挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

エッセイぽい何か

叙述トリックっていうのは、もっと、こう……

作者:貞治 参
本稿は、特定の作品を批判するものではありません。一般的な話をしているつもりです。
 叙述トリックっていうのはさ、もっと、こう、なんというか、トリックを披露したその先にある反転というか驚きというかをですね、重視してほしいわけですよ。

 つまるところね、「実は語り手は男ではなく女でした~」とか、そういう「語り手が実は○○だった」、的な奴、よくあるでしょ。あれさ、よく見るんだけれども、こちとら「で?」って思うわけですよ。いや、だまされたというか、引っ掛かったというのは確かにそうですよ。ああ、やられた、なんて思うかもしれません。でも、同時に、そこにフックを取り付ける必要性はどこにあったんだろうって思うわけです、はい。その反転した事実を通り越した先に、もう一つの驚きが待っていないと、叙述トリックである意味がないな、と思ってしまうのです。

 わたしは、別に、叙述トリックが嫌いなわけではないですよ? でもですね、なんというか、ただたんに「作者が意図的にある情報を伏せておいて、終盤それを開示する」という形式を叙述トリックだとは認めたくはないのですね、はい。そこに「作者がその情報を隠した必然性」というものが存在して、初めて叙述トリックとして成り立ってくるのではないか、とそう思ってしまうのです。そちらのほうが読者的に盛り上がる、とか、犯人との関係性が逆転する、とか、動機が全く異なったものになる、とか、そんな理由でも結構ですよ。

 とにかく、なぜ叙述トリックを駆使する必要があったのか、これをですね、今後ミステリを書かれる作者様には、一度考えてみてほしいわけです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ