挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
晴れた日には 作者:天川ひつじ
2/5

冤罪と秘匿

アルカーナの母は、料理が抜群に上手かった。
母が父と結婚できたのは料理の腕が良かったからだと言っていた。父もその言葉に笑んでいた。
そんな母の料理を周囲が習い始めたのは、たぶん珍しい事でもなかっただろう。

意中の相手を落とせる秘密の魔法、なんて冗談めかして話題になったのが、きっと不幸の始まりだった。

ある日、母が血相を変えて家に飛び込むように帰宅した。
アルカーナは少し年の離れた兄と留守番をしていたが、母の様子に驚いた。

子どもにも分かる異常な様子で、母は兄を見て、それからアルカーナを見る。
アルカーナは瞬間に怯えた。
察したのだ。置いて行かれる、と。

「逃げなきゃ」
と母が呟いた。
アルカーナは母に走り寄り、ぎゅっと抱き付いた。

「セグネス、あんたはお隣さんに匿ってもらいな」
「なんで。僕だけ。アルカーナは?」
「やだ!」
とっさにしがみついたのを、母は少し迷い、しかし抱き上げてくれた。

「魔女狩りは女が狙われる。あんた男だ、生き延びな。父ちゃんも帰ってくる。良いね、父ちゃんと合流して、落ち着いたら母ちゃんたちを迎えに来て。約束だ」
この言葉に兄は驚き拒否を示すために首を横に振った。

「ナディ! ナディ!」
扉をたたくのは、隣人だ。
「どうぞ!」

「ナディ! リューンが魔女狩りにあったって! ティフィアのお嬢様のせいだよ!」
「知ってる」
「早く逃げな!」
「お願いだよ、セグネスを匿って。うちのダンナがきっと戻ってくるから」
「分かった、まかせな」
「共同小屋に行く」
「分かった、気を付けて。でもアルカーナはどうするんだい」
「女の子だから、連れて行くわ」
「そう。そうだね。早く! セグネス、早くうちにおいで!」

***

母はアルカーナを抱いたり降ろして手を繋いだりして、急いで移動した。
向かった先は、皆が管理している、遠出に使う小屋だった。そこしか避難場所を思いつかなかったのだろう。

無事にたどり着いた小屋には誰もいなかった。
周囲は静かさに満ちていた。

小屋で一息ついた母に、アルカーナは尋ねた。
母はきちんと教えてくれた。

「母ちゃんのレシピが、魅惑のレシピって言われてるのは知ってるね」
「うん。好きな男の人をとりこにできるからでしょう?」
「料理が心底上手いっていうのが真実なんだよ。良いかい、今から残酷な事を言うよ、大丈夫かい」
母が真剣な顔で言い聞かせて来るので、アルカーナは頷いた。
その様子に、母も真実を告げてくれた。

「リューンが魔女にされて、処刑される。リューンの恋人を、ティフィアのお嬢様が好きになっちまったせいだ。濡れ衣だよ」
気立ての良い、見知った者が処刑だという話に、アルカーナは目を見開いた。
なお、この時は、まだ幼かったので正確には理解できなかった。

今なら分かる。
自分が好きになった男の恋人が邪魔だから、権力者の娘が、邪魔な女を魔女にした。女を殺して、残った男を手に入れるために。

母はこの時、アルカーナに説明を続けた。
「ここから先が、私たちに関わるから、ちゃんとお聞き。魔女のリューンに、まるで魔法みたいなレシピを教えたのは、誰だい?」
「・・・母ちゃん」
「そうだ。・・・逃げた理由が、分かったかい? 母ちゃんも魔女にされてしまうから逃げろって皆が言ったんだ」

不安になったアルカーナを、母は今度こそ抱きしめた。
「大丈夫。母ちゃんは魔女じゃない。間違って殺されないように逃げただけ。きっと父ちゃんたちが迎えに来てくれる。それまで、少しここで待とう」
母が何より不安になっているのだと、アルカーナは察した。
だから母を抱きしめ返した。
「大丈夫、母ちゃん。アルカーナがついてるよ」
すると、母はホッとして笑った様子だった。
「頼りにしてるよ、アルカーナ。あんたがいてくれて母ちゃん心強いよ」

母は、落ち着いたら父が迎えに来てくれると信じていた。
だから移動する当ても無かったけれど、移動する気も無かった。

不安になるけれど、アルカーナにもどこに行けば良いのか分からない。

***

小屋にあった保存食や、逃げる途中で知り合いに急いで持たされた食料を食べていた。
小屋に来て5日経った頃だと思う。
母を呼ぶ声が外からした。それは、母が待っていた父の声だった。

母が急いで扉を開けると、やはりそこには父がいた。
父と母はお互いの顔を見て、抱き合って泣きだした。
アルカーナに気付いた父は、アルカーナの目線に合わせるためにしゃがみ込み、やはりアルカーナを抱きしめて泣いた。
ずっと兵士に見張られていて、今まで来ることができなかったと父は言った。

「お前の料理を食べたい」
父が言うので、母は涙を流しながら、小屋で作れる料理を作った。
本当にうまい、うまい、と父は泣きながら食べた。

それから、父は言った。
一緒に死のう、と。

数刻後に、兵士たちが来るのだと。

「ただ死ぬのと、お前にあってから死ぬのと、俺は、会って死にたかった、本当に、すまん」

父が来たから、兵士もここに来るのだと、アルカーナは知った。

***

ごめんねと母は謝った。
謝る事なんてないさ、俺たちは十分幸せだった、そうだろう、と父が言った。
そうね、迎えに来てくれて幸せだわ、会えてよかったと母は言った。

アルカーナはどうする、と父は言った。
セグネスはどうしたの、と母は尋ねた。
ここには父だけが現れて、きっと一緒だと思っていた兄の姿は無かったのだ。

父は一拍無言でいたが、口を開いた。
いなくなった、と。

母が驚き詳しくを尋ねたところ、父が仕事に出かけ、兄は一人で留守番。それがある日、帰宅したら兄の姿が消えていた。当然探したが、行方がしれない。
兄にも見張りがつけられていたから、兵士に尋ねるも知らないと言った。

家の中にいれば大丈夫と思っていたのに。

そして兵士は父に決断を迫った。
逃げた妻の行方を吐かない罪で殺されるのが良いのか、それとも、と。

その話に、遺された家族は察した。
消えた兄にも、同じような選択をさせたのでは。兄は、家族を守ろうとしたのではないだろうか。

父は、母に会い、そして共に死ぬ事を選び、やって来たのだ。

***

母は、言った。
「可愛い大好きなアルカーナ。よくよく、お聞き。これは嘘だよ。でも本当だと信じるんだ、いいね」

アルカーナは、頷いた。とても重大な事を、告げられるのが様子で分かったから、泣きわめかずに、ただ聞いた。

「あんたは、拾った子なんだよ。本当はきれいなお姫様みたいな人の子どもなんだ。いろいろあって、母ちゃんが面倒を見てたんだ。他の人にそう話すんだ」
母の言葉に父は震え、それからアルカーナを見つめた。

「今から兵士がやってくる。一番立派な服を着た人を見つけて、『お父さん』ってその人を呼ぶんだ。本当のお父ちゃんは、その人だ。良い人だ。父ちゃんと母ちゃんに、少し、時間をくれたのは、その人だ」

この両親の子どもでないなんて嘘だ。大嘘だ。
だけど、両親の期待に、アルカーナはコクリと頷いた。

***

父の言っていた、数刻が過ぎる。

母がアルカーナを見つめた。
「アルカーナ。お前は、見ちゃいけない。外に出てな」
父の言葉も、静かだった。
「耳も、塞いでろ。・・・そうだ、お守りを、やろう」

父は服をさぐり、ポケットからハンカチを取り出した。これしかないと父は呻いた。
母も急いで服をさぐり、ポケットから小銭を取り出した。これだけしかないと母も呻いた。

それでも父のハンカチで母の小銭を包み、両親はアルカーナにそれをお守りだと言って渡した。
「アルカーナは魔女でもなんでもない。幸せになりな」
「父ちゃんも母ちゃんも、魔女じゃないのに」
「知ってるさ。でも魔女じゃないって知らない人もいて、困っちゃうね」
と母がぐしゃぐしゃの顔で、笑んだ。

***

兵士が来た。

扉の外に出されたアルカーナは、両親の死にざまを見ていない。

兵士たちは子どものアルカーナに、その場を決して見せなかった。
ただし、兵士が来る前に2発の銃声を聞いていたから、銃で自ら死んだのだと、アルカーナは知っている。

父の指示に従い、母の嘘を本当だと言った。
アルカーナを憐れんだ兵士の一人が保護者になった。

***

町の家は、壊されていた。
アルカーナを見てハッと驚く人たちもいるが、声をかけるものはない。それは賢明な判断だとアルカーナも承知している。

兄は本当に消えていた。不幸の気配しかなくて、アルカーナはただ震えた。恐ろしくてどうなったのかきちんと考えたくないと思った。

アルカーナは嘘を押し通し、捕えられることもなく大人になった。
そして、きちんと面倒を見てくれた保護者の元から独り立ちをした。
雑貨店の仕分けや清掃などを仕事にできた。

***

時折、足を運びに行きたくなる。
だけどまだ行ってはいけないと知っている。

父と母が共に死ぬことを選んだ場所。

料理の腕が良くて、それを皆に教えただけなのに。

母は小屋で嘆いていた。
アルカーナを抱きしめた。
あんたにもいっぱい教えたいのに。教えるのが危いなんておかしいじゃないか、と。

アルカーナは知っている。母が小屋で、手慰みのように、己のレシピを書き出したことを。
それを床の隙間に、丁寧に厳重に隠したことも。アルカーナの見る前で。

今。
ポケットのハンカチとコインに触れ、アルカーナは目を閉じる。

母の声がアルカーナの脳裏で繰り返す。

いいかい、何も知らないふりで生きてくんだ。あんたは賢い子だけど、そのままじゃ駄目だ、目をつけられたらひとたまりもないんだから。
少し馬鹿なふりぐらいが、丁度良い。

***

きっと生涯、何も知らないそぶりで、生き延びる。

とりにいくのは、まだ、早い。

あの小屋の事件を、皆が忘れたら。

そうしたら、いつか。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ