挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その鎌で何刈る気 作者:織田 涼一
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

161/161

161:芽吹き

「スチュアート、その頬の傷。治りが遅いわね」
「ああ、でもこのくらいは何でもないさ。それより急に呼んで、どうしたんだい?」
「そうそう、ウォルフがね。ママって言ったの」
「まさか・・・。ソルト、君も聞いたのかい?」
レイシアに見えない位置から首を横に振るソルト。

「うーん、ウォルフは成長が早いから言ったのかもね」
「やっぱりスチュアートもそう思う?ウォルフちゃんはママが好きなのねー」
この夫婦は甘々なので、ウォルフには強く男らしく育てようとソルトは心に誓った。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「ティーナ、何でここにいるの?」
「リュージの考える事はお見通し。どうせならと私が立候補したの」
「なあ、タップ。もしかして、ばらしたのは・・・」
「リュージは、この迫力を前にシラを切れるのか?」
「あ・・・いや、出来ないな」

 諦めて3人でダンジョンに入る事にした。
王国にもダンジョンはあったようで、1階にはゴブリンがいるようだった。
タップにお願いしたのは、ゴブリンを退治出来る所への案内だった。

 ダンジョンに入ると、ティーナが短剣を出しタップが剣を構える。
迷わず実践用の鎌を取り出すと、二人は「「リュージは何と戦うんだ?」」と聞いてくる。
「え?ゴブリンだけど」
「どれだけオーバーキルするつもりなんだよ」
「でも、隊長はどんな相手にも全力を出せと・・・」
「騎士科の講師がそう言うのは、一般の学生だからだよ」
「でも、自分は魔法科出身で武器を持ってるんだけど・・・」
「・・・ああ、うん。もう任せるよ」

 索敵に行ったタップが、ゴブリンを一匹だけ注意を引き付けて連れてきた。
「ほら、もうさくっと倒して満足してよね。冒険者としての常識は、その後でしっかり覚えて貰うよ」
「ありがとう、タップ」
「やっぱり、リュージは冒険者に向いてないと思う」
そんなティーナの呟きを無視するように、鎌を大上段に構えて・・・。

「かくして、リュージの旅は終わる事になるのじゃー」
「女神さまのお気に入りが各国を旅するようになるけれど、冒険者としてどうなのかしらね?」
「きっと、いーっぱい美味しい物を作って、世界が豊かになるんだろうね」

「お、おじいちゃん?」
「かまわずに続けるのじゃー」
「リュージ、戦闘中に余所見するなよ」
「ああ、ごめん」

 人数と殺気に蹴落とされたのか、ゴブリンは逃げたそうにしていた。
「ぷらんとばいんどー」
「ウォータージェット」
「アースドリル」

「「「ふぅー」」」

「もー、邪魔するなら帰ってください」
「「ゴブリンごとき、さっさと倒せ」」

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 自領の政務に燃えるルオンは、着実に実績を積み重ねていた。
寒さが厳しいが、リュージから貰った種生姜を育て、日々料理に使う事で体質改善を図っていた。
時折、ザクスが加工した生姜製品がレン経由で届いているが、ルオンはふと農場の事を懐かしく思っていた。
そんな彼の元に大量のお見合いの話が届いていた。

「いつも通り、断っておいてくれ」と頼むと、今度だけは会うだけしないと相手方に失礼になると執事が告げる。
政務を止めてまで結婚しない相手に時間を使う必要があるのか?
そうは思っても貴族として最低限の付き合いをしなければいけない。
どうやら、こちらに来てくれるそうで、時間は任せるので執事に早く済ませるように指示を出した。

 何故かレンが遊びに来ているようだった。見合いの話を聞いた後で気がついた。
「どうした?レン。リュージ君と喧嘩でもしたのか?」
「それが出来たらね・・・。リュージは旅に出てしまったの」
「そうか、なら学生の本分としての勉強をだな・・・」
「兄さん、しばらく会わないうちに仕事のむしになったのね」
「ああ、立ち止まっている暇はないからな」

「そういえば、お見合いするんですって」
「なんだ、レンも知っていたのか。もしかして相手の事も知っているのか?」
「ええ、優しくて良い子よ。気に入ったなら結婚してもいいんじゃないかな?」
「レンまでそんなことを言うのか。俺はだな・・・」
「分かってるって。でも、考えるだけは考えてね」
「ああ、分かったよ」

 数日後にルオンのお見合いは行われた。
某男爵家のご令嬢で、優しくも芯が強い姿が印象的だった。
初めて会うはずの女性に思わず抱きつきそうになったルオンは、付き添いの相手方の母親に窘められたのだ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 季節は巡り、収穫の秋。
午後に学園長の許可を得て学園の畑にやってきた。

「あ、リュージさーん」
「ローラ、久しぶり。みんなも元気だった?」
昨年の新入生は学年があがり、下級生に指導する立場にあった。
きょとんとしている今年の新入生に説明する者もいた。
少し離れた所にレンがいて、囲まれている自分のところに近づけないでいた。

 少し間をあけてもらい、レンの前に行くと「ただいま」と微笑む。
「もー、ずるいよ。そんな顔されたら怒れないじゃん」
「え?自分って怒られるの?」
「リュージさんは、もうちょっと周りを見るべきだと思います」
ローラの一言にきょろきょろと周りを見渡す。

「あ、そうだ。そういえばじゃが芋が上手くいったって聞いたけど」
「そう、そうなの。ザクスにも協力してもらって、今年は増やす事にも成功したんだよ」
「じゃあ、是非食べてみたいね」

 学食へ行くと、寮の調理長のお姉さんが手を振ってくれた。
レンがこそこそと話すと、今までどこに行っていたか色々聞かれた。
そうこうしているうちに、料理が次々と出来上がる。
このテーブルは自分とレンしかいなく、何故か周りのテーブルにはまばらに品種改良グループがいた。

 ジャガバタ・フライドポテトから始まり、何故か肉じゃがが出てきた。
ポテトサラダも出てきて、色々な角度から見てみたけど、もうトロみをつけるだけの野菜とは言えないものだった。
ジャガバタではバターの味を正面から、じゃが芋が受け止めていた。
フライドポテトは塩を極力抑えたみたいで、ケチャップやマヨネーズをつける必要もない。

「これって1種だけじゃなく、数種類品種改良できたの?」
「ええ、本当に苦労したわ。でも、ヒントどころじゃなくて、ほぼ正解を教えて貰ったからね」
「これが食べられたなら嬉しいなぁ」
「農場で育ててもいいかな?」
「レン、それでいいの?もうちょっと試すならルオンさんの所でいいんじゃない?」
「それは悪いよ」
「レンの夢だったんでしょ。家の役にも立てるし、領民も喜ぶと思うよ」
「うん、・・・それとね。リュージに相談したいことが・・・」
「ん?自分で出来る事なら何でも聞くよ」
「本当?」
「うん、何かな?」

 周りのテーブルに座っているみんなは耳を大きくしていた。
ローラが咳払いすると、周りのみんなは一斉に席を立つ。
「リュージ、あのね・・・」

 季節は巡る。春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来る。
王国から多種多様な仕事は色々来るけれど、自分を必要としてくれるのは嬉しくもあった。
時々旅に出たい衝動に駆られるけど、きちんと周りを見ながら過ごそうと思う。
まずは、この大切な手を離さないように・・・。



『その鎌で何刈る気』 fin
これにて、『その鎌で何刈る気』完結となります。

拙い部分も多々あった事でしょうが、この後書きを読んでいただいた方・途中まででも読んでいただいた方には、只々感謝しかありません。
ありがとうございました。

独立した話として、『90分だけ貴女の味方です』という作品を書いております。
登場人物は一部共有されておりますが、こちらを読まなくても大丈夫なようにしています。
もし興味が沸きましたら是非に。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1494部分)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 18:00
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 201 user
  • 最終掲載日:2017/06/24 12:00
異世界転生に感謝を

 今から数十年後の未来。 VR(仮想現実)ゲームはついに実現した。  VRゲームを待ち続けた老人は、念願のVRゲームを嬉々として始める。  楽しいチュートリアル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全165部分)
  • 169 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 21:42
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 158 user
  • 最終掲載日:2017/09/08 01:21
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全772部分)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:19
出遅れテイマーのその日ぐらし

国産初のVRMMORPG『Law of Justice Online』。佐々木優太は400倍を超える倍率の中、奇跡的に初回出荷分に当選していた。夢にまで見たVR//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全214部分)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 08:00
異世界のんびり農家

現代で十年ほど闘病した後に死んだ主人公だが、異世界で若返って蘇生。 闘病中の主人公の心の支えはアイドルが農業をするTV番組。 異世界での第二の人生、農業をやって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全286部分)
  • 209 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:00
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全95部分)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 12:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 191 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 187 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 07:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全171部分)
  • 165 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:00
ようこそ幻想世界(アルステイティア)へ〜田舎のホームセンター男は何でも出来て一人前です

神様同士のちょっとした賭け事の景品として他の世界に連れてこられた主人公は加護で貰ったスキルを使って自由に生きる。 え?神様が何か言ってた?そんなの気にしませんよ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全270部分)
  • 157 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 20:05
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全382部分)
  • 264 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 23:29
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全122部分)
  • 161 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 07:05
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 186 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全521部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 22:28
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに

≪お知らせ≫ サブタイトルを変更しました。 ★新:チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに ☆旧:チートあるけどまったり暮らしたい 《転//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 168 user
  • 最終掲載日:2017/09/16 00:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部分)
  • 164 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 14:22
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 11:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 193 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全544部分)
  • 174 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 18:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 192 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
最強の鑑定士って誰のこと?~満腹ごはんで異世界生活~

※カドカワBOOKSさんより、一巻発売中。二巻、10月10日に発売予定です。よろしくお願いします。 乙男(オトメン)である男子高校生、釘宮悠利(くぎみやゆうり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部分)
  • 180 user
  • 最終掲載日:2017/09/16 16:26
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1652部分)
  • 179 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 12:00
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全373部分)
  • 160 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 12:00
異世界転移したのでチートを生かして魔法剣士やることにする

ネトゲーマーの大学生、楓は徹夜でネトゲをプレイし続けた結果、異世界に転移する。チートじみた魔力とスキル群を持って。楓はこの世界で何を思い。何を為すのか。 テン//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 159 user
  • 最終掲載日:2017/08/04 20:17
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1236部分)
  • 156 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全225部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 163 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
村人転生~最強のスローライフ

神様失敗。オレ転生。ド田舎の村に生まれてスローライフな話。1~42まで一日の話。色々巻き込まれな日々だけど、自分のペースで生きているベーの物語です。 思い付きで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全903部分)
  • 164 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 23:12
中堅(中年)サラリーマンのまったり異世界産業革命

中年男性が異世界で生活をしていく、ありふれたお話しを描いてみようと思います。 ご厄介になっているところの内政に口を出したり。 現地人を説得して物を作ったり。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全639部分)
  • 167 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 07:00
↑ページトップへ