挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女クリスタル 作者:雨宮ヤスミ

断章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/67

ただしさ -中



「お嬢、あんたのことはオリエさんから聞いてたよ」

 リビングに通されたスミレとアキナは、勧められるままソファに座った。そこにシイナは、オレンジジュースを入れたコップを三つ運んで来た。

「『計画』の最後の楔、自分の覚悟を固めるための『子羊』なんだと言ってた」

 その言葉を聞いたスミレの耳にオリエの声が蘇る。

(あなたは『計画』のための子羊。正しく『計画』が遂行されるための特別な存在なの)

 「子羊」というキーワードを知っているということは、アキナの言うように、このシイナは本当にオリエの仲間だったのだろう。

「『子羊』? どういう意味だ?」
「生贄ってことさ」

 アキナの問いに、シイナは意味ほどの重さがない口ぶりで答えた。

「お嬢に『計画』の最後に『ディスト』を産ませるってことさね。そいつを暴れさせて、『エクサラント』の支配する(ふる)い世界への手向けにするってさ」
「ミリカが言っていたのは、そういうことか……」

 ん、何? とシイナは聞き返す。アキナは少し目を泳がせてから、「ミリカってヤツがいるんだが……」と、少し未来の平行世界から彼女が来た話をした。

「はーっ、あの子がねえ……。にしたって、『エクサラント』も必死だわさ。オリエさんの『計画』を止めるためにそこまでするのかい」

 呆れを通り越して感心すらこもった口調でシイナは肩をすくめる。

「結局お前らが来て、有耶無耶になったがな」
「だよねえ。えらくリスクを冒したもんだが……」

 少し首を傾げ、シイナはしかし「まあいいや」と座り直した。

「仲間だったのはわかったよ」

 オレンジジュースに口をつけず、スミレはその表面をじっと見つめている。

「じゃあさ、何でオリエを殺したの?」
「立場が変わったから、かな」
「立場?」

 スミレは顔を上げた。アキナはそれを一瞥すると、ジュースを一口飲んだ。

「そう、立場。仲間『だった』ってことはさ、今は仲間じゃないってことじゃんよ」
「何それ?」

 パチリ、とスミレの肩の辺りで何かが弾ける音がした。

「スミレ押さえろ、約束しただろ」

 そちらを向かずにアキナはどこか投げやりな口調で言った。

「そんなのおかしいよ!」
「なんでさ」

 吠えるスミレを、シイナはニヤニヤと見やる。

「どうおかしいのか言ってみな、お嬢」
「だって、仲間だったんでしょ? それが立場とか、変わったって、殺したりするなんて、そんなの全然正しくないよ!」

 違うの!? スミレの吐き出した言葉をいなすように、シイナは首を横に振った。

「やれやれ……。正しいとか正しくないとか、まーだそんなこと言ってんのか。せっかく仇討ちごっこに付き合って、殺されたフリをしてやったのに、首輪は外せないままかい?」
「フリだったから失敗してんじゃないのか」

 アキナは、隣のスミレの感情など、どこ吹く風、いや遠雷だとでも思っているかのような口調であった。

「アッキー、あんた今度はあたしに死ねってのかい?」
「お前が必要だと思ってんなら、そうしろよ。命をベッドするから面白いんだろ?」

「他人の人生のために、自分の命は張ってらんないね」
「だけど命も懸けずにさ、誰かの人生を変えようなんてのは、虫のいい話じゃないか?」

 そう言って、アキナはジュースを飲み干した。

「あんたの方がよっぽど物騒だよ」

 シイナは肩をすくめると、「おかわりはちょっと待っててに」とスミレの方に向き直る。

 スミレは拳を固く握って、シイナの方を見ていた。約束約束、と口の中で繰り返している。

「お嬢、例えばだよ? オリエさんの『計画』ってのはさ、『エクサラント』から見たらどう見えるよ?」
「知らない!」

 ちゃんと答えな、とシイナは口元から笑みを消した。

「じゃあ質問を変えるよ。毛玉の気持ちなんてわからんって言われたら、それまでだしね」

 シイナはアキナの空のコップと、自分の口をつけていないジュースを取り換えた。

「何だよ?」
「ちょっと協力しな、アッキー。あんたの意見も聞かせてくれ」

 いいよ、と遠慮なくアキナはコップに口をつける。

「オリエさんね、お嬢のことすごく心配してたんだよ。あたしにそれを教えてくれたのは、そう――ちょうどアッキーが先代の風の『ディストキーパー』のエリりんの彼氏を、駅前で焼き殺した日だった……」

 急にそんな話題が出たので、アキナは少しむせた。

「あの時は、すぐにあんたを『ディストキーパー』にして、今の状況から救ってあげたいってそう思ってたんじゃないかねぇ。何せ、当時の風の『ディストキーパー』を殺してでも、って勢いだったからさ」

「だから何?」

 スミレは口を尖らせる。

「オリエも仲間を殺そうとしてたから、一緒だってこと? そんなの、す、すい……」
「推測にすぎないねえ」

 あたしが言いたいのはそこじゃない、とシイナはアキナに目をやる。

「どうかね、アッキー。『ディストキーパー』にして救ってやるって、どう思うよ?」
「……そこを聞かれるとは思わなかったな」

 アキナは頭をかいた。

「そうだなあ……。あたしが戦った、お前ら『カオスブリンガー』の仲間、竹原ヒカリが言ってたんだが……」
「ペリちん――ペリドットだね」

 アキナは「確かそう名乗ってたか」とうなずいて続ける。

「あいつはあたしが不幸になるように、って願って、『ディストキーパー』になったんだってよ。だからあたしが復讐されたのは、あいつの願いだったんだよ」

 怖いよな。苦笑混じりにアキナはつぶやく。

「その人、オリエとは真逆だね」

 呆れたようなスミレの言葉に、アキナは首を横に振った。

「そうかな? あたしには同じに見えるよ」
「同じ?」
「オリエが、スミレの不幸をとりのぞくために『ディストキーパー』にするって方法をとったのは、自分の『計画』のためじゃないか」

 結果的に不幸は一時取り除かれたのだろう。けれど、そのために「ディストキーパー」として戦うことになってしまった、とアキナは指摘する。

「しなくていい戦いに巻き込んで『救った』なんて、おかしいだろ」

 スミレは「でも……」と言いかけて、しかし二の句が継げない。

 「最初の改変」で、スミレの不幸はなくなっただろうか。もしそうなら、今学校が楽しくないのは何故だろう。痛い思いをして「ディストキーパー」になったのに、水島ランではないが「割に合わない」と思う。

 でも? と聞き返されて、スミレは何とか言葉を探した。

「……アキちゃんは、『ディストキーパー』になるって、正しいことだとは思わないの?」
「いい方法だとは思わないよ」

 バッサリとアキナは切り捨てた。

「あたしにしたって、ペ……えーと竹原にしたって、『ディストキーパー』になる必要なんて、どこにもなかった。竹原はスネてないで空手続けりゃよかったし、そしたらあたしにも『ディストキーパー』になる理由は生まれない」

 それはお前も同じさ。アキナはスミレの方に体を向けた。

「オリエ先輩が除こうとしたお前の不幸を、あたしは知らないよ。だけどさ、もっと方法があったんじゃないのか?」

 今度こそ、スミレは何も言えなかった。心の中起こった渦巻きの形を、ぴったり言い当てられてしまったから。

 唇を噛むスミレを見てか、シイナが口を挟んだ。

「そいつは強者の論理だぜ、アッキー」

 アキナはシイナに顔を向けた。

「それこそペリちん、ペリドットはこんなこと言ってたよ」

(『ディストキーパー』なんて所詮は負け犬だ。誰かに願いを叶えてもらおうなんて負けた側の――弱者の論理だ)

 あたしもそう思う、とシイナは目を閉じる。閉じたまま、「じゃあさあ」と続けた。

「強者が選ぶ正しいものだけが、この世にあっていいものなのかい? 強いものだけが正しく、この世で幅を利かせていいのかい? そんな世の中、今以上の地獄だともあたしは思うがね」

 強いことは、正しいこと。そうなのだろうか。スミレは俯いたまま考えを巡らせる。正しいものは強いとは思っていた。正しいから、強いのだと。それは自分のことで、オリエのことだった。正しくないもの――例えばランとか、往時のミリカとか――は、必ず滅ぼされる脆いものだとも思っていた。

 それらが、間違っているが故に。

「『カオスブリンガー』ってのは、強くなるために他の『ディストキーパー』を殺すんだろ? 強さを正しさだと信じてるんじゃないのか?」

 アキナの投げかけに、ちょっと違うね、とシイナは目を開く。

「正しいのが強いんじゃない。強くなることが正しいのでもない。もちろん、弱いものが正しいわけでもない」

 そもそも――とシイナは大きく息を吐いた。

「『カオスブリンガー』は、正しいかどうかなんて知ったこっちゃないんだよ。特に、自分の外で決められちまうようなそれにはね」

 あんたの首に巻きついてるやつさ、とシイナはスミレを指した。

 スミレは喉の辺りを触った。たとえ話だというのはわかっているが、太い何かが巻き付いているような感覚があった。

 アキナはまた、シイナに相対するように座り直した。

「じゃあ何で、強さを求めるんだよ」
「強ければ、できることが増えるからさ。できることが増えれば、選べることも増えるからさ。色んなことができて、色んな道が選べたら楽しいだろ? だからあたし達は、強くなりたいんだよ」

 はーっ、と感心したような、あるいはため息のような、そんな声をアキナは上げた。

「……ま、わからなくはないな」
「でしょ? アッキーならそう言うと思ったよ」

 一緒に来る? という問いを、アキナは「バカ言うなよ」と一蹴した。

「ですよねー」

 そう笑いながら、シイナはスミレに目を向けた。スミレは、首に巻きついた目に見えないそれを握りしめるように、両拳を喉にあてている。

「あー……首に巻きついてるってのは、もののたとえでさ――」
「ねえ」

 言葉の途中で、スミレはシイナの顔を見上げた。

「正しさって、なんなの?」

 それは分かっていたことのはずで、結局知らずに口にしていただけのことなのかもしれない。今、それがこの首を絞めているのなのか。スミレは知りたくなっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ