挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界に巻き添え召喚されました 作者:鹿鳴館

四章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

119/163

110#3つの密室

説明回です。
エスケープゲームの3つの部屋の紹介をします。


其の1

【一繋ぎの鎖】

この部屋はゲームの起点となる部屋で、6人の首に鎖で繋がれた状態でスタートします。

それぞれの鎖は不思議な構造で、1つに繋がっています。

一人が鎖を引くと、残りの5人が引っ張られる構造になっています。

正面の壁には首輪を外す鍵がそれぞれ掛かっています。

反対側の鎖が延びている壁には、鋭い刃物が剣山の様になっていて、当然深く刺さると死んでしまいます。

鎖の稼働距離は、人1人が刃物の壁にグッサリと
刺されば、5人は辛うじて鍵に手が届きます。

2人の人がチクッと刺さる程度なら、残りの4人は余裕で鍵に手が届きます。

ゲームが開始(鎖が稼働状態)されてから、3分後に室内は爆発してしまい、その間に首輪を外して次の部屋に避難しないと、爆発に巻き込まれて死亡してしまいます。


其の2

【人減らしの薬】

この部屋は生き残りの人数マイナス1本分の解毒薬が出現します。

この部屋の空気は致死性の毒で汚染されています。
この毒は若干効き目が遅く、死に至る約一時間前から自覚症状がでます。

運営側が自覚症状を確認すると、解毒薬のある小部屋を出現させます。
小部屋は1度入室すると時間になるまで開きません

薬が出現してから100分後に次の部屋の扉が開かれます。


其の3

【生け贄の祭壇】

この部屋には短剣、槍、大ハンマー、斧が6本づつ置いてあり、部屋の中央に人を繋ぐ拘束ようの十字架が2人分あります。

この部屋の扉が開かれてから、100分後に部屋は爆発します。

十字架に、2人の生け贄を捧げると最後の扉が開かれ、エスケープゲームはクリアとなります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この様子を、特権階級の人間は、賭けをしながら眺めています。

果たして、今回は誰が生き残るのでしょうか?


勿論 誰も生き残らない例もあります。
【一繋ぎの鎖】の部屋では、錯乱状態になった参加者の力が拮抗していまい、2分後に全員死亡したり。

【生け贄の祭壇】の部屋では、武器を手に取り相討ちになって全員死亡したり、其の度に観戦者は興奮していました。

では、改めて今回のゲームの参加者を紹介します。


Aチーム

青森海斗(あおもりかいと) 25歳。
職業、下っぱプロレスラー。
性格、少々悪し。

秋田大和(あきたやまと) 21歳。
職業、会社員。
性格、自分に余裕がある時のみ優しい。
このゲームが殺人ゲームだと言う情報を入手している。

岩手拓巳(いわてたくみ) 23歳。
職業、会社員(実は雑誌の出版社の潜入記者)
性格、情に厚いが小心者。
小型カメラとボイスレコーダーを持ち込んで、謎の殺人ゲームを調べる。

山形葵(やまがたあおい) 21歳。
職業、派遣社員(受付嬢)。
性格、高飛車。
持ち前の美貌で男を手玉に取る様な女性。
高飛車な女であるが、か弱いふりをして誤魔化せる知能がある。

宮城陸(みやぎりく) 22歳。
職業、無職。
性格、無情。
不良であるが、感がやたら鋭い。
しかも強い。

福島美月(ふくしまみつき) 20歳。
職業、会社員(事務職)
性格、周囲に流されやすい。
社交界に夢見て参加。
料理が得意。


Bチーム

富山健太(とやまけんた) 20歳。
職業、アルバイト。
性格、短気 短絡的
頭の悪さ以外は全て人並み。

福井麻紀(ふくいまき)20歳。
職業、無職。
性格、お気楽、考え無し。
カラオケの持ち歌のみ上手。

石川かなた 20歳。
職業、アルバイト3つ掛け持ち。
性格、真面目 家族思い。
多くの仕事を経験したせいか、年齢に見会わない知識を持っている。

石川まどか 17歳。
職業、高校生。
性格、お転婆 兄思い。
兄の負担を減らすため、常に学年トップを維持して学費が半額の特待生となっている。

新潟秀次(にいがたひでつぐ) 31歳。
職業、会社員(平社員)
性格、臆病。
物忘れが激しく、整理整頓が出来ないため、永遠の平社員と呼ばれている。
これでも様々な図鑑が好きで、雑学の知識は豊富だ。

新潟雅子(にいがたまさこ) 28歳。
職業、主婦兼アルバイト。
性格、小心者。
若い頃、悪い男に酷い目に合った経験があり、その影響で温厚そうな新潟秀次と結婚。
しかし、新潟秀次は社会的には無能だったため、かなり貧しい生活を強いられる。

さあ、誰が生き残るか、貴方も貴女も当ててみましょう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ