挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に巻き添え召喚されました 作者:鹿鳴館

一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/163

異世界コラボ 1#異世界無能者

笠平様の作品『異世界無能者』 とのコラボです。
興味が無い方は、そのまま30話に飛んでください。
違和感のほとんど無いようにしてあります。
 真視点

 小さな宝箱に、表札の様に書かれている『笠平殿』の三文字。

 怪しい……怪しすぎる。
 この異世界で日本語のプレートなんて、まずあり得ない。

 もし開けたら、元の世界に戻るんじゃないだろうか……

 みんなを見ると脂汗を流してる、僕と同じ考えの様だ。

 いや、マーニャだけ違う。
 少女漫画の様に瞳が輝いている……マーニャを見てると、嫌な予感しかしない。

 マーニャが宝箱に触れようとする。
「どんな罠が有るのかなぁ……ドキドキ」


 確信犯かよ! マーニャに近いのは……ブライとユリウスだ。

 僕は里美と手を繋ぎ
「ブライ、ユリウス!マーニャを止めて!」

「ま、まて、待つんだマーニャ」
 ブライアンが、慌ててマーニャに駆け寄る。

「爆発のトラップだったらどうするんだよ!」
 ユリウスも慌ててマーニャを止めに入る。

「大丈夫、大丈夫、きっと名前からしてヘンテコな罠よ」

 だから、罠とわかって開けるなよ……


 ランディさんは……駄目だ、マーニャと同じ瞳をしてる……マーニャがいなかったら、きっとランディさんが同じ事をしていたかも……

「何が出るかなぁ」
 ブライ、ユリウス間に合ってくれ……

 ガチャ、パカリ……ピカッ!
 宝箱が光った、転送のトラップと同じだ。
 今度は、『笠平殿』って魔族が出るのか?

「不味い!次元転移だ」
 あのガルさんが動揺している、危険な罠に違いない。

「ブライアン、真、いつか戻れるから、死ぬんじゃ無いぞ、此方は大丈夫! 『フィンガースネークバインド!』」

 ガルさんの指が 蛇になって、ランディさんと香織さんに絡み付く……ひえぇぇ

「き、きゃあぁ!」
 香織さんは悲鳴を上げてる。僕だって悲鳴を上げたかもしれないよ。
 あれは正直恐い。


 光が、全体を包んで何も見えない……

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 私は今、やっておきたい事がある。

 そう、実行に移さねばならない……

 他の先生方や 校長先生には悪いが、本日計画を実行に移すときが来た。

 今まで大切に保管していた、最高級のウイスキー 『ナポレオン21世』、そして極秘に入手した 富士山の雪解け水と 南極の氷 ……

 ついに飲む日が 来たのだ……

 緊張するな……では「いただき……ん?」

 キーーーーーン! ガッシャーン!!

「うわぁっ! 何なのだぁ~」

 今までお酒が有った筈のテーブルの上に 抱き合う若い男女の姿があった。

「あぁぁぁぁぁぁぁ! 私のお酒ぇぇぇぇ!」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「君達はいったい、どういうつもりなのかね?
 突然出て来て、そして教頭である私の目の前で、不埒な行為……しかも 、しかもだよ 私の秘蔵の酒に、もう2度と手に入らない程の貴重な 水と氷……君達は私にどんな怨みがあって…………コホン、それより 学年とクラス、名前を言いなさい、中型四獣の巣にぶちこんで……おや? 君達はうちの生徒じゃないね? わかるなら事情を説明してもらおう」

 その時、教頭である僕は、報告で伝え聞いていた、校長のあの言葉を思い出した。
『近々もう一波乱あるだろう イレギュラーな来訪者が穴を抉じ開けようとしている』

「いや、私から聞こう。君達はこの世界の人間では無いのだね?なんの為に此処にやってきたのだ?」

 先程からマシンガンの様に喋る教頭に、二人……『真』と『里美』は抱き合う姿勢を崩さずに、
 ただ、ただ、教頭の話を聞いているだけだった。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 時はほぼ同時刻

 エーム連合直下・特殊戦技高等学院 二年次のCクラス。

 そのCクラス 下位6名は 予想外の窮地に陥っていた。

 突然の異変により、学院生はほぼ、中型四獣と呼ばれる 強敵討伐に乗り出していた。

 一年次は 多数の生徒が命を落としたと言う……

 今回は、中型四獣多発の為に、疎かになっていた、小型四獣の巣を殲滅目的で ここまで来た。

 初めは 自分達の成績が芳しくないせいで、小型四獣の殲滅作戦に少なからず愚痴を洩らしていたが、

 巣の奥まで足を運んだ時、自分達の考えの甘さに気づいた。

 此処は、小型四獣の巣が 点在し密集している。『グランドコロニー』だった。

 竜種がいないのは救いだが、
 想像もつかない数々の四獣に戦慄を覚える。

 去年のクラス対抗戦を思い出す……あの時も死者が出た。

 今回は俺達の番かもしれない。
 そんな予感かした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ランディ視点

 どうやら 『次元転送』のトラップだったようだ。

 何故わかるかって? ガルに教えてもらったからだ。

 香織ちゃんが青い顔をして、ガルを見ている。

 ガルの指が蛇に変化した。
 香織ちゃんさぞや恐かっただろう。

 僕は、驚きより懐かしさを感じた。
 きっと ガルがちょくちょく使っていたのかな。

 ん? 今、僕が立っている場所から、時計で2時の方向に何かあるようだ。

「ガル!」

「ああ、興味が有る、行ってみよう」

「ねぇねぇ2人とも、何か見えるの?」
 香織ちゃんには、まだ見えないか……

 3人で軽く走り出す。

 怪獣? そんな感じのモンスターが何かに群がるように進んでいる……

 ガルが「人間が襲われてる……いや戦ってる! 」

 さすがガル……僕より目が良いのか……

 とりあえず、進もう……

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



 やはり多勢に無勢だ……半数が戦闘不能なダメージを受けて、戦線を離脱している。
 
 ここまでか……と思ったら、目の前で爆発がおこった。

 爆発の先には人間が3人やって来きている。

 2人は爆発で動きの鈍った四獣達に止めを……
 1人はまっすぐ自分達のところまで来た。

 救援か? しかしこの状態で、たった3人でとは……たよりない人数だ。
 死体の数が3つ増えるだけかもしれない……


 1人ここまで来た男が喋り出す。
「第3レベル呪文……ヒールサークル」
 すると、自分達6人の怪我が、一瞬にして治ってしまった。

 こ、これは、新型の可念盤?!
 いや、男の人をよく見ても それらしい物は持っていない……では何故……

「よく、今まで頑張った。僕は回復が出来る! 気を取り直してあの怪獣を倒そう!」

 怪獣?もしかして彼らは四獣を知らない? いやそんなことはないはず……しかし、みんなで四獣を倒すのが先だ。
「心強い援軍が来た、もう怖くないぞ!みんな、行くぞ!」
 
「「「おー!」」」

 心にも無いことを言ったが、皆が立ち上がれるなら、いくらでも嘘を付こう。
 疑問は生き残ったら聞けばいい。

「第3レベル呪文……ゴージャスブレス」

 なんだ? 力が溢れる…… あの人はいったい……

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ランディ視点

 信じらない……年端もいかない子供達が、怪獣の群と戦っている。
 マーニャと変わらない年頃の子達が……

 数で圧倒的に負けているが、個々の能力では、怪獣のはるか上をいってる……

 まさか、めちゃくちゃ強い人間達が居る異世界なのかな……なんか嫌だ……

 香織ちゃんは、ガルから『マジックミサイル』と『ファイヤーボール』のスクロールを貰ったらしい。

 スクロールがあれば、スクロール1枚につき1回だけ、低レベルのマジックユーザー呪文が唱えられるらしいのだ。


 香織「大気中の酸素よ、我が魔力と交じり合い爆炎の刃と化せ……ファイヤーボール」

 香織ちゃんの『ファイヤーボール』で死ぬ怪獣は殆ど居ない。
 しかし、動きは鈍くなり次の攻撃の的になる。

「魔法の矢よ 敵を射て……マジックミサイル」
 3つの光の弾が怪獣目掛けて飛ぶ……

 魔法の連続攻撃の前に怪獣は命を落とした。

 中々タフな怪獣だな……しかし、もっと驚くのは、6人の少年達は マジックアイテムひとつで、あの強さか……もしかして危険な異世界にき来てしまったか……



 ~~6人の少年達にたった3人の加勢……だが それはとてつもない加勢だった。

 1人は『ファイヤーボール』で敵の生命力を削り、
 もう1人は 6人の連携を崩しそうな四獣に一撃で殺し、
 さらに1人は、傷つく6人を瞬く間に回復する……

 絶望的な戦いが、一転 時間の問題の戦いに様変わりしていた。~~


 ランディこと僕は、実は……あまり活躍していない…… ちょくちょく回復魔法は掛けるが、 その頻度が、みるみるうちに減って行く。

 ガルが、美味しい所で、一撃で相手のバランスを崩す……そして、6人の若者達……彼らは 一時間前と動きが違う。

 個々の力、連携力、 薄皮であるが、一皮剥けていった、少年達の成長する様は 眩しい……
 はっ?!僕、今 おじさん臭くなかった?

 そして、怪獣が最後の一匹に為った時「最後は、僕に殺らせて~、僕だけ活躍してないの~」


 体勢を崩す8人……僕、変なこと言った?

 ……
 …………
 ………………

 1人対1匹の戦いは 10分以上も続いている、どうやら彼の持つ武器では、四獣にはダメージを与えられない様だ……しかし、彼の容赦ない攻撃に四獣も成す術が無く 一方的に殴られている。
 彼も自分の武器では、ダメージを与えられない……それはわかっているはずなのだが、どこかむきになっている。

 6人の少年は 加勢を忘れ、その体術に驚いていた。

「ねえ、ランディ……」とうとう女の人が、声を掛ける……

 すると……
「わかったよ 僕のメイスじゃ倒せませんよ! ちくしょう! 第4レベル呪文……リバース……コーズデス」
  男は四獣に触れる…… 四獣は眠ったように動かなくなってしまった。
 
 6人は不思議そうに どうなったのか聞く。

 男は「僕の武器じゃ倒せないから、直接命を奪った」と言った……

 驚愕する6人と1人の女。


 6人の内1人が、「助けてくれてありがとうございます。学院から来た援軍ですか?」

「いや、僕達はただの迷子だ、助けられたついでに僕達を助けてくれ」

「はぁ?」×6


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「では別の世界から迷い込んだって事なんですか」

「そうなんだよ、そして困ってる所に君たちが戦ってるのを見つけたんだよ」

「あっ着きました。ここが僕達の在籍してる学院『エーム高等学院』です」

「ようこそ『エーム学院』へ!」×6


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ