挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
その鎌で何刈る気 作者:織田 涼一
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

143/161

143:誕生

「みんな、朝早くからありがとう。ローランドさま達もいらしてるよ」
「「レイシアは大丈夫?」」
「心配しなくてもいいよ。まだまだ、時間がかかるって産婆さんに怒られちゃったくらいだからね」
「そうですか、手は足りていますか?」
「リュージ君、男性は役に立たないから、いつもの仕事をしているようにだって」
「そうですか、じゃあ王子さま達と合流しますね」
「ああ、少し気を紛らわせてあげてくれないか?」
「わかりました」

 ソルトが宿に来て、「レイシアの容態が変わった」と言っていたけれど、産婆の想定の範囲内らしく、屋敷の出産体制に変更はなかった。小さい頃から共に過ごしたソルトには衝撃的であり、何も出来ないもどかしさがあったのかもしれない。
レンとティーナとソルトはレイシアを励ます為に部屋を移動した。

「おはようございます、もうすぐですね」
「おはよう、リュージ。まさかこんな良いタイミングで来られるとは思わなかったよ。旅から戻ったら父上と母上とローラに怒られるな」
「報告はしても大丈夫でしょうか?」
「ああ、スチュアートとレイシアの手紙を届ける時にこれも頼めるか?」
「これは・・・、誰宛に届けますか?」
「母上でもローラでも構わない。ただ、直接渡して貰えないか?」
「分かりました、確かにお預かりします」

 近衛の二人は祈るように目を瞑っていて、マイクロは書面を纏めている。
セレーネとダイアナは手伝いに行っているようで、しばらくするとスチュアートがやってきた。
スチュアートは部屋の外に椅子を置き、外を見たり椅子に座ったり立ったりして落ち着かない様子だった。
それを咎められたので、男性チームの待合室に合流することになったのだ。

「呼ぶまで来るんじゃないって言われちゃってね・・・」
「珍しいな、スチュアート」
「ローランドさまも、そのうち分かると思います」
「そうか?俺は堂々と待つ自信はあるぞ」
「そういう事にしておきます」

 出産の話ばかりでは気が紛れないので、別の話をすることになった。
まずは二人・・・いや、三人の身の安全についてだった。
マイクロと自分でこの男爵領を広範囲に飛び回り、何箇所かの候補をスチュアートに提案した。
「うーん、どれも魅力的だね。でも、もうちょっとだけ、ここで頑張りたいんだ」
「俺がいるうちは何とかするが、そんなに猶予はねぇぞ」
「マイクロさん、ご迷惑をおかけします」
「迷惑だと思ったらやってねぇよ。可愛い舎弟とレイシアさまの為だな」
「誰が舎弟ですか。その領の当主を舎弟と考えるなんて・・・」
「冗談だよ・・・、半分な」
「そこは、全部冗談でお願いします」

 子供が産まれたら、大々的なお披露目を行う予定らしい。
当主が変わった事・レイシアという女性を嫁に迎えた事・そして第一子が無事産まれた事を宣言する為にだ。
貴族家が次世代を迎えるという事は、領民により良い未来が続くことを約束するものだった。
馬で通える範囲の場所を選んだつもりだけど、しばらくは領民の顔が見られる政治をしなくてはいけないらしい。
親子全員領民に迎えられて、初めて当主家族として生活できるのだ。

「そういえば、リュージ。もう王都に戻るらしいな」
「ええ、本当は1月くらい居たかったんですが・・・」
「色々忙しそうだもんな」
「ええ、農場を始めて、祭りの参加やら特別な依頼など多くてですね・・・」
「逆によく来れたな」
「そこはみんなが協力してくれますから。あくまで将来の目標は冒険者ですけどね」

「普通は冒険者で一旗上げてから、貴族になったり、故郷に帰って農業したりするんだがな」
「貴族になりたければ、いつでも言ってくれ。子爵くらいまでなら俺が推挙するから」
「「王子・・・」」
「いえ、あくまで冒険者を頑張って、その後の事はその時考えたいです」
「リュージ君が子爵になったら、僕より上になるのかぁ・・・。感慨深いね」
「スチュアートさんは、実際問題どのくらいの地位になるんですか?」
「そうだな、限りなく伯爵に近い男爵って感じか」
「マイクロさん、子爵が飛んでます」
「細かい事はいいんだよ」

 二人の子供の顔を見たら、ケインとフリーシアと一緒に王都に戻る予定だった。
レンとティーナはレイシア次第だと思うけど、残りたいと言ったら先に帰ろうと思う。
王子達も出産後、数日から一週間位で旅を再開するらしい。
収納にどのくらい食料が残っているか質問すると、あまり長期間もたないので早めに全部食べたらしい。
自分達の帰りの食料を確保して、残りは王子の収納に詰め替えた。
また、野菜類はスチュアートに餞別として送ることにした。
まだ時間がかかりそうだったので、一度冒険者ギルドへ引継ぎと王子の出立について報告に行った。

 思えばこの男爵領でも色々な事があった。
二人の幸せそうな姿に愛の結晶、セルヴィスの妻からの手紙も渡したし、時間があいた時はワイン工場も見学した。
夜中に酒場に繰り出せば、明るい親父さんや仲間と騒ぐ若者の声がした。
マイクロとの別荘探しに朝から晩まで駆けまわると、夜には何故か剣術の稽古があったりした。
ケインとフリーシアは、残り少ないこの領での暮らしを噛みしめているようだ。

 王都に到着したら、すぐに祭りの準備が大詰めとなる。
噴水の件や出店についても確認をしないといけない。
王都へのワイン納入について、スチュアートの考えを聞く必要もあった。

 アーノルド邸に到着すると、みんな結構な時間を待っているようで、ぐったりとしていた。
マイクロの「ワインでも飲むか?」の発言に全員考えたけど、不謹慎な気がしたので辛うじてみんな自重した。
コンコンとノックが聞こえると、スチュアートだけ呼び出される。
それから数十分後に、元気な産声が聞こえたような気がした。

「皆様、無事出産が終わりました。レイシアさまは大変疲れていますので・・・」
全員で王子を見ると、代表して王子が行くことになった。
堂々と待っていたはずの王子が駆けて行く、残った家人に子供の性別を聞いたら男の子だった。

「女の子ならまだ猶予はあったんだがな」
「やっぱり引越しは必要ですか?」
「ああ、お前達はまずこの旅が無事終わるまで王子を頼んだぞ」
「「はい」」
「こっちは俺がしばらく様子を見ておく。困った時にはお前達にも動いて貰うからな」
「「わかりました」」

 残った男性メンバーは一目見られるかもしれないと移動すると、丁度ソルトが宝物を抱えるように部屋を出てきた。
中にいた人達もぞろぞろ出てきて、今はレイシアとスチュアートの二人っきりになっているようだった。
多くの手伝いのメンバーが涙ぐみ、家人は何度も何度も産婆とスタッフに頭を下げていた。
王子が恐る恐る、顔付近に人差し指を差し出すと、赤子がギュッと握る。
たったそれだけの事なのに、王子は命の重みがこれほどの物かと動きを止めてしまった。

「ダイアナ、再度のお願いだ。この子の誕生を祝ってくれないか?」
「王子、私で宜しいのでしょうか?」
「ああ、出来ればレンとリュージにも一緒にお願いしたい」
「ローランドさま。異例ですが、そのお考え分かります」
「セレーネ分かるか?」
「ええ、ダイアナさまは協会関係者ですし、リュージさんとレンさんは女神さまの寵愛を受けております」
「二人の神聖魔法は結構すごい」
「もう、ティーナ。そんなことないよ」

 スチュアートが出てくると、指を唇に当て「シー」と周りにゼスチャーする。
「レイシアは大丈夫か?」
「ええ、今眠ったようです」
「嫡男誕生、おめでとう。お前も父親だな」
「ありがとうございます。みなさん、本当にありがとうございます」

 ソルトから赤子を受け取ると、愛しそうに見つめる。
外で騒がしくした事を詫びると、赤子の祈りの儀式を三人に任せたいと王子がスチュアートに告げた。
スチュアートが小さい声で「お願い出来ますか?」と確認を取ると、ダイアナが決意したように頷く。
レンが「一緒に頑張ろう」と、こちらを引き込んだ。
それからはダイアナと長い長い打ち合わせをして、翌日その時を迎えた。

 ベッドで上半身だけ起こしたレイシアは、まだ疲れが残っているようだった。
ソルトが赤子を抱っこし、スチュアートがこちらを真剣な目で見てる。
ドアは開けっ放しになっていて、家人も全員この儀式を見守っていた。

「この世に産まれ出でし 新たな命よ」
「その涙で世界を潤し その笑顔で世界を巡り その眠りで世界を鎮め その食欲で世界を暖める」
「女神と精霊と全ての人々に」
「「「その誕生を祝福させておくれ」」」
「「「「「祝福させておくれ」」」」」

 ダイアナとレンと自分で、自然と胸の前で手を組むと、淡く優しい光が室内に満ちていく。
「「「祝福あれ!」」」
室内の光は、赤子に集まり静かに消えていって儀式は無事に終了した。

 母を求めて伸ばした手がどんな未来を掴むのか?
その為には自分達が今を精一杯生き、希望を見せられる未来を紡ぐ事が大切だと思った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ