挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に巻き添え召喚されました 作者:鹿鳴館

二章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/163

74#閑話(キンジの異世界奮闘記5)

それからのアーサーさんは、凄かった……面白いように、メガストラムって言う灰色ロボが、次々とアーサーさんと接触する度に、吹き飛んで行く……

だけどなんか変だ……何かがおかしい…………そうだ! アーサーさんがロボを吹き飛ばす方向だ……段々と……そう段々と灰色ロボの人口密度が上がってきている……


カーズさんも動き出した。
「解除」

カーズさんの回りからピンクの絶対魔法防御が無くなる……

「第5レベル呪文……ファイヤーストーム」

カーズさんの呪文で、密集している灰色ロボのあたりに、荒れ狂う炎の嵐が発生した。

こ、これならどうだ? ………………

炎の嵐に巻き込まれたメガストラムは、1体残らず崩れ去っていた。

おれは、塵屑(ちりくず)となった灰色ロボを見て、一緒に隠れていた商人とガッツポーズをした。

商人がおれに話しかける。
「も、もしかして生きて帰れるんですか?」

「あ、ああ……あの2人に任せれば生きて帰れるよ……だから、隠れてるの……バレないようにしよう」

「はいっ!」

そうこうしている間に、みるみる灰色ロボの数が減っていった。

だがおかしい、盗賊達は距離をとっているが逃げ出す様子が無い……おれだったら絶対に逃げてるぞ……

おっ、多数の青銅ロボが接近戦を仕掛けてきた……

どうするんだアーサーさん……


~アーサーはギガストラムの接近に伴い装備していた鉄製の棍を地面に突き刺し、背中にある2本の剣の内1本を引き抜いた。~

おおっ! アーサーさんが剣を抜いたの初めて見たぞ……あんまり使わないから、飾りかなって思ってたのに……
遂にアーサーさんの剣技が見れる……と思ったけど剣速が速すぎて、よく見えん……しかも、灰色ロボって段ボールで出来てるの?ってくらい、ザクザクと切断されていく……
青銅ロボも、何回か切りつけると壊れるみたいだ。



アーサーさん無双を見て、怒号の様な悲鳴がこだまして、盗賊団が逃げて行く……


あれ? なんか……盗賊団が逃げなくなったぞ……

と思っていたら、新手がカーズさんとアーサーさんに向かってやって来た。

そのうちの四人が魔法を唱えた。

「「「「黒の使者よ我と共に力を束ねよ、強力な魔光となりて、敵を打て。黒魔光破」」」」

禍々しい黒い線が術者の左手の先に集まり球状になってゆく……それが、60cm程の大きさになったとたん、超高速でアーサーに向かい弾け跳んだ。

が、アーサーはダメージを受けていない様子だ。

「中々の 威力 しかし 痛いだけ ダメージ 無い」



四人の高位魔導士の内一人が叫ぶ。
「くっ……これならどうだ! 合体魔法だ!」
「「「おおっ!」」」

四人の魔導士が二組なって魔法の詠唱を始めた。

「「「「冥府の番人よ、混沌の闇より黒龍の力を開放し、その力を彼の者に浴びせよ。魔天黒龍破」」」」

術者の背後に、黒龍の幻影が見える、その黒龍の顎が開かれ黒い閃光を吐き出した。


怖いぃ 何だあの黒い龍は……

「う、うおぉぉぉぉぉぉぉぉ」

アーサーさんが雄叫びを上げている……効いているのか……

少し離れた所から盗賊団の大喚声が聞こえる……数に物を言わせやがって……卑怯だぞ!


アーサーさんが呟く……
「カーズ 二発で ダメージ 390 この力 本物」


盗賊団が叫んでいる。
「ま、魔天黒龍破を二つも受けて何故死なないんだぁ!」

ですよねー。


カーズさんとアーサーさんが同時に呪文を唱え出した。

カーズさんは、
「第1レベル呪文……マジックミサイル」

アーサーさん が、
「第3レベル呪文……シリアスヒール」

アーサーさんが、自分に回復呪文をかけたのにも驚いたが、それより、カーズさんのマジックミサイルの弾数に驚いた。

一回のマジックミサイルで、おれは一発、アーサーさんが四発、ならカーズさんは十発くらいかなと思っていたらなんと、二十五発だった……

そして、黒龍魔法を出した盗賊魔法使い四人に六発のマジックミサイルが叩き込まれた……四人とも即死だな……あっ1人生きてる……しぶとい。

「GO!」

あっ、カーズさんの一個だけ発射されてないマジックミサイルが、時間差で虫の息の盗賊に、止めを刺した……

あんな使い方出来るんだ……おれ、教えてもらってねぇ……勉強になるなぁ。


あっ、青銅ロボ二体がカーズさんの所に……そして……銀色のロボがアーサーさんに殴りかかった!?

近くには明らかに毛並みの違う盗賊がいる……きっと盗賊団のボスだな……

ロボや盗賊達に色々と命令してるみたいだ。


「コイツも 俺に ダメージ 与えた」

久しぶりの強敵に歓喜するアーサー。
リメインズ軍の大隊長の声がする。

「この化け物戦士をテラストラムとギガストラム5体で抑える! ……その間に化け物魔導士をギガストラム二体で捕らえて人質にしろ!」


うわぁ、カーズさんとアーサーさんを化け物扱いだよ……否定はしないけど……でもカーズさん、大丈夫かな……

とカーズさんを見ると、珍しくカーズさんも何か企みの笑顔を浮かべている。

「第7レベル呪文……フォースソード」

ちょ、ちょっとまってカーズさん……第7レベル呪文って初めて聞いたんですけど……う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!


キンジが見たものは、カーズの召喚したフォースソード……見た目はスターウ○ーズのライトセイバーであった。

「じぇ……ジェ○イの騎士だぁぁぁぁぁ!」

あっやべぇ 思わず叫んじまった……カーズさん何なんですか貴方は……ジ○ダイの騎士そっくりじゃないか……カッケー! メガカッケー!


『ヴォン、ヴォン』と音を鳴らしながら、カーズさんがメチャメチャ速い剣さばきで、2体の青銅ロボを圧倒している……おれカーズさんの弟子で良かった……


ギガストラムがカーズに向かって光線を吐き出すが、カーズのフォースソードに光線が吸収される。

うわっ? カーズさんのライトセイバー、青銅ロボの光線まで受け止めた……格好良過ぎて、鼻水まで出てきたよ……


アーサーさんは……アーサーさんも銀色ロボと青銅ロボを押してるけど……なかなか壊れない……あのロボも恐ろしいくらい頑丈だ……ヤッパリ一対六は厳しいのか……



アーサーの攻撃が、テラストラムをも傷つけるが、テラストラムはみるみる内に再生していく。
しかし、アーサーの攻撃にギガストラムの再生は追い付かない。
一体また一体とギガストラムが倒れていく……
そして、ついにテラストラムと一対一になった。



しばらくアーサーさんと銀色ロボの一騎打が続いた……
その間、散り散りに展開している、灰色ロボを各個撃破するカーズさん……凄い動きが速い……これが戦闘モードのカーズさんか……今まで口しか出してなかったから、運動は苦手なのかと勘違いしてました。
本当すいません、これからはもっと本気で農業します。


「ふふっ 堪能 した 満足」

なんて言ったアーサーさんが、距離を一瞬空け、そして距離を詰めた。
「王神流 奥義 阿僧祇(あそうぎ)


アーサーさんが、必殺技っぽいのを出したら、銀色ロボが二つになった……アーサーさんが勝った……

間髪入れずにカーズさんが叫ぶ。
「アーサー! 残党狩りだ、三倍返しだ! 後は殺すな! 第1レベル呪文……マジックミサイル!」


カーズさん、盗賊団の棟梁っぽいの1人にマジックミサイル二十五発全部、叩き込んだよ……完璧に死んだな……
カーズさんにかかったら、第1レベルでも極悪だな。



この後はもう、盗賊団に同情するしか無かった。

まるで、デブニート対スプリンターの鬼ごっこの様だ。
逃げ惑う盗賊団に追いかけるアーサーさん……カーズさんはもうサボって馬車の近くで休憩中……
いつものカーズさんに戻ってしまった……『ジェダ○の騎士』モード、かっこよかったのに……


しばらくして、満足そうにアーサーさんが帰ってきた。

「また 連れて来い 言った」


うわぁ アーサーさん嬉しそう……


一人生き残った商人が 震えながら礼を言う。

「あ、あの……ここここの度は……いいいいい命を助けていいただき……あああありがとうございます」

商人、びびりまくってるなぁ……まあアレを見たら無理無いよなぁ……
おれだって初めの頃は、腰抜かしまくってたからなぁ。


「うん、気にしなくていいよ、こっちもあまりの人数に、守ってる場合じゃ無かったからね」

「でも カーズ 最後 2人 守った」


えっ? あれって休憩じゃ無かったの? ガーン! またしてもカーズさんを勘違いしてました。


「しかし、二人の本気の戦いは凄いっす、おれ感動したっす」

カーズさんは、
「えっ? 本気? あっ……そうだな……まあ、凄かったか?」


あれぇ? カーズさんの反応がおかしい……まさか、あれで本気じゃないとか……まさかね……
おれは、アーサーさんにも話しかける。

「アーサーさんの本気も、見せてもらいました。おれ、感動したっす」


「俺 本気で 走った」
満足気なアーサーさん……

あれ? 本気なの走りだけ? アーサーさんの言い間違いだよね? ね?



しかし、この後が色々と面倒だった。
商品を納品したおれたちは、マルクズィヤ魔導連邦のお偉いさんに捕まり……

実は『盗賊団』じゃなく隣国の『軍隊』だった事を聞いた。

事情の説明、食事会、協力要請、など面倒な事てんこ盛りだった。

結果、カーズさんは守備に関しての協力だけ引き受けて、後は全部断ったらしい。

まあおれは、この国に来てから至れり尽くせりだから、居心地良かったんだけど仕方ないか……


そんなわけで、今回の話しはここまでだ。

えっ? おれの異世界奮闘記?
命がけで、カーズさんとアーサーさんを見てたじゃんか……それで充分だろ? ……じゃまたな。
ちなみに、この読者で、ス○ーウォーズしってる人いますかぁ?

いなかったらおおはずしですよね。

では。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ