挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に巻き添え召喚されました 作者:鹿鳴館

二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

86/163

77#各々の想い~ガル~

この世界『ディバイデット』に来てから、昔の夢を視るようになった。


俺の両親は犯罪者だったらしい、そして捕まり死刑になって、残された俺は、孤児院に引き取られた。

まあ、親の事はどうでもいい……貧しいながらも、1日2食は食べれたし、数字も20まで教えてくれた。

ランディ、カーズ、アーサーに比べれば明らかに幸せな少年時代だった。

昨夜はそんな子供時代の夢を見た。



そう……今回の融合は俺を含めて、皆 異状だった。

先ずはアーサー。
融合後、いきなり『海に帰りたい』と言いやがった……

そして、50時間ほど海で泳いでいた。
アーサーは否定してるが、絶対魚と融合したんだろう……ビックリだ。


次に俺様。

なんと、強い想いだけ引き継ぐ筈が、全記憶を引き継いでしまった。
そんなわけで、元AV男優の俺様は商売女達とはセックスしたくなくなったぜ。
もう、飽き飽きだ。

初な素人が好みになったが、融合後、落とした女は0人、全く酷いもんだ。

融合してパワーダウンなんて聞いたこと無い……まあ、眼力は更に良くなったけどな……
融合前にくらべて、魔力の質は見れたが、魔力の流れまで判る様になったし、 人間の才能と年齢も何となく判る。


そして、カーズ。
いきなりあいつの発した言葉は「出逢えない出逢い系サイトは存在してはならない」と言い出して「関係者は全員殺す」と飛び出して行った……

危なく未成年者も殺してしまうところだった。
危ない危ない。

カーズのせいで、裏社会、警官、政治家、マスコミ、あらゆる機関から指名手配を受けちまった。

まあ、カーズの凶行も元締めのヤクザを1000人くらい殺した辺りから落ち着いたけど、あいつ絶対出逢い系詐欺の被害者と融合したよな……ププッ。


最後にランディ。

ランディにもビックリだった。
ランディは前の記憶を殆んど無くしていた。

相当焦ったが、性格は変わらないし、いや少し丸くなったか……
行動パターンもあんまり変化ないが、クリエイトフードがリセットされたのがショックだ。

もう『おおサンショウウオのムニエル』はもう食べれない……

しかし、それを補えるくらいの食事を出してくれた。

ファーストフード、カップラーメン、100円寿司、と安価な物から、A-5ランクのステーキを始め、四万十川に生息している鰻、野菜は味付けしなくても旨い、全て極上の食材だった。

そして、クリエイトウォーターにも、驚愕した。

量の調節が出来なくなったのには呆れたが、今まで飲んだ液体を全て再現できる上に、温度の調節まで出来る。

ランディには『歩くドリンクバー』『歩くスープバー』『歩く天然温泉』の称号を与えたい。

以前、ガソリンと油を飲んで貰おうとして、全力で断られたのが悔やまれる……

だが、そんなランディにも弱点が合った。

クリエイトフードの寿司では、わさび抜きになるし、珈琲を飲みたくて出してもらったら、甘々なコーヒー牛乳が出て来た。

ランディはお子様かっ!

それに500リットルもあんな甘いの飲めるかっ!!


と、落とした後は持ち上げてみよう。

ランディの『クリエイトフードフリー』は、食べた事のある食事の再現はおろか、その食材を遡って再現出来る。
例えば、焼きトウモロコシを食べたランディは、生のトウモロコシを出現させる。
さらに、カップラーメンを食べたラーメンは、お湯をいれる前のカップラーメンを出現させる。
ありえない……便利過ぎだぞランディ……

これが今のランディだ。
依存症に成りそうで恐いな。

そして、一番の驚きは香織の存在だ。
まさかあのランディが女連れとは……しかも、今はマーニャもゲットしていて、持ち帰りも決定している。

更に、なんとその香織と定期的ヤっている……『射精する瞬間が一番暗殺されやすいんだ』と言って性交は極力避けていたあのランディが……

カーズや、アーサーに知らせたら驚くだろうな。
ビデオカメラを持っていないのが悔やまれる。



そして、融合前のランディと違い俺を色々頼ってくれる……かなり嬉しい。

皆が集まると喧嘩っ早くなるからと言って、個人行動を好むあのランディが……

やはり、カーズ達に知らせて1度皆で集まろう。

楽しみだ。


すぐにでもカーズの所を捜したい所だか、俺の力では探せない……せめて、次の異世界が日本ならば、待ち合わせを約束しているから可能なんだが……

ランディの第6レベル呪文の解放でも待つか……

だか、今はランディからは離れなれない……
理由はリメインズ軍のストラム兵だ。

ギラストラムは今のランディじゃ倒せない……
しかも、俺でも苦戦する始末……

あれより上位兵器のテラストラムが来たら、俺もアレを使うしかないだろう。

絶対に使いたくないが、ランディの為なら……やってやろうじゃないか!

あぁでも嫌だなぁ……

そうだ! こんな日は、ランディにお願いして山梨県特産物の『ほうとう』でも頼もう。

ランディは凄く旨いといっていたな……

楽しみだな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ