子の意中を訊いた事は無い。其れは確かに本人に訊けば早かろう、しかし満津子は話題が其の辺りに及びそうになると、極まって話を逸らそうとする。其うして、私は此うして此の家に居られれば良いのですと云う。お父様の御世話をして、家の事をして、此の家で暮らす事さえ出来れば其れで充分なのです、と云う。……其んな時の満津子は大抵、不可解なまでかたくなな顔をして居る。
 背後うしろの方でこそりと云う音がした。
 はて鼠でも出たか知らんと思う。書斎に鼠が出るのは困る。先に書斎に鼠が這入って、大事な書物や原稿をかじった物だから、後になるまで大いに難渋した事がある。其んな事件があった後、満津子が鼠捕りを仕掛けると云っていた様な気がするが、其れで鼠が捕れぬのなら、今度は猫でも飼わねばならぬのではあるまいか。
 其う考えて居ると再たこそりと音がした。はっと思う間にガサガサと物の激しく崩れる音がして、キイッと鋭く何かが鳴いた。仰天して後ろの方を振り返った。
 猫が居た。
 書斎の壁際、本棚に入り切らずに積み重なった本の山の、一角が崩れた所に猫が乗って居た。……いや家に猫は居らぬ筈である。居れば固より鼠の害には悩まぬ。何処ぞから闖入ちんにゅうした野良猫では無いかと思ったが、何うも違う様に思われる。野良にしては毛艶けづやが良く、また随分と肥って見える。第一鼠ならば兎も角、猫の入るような隙間は其方そっちの方面には無い筈である。
 猫は頭を低く伏せて居る。見れば口に鼠をくわえて居る。只今の騒動は、如何やら此の猫が此の鼠を捕まえた所為であるらしい。
 猫は足元に押え付けていた鼠を咥え上げて此方を見た。毛並は白いが、其の眼はまるで生々しい血潮の様なあかである。赤眼の猫など未だかつて見た事が無い。是は面妖なと思った途端、猫の紅い目が若緑に変った。
 ……是は猫などでは有り得ない。珍獣が、場所だのる者の心だのに応じて自在に形を変える事は、先日来此の目で確かに見知って居る。矢っ張り此の猫は珍獣の変った物に相違ない。
 猫に化けた珍獣は、鼠を咥えたまま此方へ向かってとことこ歩き出す。近付くに連れて、一面真っ白な毛並の背筋に大きな虎縞のぶちが浮き出る。子供の時分、家の近所に居た野良猫に此んな風のが居た気がする。やがて座蒲団のもとまで来ると、咥えて居た鼠をぽとりと落とした。鼠はあたかも虫の息と云った風情で、只管ひたすらひげを細かく震わせて居る。
 珍獣が此方を見上げて、ニャアと鳴いた。
 珍獣の声を聞いたのは是が真に初めてである。驚いて赤虎斑あかとらまだらの背を見ると、猫は、いな珍獣は、も一度ニャアと鳴いて膝に頭を擦り付けて来る。其の鳴声なきごえも、仕種も、肌触りも、完璧に猫である。珍獣では無い、猫としか思えぬ。
 廊下の方からぱたぱたと、満津子のせわしい足音が近付いて来た。
 お父様お父様、珍獣が何処へ行ったか御存知ですか。満津子は扉を開けるなり、狼狽した声で其う呼ばわる。
 お掃除の最中に逃げたのです。不図ふと寝間の方を見ました時に、珍獣の籠が目に入って。随分大きくなりましたから、此んな籠では狭苦しかろう、其う思いまして籠の口を開けた途端……鳥の姿に成って、ぱたぱたと。
 満津子は余っ程愕いて彼方此方あちこち探し回ったらしい、泣きそうな顔になって居る。箒の音が途絶えて、鼠の騒ぐ音が聞こえたのは其んな訳合いであったかと思いながら、何ァに其んなら心配は要らないよ、珍獣ならば此処に居る。ほれ此の通り猫の形に成って居る。然う云いながら膝に擦り寄る珍獣の両脇を持って抱え上げると、まああと云いながら満津子は受け取り、おおお前、断りもなしに何処へ飛んで行ったかと思えば、此んな姿に成ったりして。
 其うして足元で身を震わして居る鼠を目に留めて、おや、是はお前が捕ったのかい。良くやったねえ、いい子だねえ。所が其う云って居る間に、鼠はついに金縛りが解けて、一目散に部屋の隅へと逃げてしまう。あれまあ、鼠を押えるなら、ちゃんと最期まで押えなければ駄目じゃあないかと満津子が云うと、珍獣の猫は素知らぬ振りで、満津子の肩にもたれて喉をごろごろ鳴らした。
 僅かに目元を潤ました満津子は、それじゃお父様、御仕事の最中に御騒がせしてどうも済みませんでしたと、珍獣をしっかりと胸に抱いて書斎を出て行く。間も無く部屋の外から鳥の羽撃はばたきが聞こえた。


 六月十三日

 三時に藤山君が原稿を取りに来る約束になって居る。
 先月は少し締切りを遅らしたから、今月分は如何どうにかして間に合う様に書いて遣ろうと思って居る。しかし作物は創造性オリジナリチーの産物であるから、ままならぬのが常である。今日も朝から書斎にこもって奮闘して居るが、中々(なかなか)思う様にははかどらぬ。
 此んな時は邪魔が入らぬのだけが救いである。仕事が急場に掛った時は、失礼ながら忙中に付き急の来客の他は一切御断り申し上げそろと札に書いて玄関に下げて置く事にして居る。御蔭で余っ程の事態で無ければ、用事に煩わされずに執筆が出来る。……満津子は先程、御買い物に行って参りますと云い置いて出掛けた。其の為家の中はしんとして居る。
 表は少し前に雨が上がって薄日が射して居る。軒の雨垂れを眺めて居ると、半分開いた窓辺に鳥がさっと飛んで来て止まった。かしらは黒く羽は薄青、青い尾羽は尾長おながに似て居るが、烏程の大きさで、是程人間の傍だと云うのに全く怖じる様子が無い。珍獣か、と思った途端に鳥は赤虎の背の猫の姿に変って、書斎の床にとんと降りた。其うして仕事に使って居る座卓のぐ向こうへ来て、猫其の物の仕種でくるりと丸くなった。
 珍獣は此の頃ではもう自由に歩き回って居る。時折元の不定形に戻って籠に収まって居るけれども、其れよりも猫だの鳥だの魚だの亀だのの姿に為って、其の辺りをうろついて居る時の方が多い。行いも殆ど化けた動物と同じで、別段害は為さぬが役に立つ事もせぬ。だから此方も何時しか慣れて、好きに振舞わせて遣っている。
 餌は相変わらず家で貰って居る。満津子が懸命に智恵を絞って、たんと美味い物を遣るものだから、家へ来た当時より少しばかり大きくなった様である。尤も不定形以外の姿に為ると、大きさも幾分変わる様だから、精確な所は良く判らない。
 其れと共に姿も大分安定して来た様である。今し方鳥だの亀だのと思った時に、少しばかり背筋の毛が逆立って、灰色だの緑だのに為り掛けたが、其れだけである。形は相変わらず猫の儘である。其う思った途端、珍獣はつと頭を上げて欠伸あくびして、直ぐまた元の通りに丸くなった。
 此方こっちは珍獣の如く暢気のんきにして居る訳には行かぬ。藤山君のやって来る時刻は刻一刻と近づいて居る。小説の構想は無論大方出来上がって居るのだが、だ少し問題が残っていて、書いても一向に上手く進まぬのである。
 此の小説の主人公は一組の若い男女である。彼等は間もなく結婚する事に為って居る。しかし女は他に惹かれる男があって、何とはなしに許婚いいなずけとの間に隔たりを持って居る。許婚は悪い男では無いが、少し純朴で正直過ぎて、女の心を測りかねて居る。其れが益々(ますます)女の心を違う男に近付けて居る。
 問題は女が惹かれて居る男である。悪人にするのは簡単だが、其れでは少々物語として単純になり過ぎる様に思われる。矢っ張り主役の男女と同じ様に、善人でも無く悪人でも無い、極々(ごくごく)当り前の人間であって、儘ならぬ世に翻弄されて居ると云った風で無くてはならぬ。但し女が惚れる位であるから、其れなりに優秀で、また見目形みめかたちも十人並み以上であろう。……海軍士官などは如何だろう。年の頃から云えば恐らく新任の少尉と云った所であろう。
 此の青年士官が居るばかりに、主となる男女の周りには波乱が起る。結末は如何にか落ち着いた方面に持って行く心算つもりで居るが、其れ以前に山や谷が無くてはならぬ。勿論もちろん其の山や谷には此の青年将校も荷担して居る。此の人物は物語の内で、んな役割を演じるのであろう。何う物を云い、何う振舞い、物語に何んな影響を与えるのであろう。
 もとより女の親類みうちか何かで、幼い頃より或いはと、将来を取り沙汰されて居た様な人物かも知れぬ。其れで女に許婚が出来て、間も無く婚礼に至るのを、他所ながら云うに云われぬ想いで以って見つめて居るのかも知れぬ。旧知の女が嫁に行くのであるから挨拶位には来るかも知れぬ、すると女と顔を合わせる事に為る。其処で踏ん切りが付くか付かぬか、是は作家の思案の為所しどころである。或いは愈々女が嫁すると知って、何らかの行動を起すかも知れぬ。女の親または自分の親に訴えて結婚をす様働き掛けるかも知れぬ。或いは女に直接逢って、駆落ちをするに至るかも知らぬ。……しかしはたして此の男は、其処まで女に惚れて居るのであろうか。
 ……折角必死で其う考えて居た所だのに、にわかに目線の先で珍獣が飛び起きた物だから、思わず其方に意識を奪われた。
 珍獣は何を思ったか、上半身をがばと起こして、若緑の目玉を零れ落ちそうな程大きくみはって居る。総身の毛が皆ばさばさと逆立って、俄かに風邪でも引いたかの様にぶるぶる細かく震えて居る。……否、違う。其ればかりでは無い。猫の形の其の輪郭が、釜で焼かれた麺麭生地の、或いは火鉢の上の餅の膨らむ様に、見る見る内に滑らかに膨らんで、猫の面が平たくなる、鼻筋が通る、毛が薄くなる、代って頭が黒くなる、一杯に瞠った若緑の目玉は何時しか白目と黒目にくっきり分かれて居る。首と背筋は真っ直ぐに為って、床に突いた四肢は最早猫の物とは思えぬたくましさ。其うして体は白に赤虎の猫の毛並だった物が、何時の間に……是は海軍の軍服では無いか。
 最早珍獣は……否、是は本当に珍獣なのであろうか? ……私の目前にうずくまって居るのは二十歳ばかりの青年である。若々しく引き締まった体をぴんと折目の付いた海軍士官の制服に包み、其の顔貌かおかたちは眉根太く凛々(りり)しく、私が何とはなしに思い描いて居た物語の中の青年士官の面差しに何処か似て居る。そう云えば藤山君にも少々似て居る様な気もする。……未だ少しこころここに在らずと云った風情で顔を蒼白にして居る青年の唇が開いた。
 ああ愕いた。人の観る目で姿もさがも変わるとは、何と云う厄介な世界だ。
 御前おまえは、……いや、貴方は。腰を抜かしそうになりながら呟いた私を青年は振り返り、居住まいを正して一礼する。
 此んな所をお見せして、定めし混乱なされた事だろうが、何はともあれ、今日までお養い下さった事には御礼を申し上げる。……私は確かに先生方が珍獣と呼ばれて居た者です。只今先生が此の青年の事を強くおもって下さった御蔭で、やっと人の姿まで戻る事が出来た。自我も大方取り戻す事が出来た。
 其れでは、……其れでは、貴方は人なのか。青年は微かに面を伏せた。私は世と世、時と時、空間と空間の狭間を始終行き来する任務しごとに就いて居ります。先日も或る世界から別の世界へ跳躍した、其の途中に経由した地点の一つが此の世の此の時であった。ところが、何うやら此の世界を経由した際に、ほんの僅かに引っ掛かる物があったらしい。その所為で、私の欠片かけらが此の世に取り残されて了ったのです。
 世と世の間を渡り歩くには、航海と同じく正確な予測と判断が欠かせぬ。或いは此んな事故も稀には起るかも知れぬと云う予測は有りました。しかし何しろ此のたびは、非常イレギュラーの事態でありましたから、何の対策てだても打てぬ内に、本性も、私の本体との繋がりも殆ど断たれて了った。私の性質が観る者の思いに影響される様に為ったのも、恐らくは其の所為でありましょう。私は殆ど本性を失って此の世に落とされて了ったのですから。……其れで正体も判らぬ儘、此の世の人の手から手へ、随分と彼方此方あちこち経巡へめぐった様だが、ついに先生に貰われた御蔭で、此うして如何にか自己を取り戻すことが出来た。其れに就いては真に御礼の申し上げ様も無い、と青年は丁寧に頭を下げる。
 ああいや、御話は大体判った。いや本当は判らぬ事ばかりだが、取り合えず判ったと云う事にして置きましょう。私は青年の話を遮った。しかし此の世と別の世を行き来するだの、其れでは貴方はまるで……。青年は軽く微笑んだ。いえ、先生が御考えの程難しい事では無い。後もう少し人が進歩すれば、誰でも出来る様になる事です。
 其れで……、と青年は此の時、僅かに躊躇ためらった。……其れで、何の御恩返しもせぬ内から此んな事を申し上げるのははなはだ心苦しいが、此うして曲りなりにも自己を取り戻した以上、私は一刻も早く本来の私に還りたいと思って居る。実の所私は未だ不安定です。今は如何にか此の人の姿を保てて居るが、或いは再た何かの強い想念を受けて、他の姿に変ってしまわぬとも限らない。私を御買い上げになった先生、どうか私を自由の身にしては下さいませぬか。何時か再び此の世に来た時、其の時には必ず報恩申し上げる。
 此の申し出を聞いて、私は少しく考え込んだ。……青年の話は正直に云って私の理解の範疇はんちゅうを超えて居る。しかし此の目前の青年が、家に居た珍獣の化身である事は確かに紛れも無い。あの珍獣が存在するなら、青年の話の様な事があっても何ら可笑しく無かろうと思われて来る。……青年の目は真剣である。到底嘘をいたり騙したりと云った魂胆が有る風には見えぬ。
 ……良いでしょう、貴方を自由の身に致しましょう。私は遂にそう云った。是までは貴方の意思を考慮しようも無かったから此方の好きに扱って居たが、貴方がそうやってはっきり意思を示されるのであれば、私に其れを止めるつもりは無い。其れに今までは珍獣だったから飼って居た積りだったが、人間となれば飼う訳に行かんでしょう。然う云って私が笑うと、青年もほっと安心した様に笑いを零した。
 其れでは、如何にもあわただしくて申し訳ないが、直ちに失礼致したく思います。事情も真偽も判じ難き事であるのに、是程あっさりと私の解放を御承諾下さるとは、まことに先生の御厚情の程は計り難い。此の御礼はいずれ必ず、とまた深く頭を下げて云い掛けるのがくすぐったくて、其れは良いから早く行くがいい、で無いとまた大変な事に為るかも知れないじゃあ無いか、と私が笑いながら云った時だった。
 康彦さん、と満津子の悲鳴に似た声がした。書斎と居間の間の敷居に買い物籠を放り出して、満津子がかおを蒼白にして立ち尽くして居た、と見るなり満津子は疾風の如く書斎に駆込んで咄嗟とっさに振り向く男の首にひしと取り付き、康彦さん康彦さん私です、桜の下の女学校の、牧の家の満津子で御座います。
 いいえ御人違いです、私はと青年が云い掛けるのへかぶせて、いいえ貴方は康彦さん、覚えていらっしゃらないとは何と恨めしい。桜の下であんなにも、目交めまぜし文も取り交わしたと云うのに、今更御忘れになったとは言わせない。……満津子ははや泣きわめいて居る。全く狂乱の体である。
 満津子にしがみ付かれた青年の顔が目に入った時――青年の容貌はまた少し変って居た。其れを見た途端、私の心の奥にあった記憶がはっと一時いちどきに蘇った。あれは満津子が高等女学校の時分、女学校の構内は多くの桜が植わって居た。其うして其の桜並木の筋は、私の常の散歩道であった。折々暇の出来た時、此処で満津子は学んで居るのかと思いながら桜の舞い散る中を歩んだ、其処に何う云う訳か度々出会う青年の姿があった。高等学校の制服を正しく着て、若い顔立ちに物思わし気な表情をして桜の下から校舎の方を見詰めていたあの青年は……珍獣が変った青年は、今、彼に良く似た顔立ちになって居た。
 いいえ、私は貴女が想っている方とは違う。青年の声で我に返った。青年は立って満津子を振りほどき、玄関の上がり端から三和土たたきの方へ出ようとして居る。しかし満津子は追いすがり、何故其の様な嘘を仰るのです、康彦さん、何処へ行かれる、私をお見捨てに為るのですか。私には還らねばならぬ所がある。其処へ貴女をお連れする訳には行かぬのです。青年は云い放つなり、はっと満津子を振り捨てて玄関の外へと走り出る。
 お供します。あの時のお約束、私はずうっとあの場所でお待ちして居たのです。崩れ落ちた満津子は血を吐く様に叫んで、たちまち青年の後を追って、玄関の外へ駆け出した。
 ……ただ呆然として居た私は、やがて鈍々(のろのろ)と立ち上がり、玄関先に立って家の周りと門の先の往来を眺めわたした。……満津子の姿も青年の姿も、最早何処にも見当ら無かった。


 六月三十日

 あれり満津子は未だ家に帰らぬ。家に出入りの若い連中、殊に藤山君などは、八方手を尽くして捜索して居る様だが、当然ながら影一つ見つからぬと云う話である。彼等は周章狼狽して満津子を捜し求め、其の一方で私の落ち着き振りに就いて、何やら云い合いして居る様だが、私は一向気にして居らぬ。若しも彼女に縁が有れば……無ければと云うきかも知らぬが、その内帰って来る事だろう。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ