挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その鎌で何刈る気 作者:織田 涼一
22/106

022:下拵え

皆様のご意見ご感想をお待ちしております。
ブックマークは励みになります。
また、各種評価を頂けると嬉しいです。

今回も短いです、ストックできるといいな。
 応接に通されるとラザーさんと2人の男性がいた。
「ギルドマスターのフォルテッシモだ。君は昨日冒険者登録をしたリュージだな」と言われたのでハイと返事をする。「ここ数年指名依頼はなかったんだが、まさかFランクの君がねぇ」と納得いってない様子だった、そして座るように促される。
「昨日王子より直接の依頼をするように言われたのが私だ、まずはこれを見て欲しい」
そういうとラザーさんがギルマスを見て依頼書を出してくる。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

指名依頼書
Fランク冒険者:リュージ
依頼内容
仮称:【緋き芋】を10日の間に1本当たり銀貨5枚以上で10本売ること。
【緋き芋】は生の状態で売る事及び譲渡することを禁ずる。

報酬
銀貨50枚は依頼を受けた時点で達成の有無を問わず支給。
追加報酬あり(要相談)。
依頼主:アルファール王国

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「依頼者は王国となっているが実質の依頼は私が担当する」そして、10日間付き合う訳にもいかないのでと言うと、もう一人の男性が立ち上がり「王国の調理場を担当しています副料理長のコロニッドと申します。手配が必要なものは私にお任せください」と挨拶する。

「受けないって選択はないと思うがどうする?」と尋ねるギルマスに「勿論やります」と告げるとラザーさんとコロニッドさんに握手する。明日から10日ということで依頼を受けた。
この部屋は使っていいぞと言いラザーさんとギルマスが退出した。

「まだ若いのに王国指名依頼なんて凄いですねと言ってきた」
「コロニッドさんこそ副料理長って凄くないですか?」というと満更でもなさそうだった。
手配したいものありますか?の言葉に10日間の売る場所と簡易テーブル・イスを2脚・黒板みたいなものが欲しいと話す。黒板があるか聞くと自立式の黒板・チョーク・黒板消しがこの世界にも存在するとのこと。今日中に準備しますと言っていた。
じゃあ何件か周りますかと言うと案内してくれるそうだ。

 まず、商業ギルドに行くと販売場所の選定に入る。
王国の依頼ということでやり手の職員が案内してくれた。

 最初はギルド近くの商店街の一角に行く。
食料品が並べてある店が多く食堂や雑貨屋等があり、たまーに閉まった店もある。
次に職人が集まる少し大型の家具・雑貨屋や専門店などの店を案内された。
軽めの机とイス2脚がありディスプレイ用で黒板も置いてあったのでセット価格でまるごとお願いをする。必要経費扱いでこの依頼が完了したら貰えるようだった。
後で指定場所に届けてくれるらしい。

 その後もメイン通りで出店として何件か出ている飲み物屋・串焼き屋の近くはどうかと聞かれたけど、どれもピンとはこなかった。
場所の手配はコロニッドから商業ギルド職員へ連絡すれば大丈夫らしく、商業ギルド職員とは一旦別れて冒険者ギルドに戻る。
コロニッドと応接室に戻ると何かインパクトが欲しいなと思い相談してみる。
ふと、ある依頼を思い出した。

 応接から出るとコロニッドさんにパン屋の依頼を見てもらう。
「ここから始めるのも面白いかもしれません」と言うと依頼カウンターに申請を出した。

 クロウベーカリーは悪くない立地にあった。
労働者がお昼に来られる場所にあり、住宅地からも遠くない場所にあった。
何が悪いか・・・それは近くに大型の新しいパン屋が出店したせいだったようだ。

「こんにちはー、ギルドの依頼を見てきました」というと暇そうにしている店主が出てきた。
「ああ、いらっしゃい」と言う顔は暗い、でも店内のパンの香りはとても良かった。
「すいません、報酬はいらないので10日間軒先を貸して貰えますか?」と聞くと不思議そうな顔をしていた。
コロニッドさんが詳細を話し納得したようで、後で商業ギルドを通して正式に話に来ますと告げる。
「明日から宜しくお願いします」と言うと握手をした。
バケットと丸パンを買って店を出るとコロニッドさんには明日朝食後にここで会いましょうと話す。
念の為、宿泊先を伝えると報酬の銀貨50枚を先払いで貰えた。

 宿屋に戻り食事を終えるとグリモア発現:【野菜百選】で本を出してみる。
生で食べられないから仕方ないんだけどサツマイモの食べ方かぁ・・・。
色々見てみたけど一番美味しいのは焼き芋だよなと思う。
ちなみに候補としては大学イモ・スィートポテト・ポテサラ・肉との煮物等があった。
かりんとうや芋けんぴなどもあったけど変化球すぎると思う。
わざわざ副料理長が来るくらいなんだから、凝った料理も必要かなとも思ったけどこの芋の力を示したいと思う。

 翌朝は快晴だった、朝食を食べるとクロウベーカリーへ行き挨拶する。
コロニッドさんは店主さんと話をしていて、挨拶が終わると店内からドアの邪魔にならない位置にテーブルとイスをセットした。黒板は3色くらいチョークがあったのでポップを作成するように目立つように書いた。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
期間限定:リュージの焼き芋屋

【新種野菜:緋き芋の焼き芋】
※新種としてネーミングを王国に申請中

甘くてホクホクな焼き芋:限定10本のみ
1本金貨1枚、お茶は無料

王国指名依頼として販売中
身元保証人あり 1/10日目
◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 こんなところかな?自立式黒板を立て掛けテーブルに丸型のバスケットっぽいカゴを置き生のサツマイモを一本入れてみんなに見えるようにする。
急須に茶葉を入れ水筒・10個程の試供用湯飲みを出しコロニッドさんと椅子に座りるとお茶にする事にした。
所持金
所持金:金貨5枚+銀貨123枚(+銀貨50枚)
先払い報酬:銀貨50枚

残金:金貨5枚+銀貨173枚(+銀貨50枚)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ