挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

獣人の子供・敬太くんの冒険

これは、江戸時代初期、ある山奥の村に住んでいた一人の元気いっぱいの7歳児の男の子、敬太の物語である。
いつも金太郎みたいな赤い腹掛け一枚だけ付けている敬太は、いつも農作業や木こりなどの手伝いをしたり、剣術や相撲をするのが大好き。いつもお布団におねしょしても、祖父や祖母がほめてくれるので敬太はいつも笑顔で過ごしています。
そんなある日、敬太が木こりを終えて帰ろうとすると、獣人が敬太をいきなり襲ってきたが、敬太も必死に獣人と戦って何とか獣人を退散させることができた。
その日の夜、祖父の口から敬太の出生や、敬太の父母の秘密が明らかになった。そして、敬太が獣人と戦うときに、ある状態になったら、敬太の額に獣人である紋章が現れて、かなり手ごわい獣人であっても一撃で倒せるといわれている。
敬太は、自分を産んでくれた父母を探すためにいろんな場所を行きながら、その土地で暮らす大人たちや子供たちと交流するとともに、大人や子供を襲う獣人たちと戦っていく。そして、敬太は父母がいるであろう場所へ向かっていくが…。

※「pixiv」にて連載中の小説をまとめて転載しています。
プロローグ
2016年 11月 23日
第1章
2015年 07月 03日
第2章(その1)
2015年 07月 09日
第2章(その2)
2015年 07月 16日
第2章(その3)
2015年 07月 23日
第3章(その1)
2016年 02月 25日
第3章(その2)
2016年 02月 28日
第3章(その3)
2016年 03月 03日
第3章(その4)
2016年 04月 21日
第3章(その5)
2016年 08月 16日
第4章(その1)
2016年 10月 15日
第4章(その2)
2016年 10月 31日
第4章(その3)
2016年 11月 30日
第4章(その4)
2016年 12月 23日
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ