挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
深淵少女クリスタル 作者:雨宮ヤスミ

[十五]さよならの準備

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/67

15-4

「選別型結界の設置を確認。猟場から獲物が逃走することは不可能」
 

 冗談じゃない。水島ランは今日何度目になるか分からないつぶやきをもらす。

 背中には大きなリュックサックを背負い、人目を避けるように帽子を目深にかぶって、足早に駅を目指していた。

 戦う? バカげてる、そんなの考えられない。スミレはともかく、キミちゃんもミリカもどうかしている。

 アキナなんて、案の定一人だけ生き延びそうだし。生き残って、あたしらの死体の前で芝居がかって泣き出すんだ。これがマンガか何かなら、きっとアキナが主人公なんだろう。

 世の中には、敵わないものがたくさんある。まともに勝負しちゃ、こっちがバカを見るものばっかりだ。ランは身に染みて知っていた。

 それをランに刻み付けたのは、実の姉であるアイのピアノだった。

 アイはピアノを六歳で始めた。周りに比べて遅いスタートだったが、アイはめきめき上達した。その教室どころか、県で一番上手いとすら言われた。

 小学校六年で全国コンクールに入賞し、その後も順調に音楽の道を邁進していく。

 そして大学一年のこの春、さる巨匠に招かれてドイツへ留学した。

 ランは三歳でピアノを始めた。アイが始めるのが遅くてあの腕なのなら、早く始めさせたら妹は、どれほど上手くなるだろう。そんな期待をされたのだと、今となっては思う。

 結果は、惨憺たるものだった。

 悪くもないが、良くもない。普通。

 それが初めの頃に姉を指導し、ランの担当にもなった先生からの評価だった。

 その時の大人たちの落胆は、ランの中に焼き付いている。

 母親はそれでもランに期待し、どんどん練習をするように尻を叩いた。それは追い立てるという意味でもあり、事実そうされたという意味でもある。

(アイの時は、この頃に個人レッスンに移っていたわ。ランも個人レッスンにしましょう)

(アイの時はそんな簡単な曲はやらなかったはずよ。もっと難しいのをやらせないと)

 ランよりも、母親の方が血眼になってアイを追いかけているようだった。

 だが、それでどうにかなるものではなかった。アイとランの間には、それほどに大きな才能の隔たりがあったのかもしれない。

 小学六年生の時、姉が入賞した全国コンクールに応募させられた。ピアノの先生は「やめておいた方がいい」と言っていたが、母親が強行した。

 結果は事前審査にすら通らず、舞台に上がることすら許されないという厳しいものだった。

 ダメな子ね。

 母親は泣いているランにそう追い打ちをかけた。

 泣いてる暇があったら練習なさいよ。

 突き飛ばされ、蹴り転がされ、尻を叩かれた。父親があの時帰ってこなければ、殺されていたかもしれないとランは思っている。

 審査落ちしてから最初のピアノ教室の日、ランは初めてレッスンをサボった。教室の前までは行ったが、その見慣れたドアを開くのが、無性に恐ろしくなったのだ。

 母親は烈火のごとく怒った。また父親が間に入って止めてくれた。

 そしてランはピアノを辞めた。父親が辞めさせてくれた。

 ランの母親は、その後完全に次女から興味をなくしたようで、アイだけに心血を注ぐようになる。

(やりたくないんなら、もういいんだ。お前には、お前だけにできることがあるのだから)

 父親はそう言った。

(ランちゃん自身の音を、大切にしてあげてください)

 ピアノの先生はそう言った。

 だが、できることなど、自分の音など、具体的にはまったく分からない。ずっと分からないままここまで来てしまった。

 アイが妹についてどう思っているのか、ランは知らない。歳の離れた姉妹だし、アイ自体が少し浮き世離れした雰囲気で、ランはピアノのことがなくても苦手だった。

 だからだろうか。アイにはできないもの、できないことを、いつしかランは探すようになっていた。それが自分の領分だと思い込もうとしていた。

 例えば、マイペースで芸術家肌の姉は、その性格ゆえに友達が少ない。

 ならば、とランは中学に入ってから、クラスの中心になることを目指し始める。

 立場や発言力の強そうなクラスメイトに取り入り、おもねり、自分もその場所を得る。

 そのためなら、誰を傷つけたって構わない。たとえ、姉と同じようにクラスに上手く馴染めない、そして姉のような寄る辺を持たない子だろうと。

 姉のしなかった生き方をして、姉の人生を一つ否定したかったのかもしれない。

 それで何を得たわけでもない。むしろ失ったものの方が多いような気さえする。

 周りに振り回され、なりたくもないようなヤツと友達になり、友達とも言えないような扱いを受けてきた。

 その末路が「ディストキーパー」だ。そのせいで、あんな連中につけ狙われる羽目になる。

 全部間違いだらけだ。

 ランは「最初の改変」で殺したクラスメイトを、姉を、母を恨んだ。

 こんなことなら、何もしない方がよかったんだ。

 ランは駅にたどり着いた。帰ってすぐ荷造りして、大通りでなく裏道を抜けて、ここまでやってきた。

 猶予を与える? 何様のつもりだ。ランは目深に帽子を被り直した。その間に電車に乗ってしまえばいい。そして逃げるのだ。あのピアノ教室最後の日、そうしたように。

 駅のコンコースに入ろうとして、ランは何かに頭をぶつけた。

「っつう……!?」

 顔を上げたが何もない。だが、前にも進めない。

「ちょっと、どうなってるのよ、これ……!」

 ランの目の前に、見えない壁が立ち塞がっている。ちょうど、駅のコンコースに立ち入るのを阻む形で。

 ランは壁を叩いた。びくともしない。虚空に拳を振るランをいぶかしげな視線を向けながら、一人の老人が彼女の隣を抜き去っていく。

「え……!?」

 あわてて老人の通った辺りから抜けようとしたが、やはり壁がある。伝っていくと、かなり長いようだ。壁ではなく塀と考えた方がいい。

 だが、駅から出てくる人々も、駅に向かう人たちも、みんな問題なく行き来している。壁の存在を感じているのは、ランだけだった。

(ちょっと、ヤバくない、アレ?)
(目、合わせちゃダメよ)
(指差すなよ、こっち来たらどうすんだよ)

 ささやきかわす声が耳に入ってくる。

 自分のしていることが、滑稽なパントマイムにしか見えないことにランは気付き、赤くなってすぐに壁から離れた。

「無駄」

 はっきりと、こちらに向けられた声にビクリとして、ランは振り向く。

「駅から逃亡を企図するものがいるという経験則、今回も的中の模様」

 妙に固い言葉を並べる、メガネをかけた小柄な少女。どこかで見覚えがあった。

「97%の確率で、鱶ヶ渕の『ディストキーパー』と推定。質問がある、回答を……」

 「ディストキーパー」という単語を聞くや否や、ランは弾かれたように走り出していた。

「選別型結界の設置を確認。猟場から獲物が逃走することは不可能」

 メガネの少女――「カオスブリンガー」のインカローズの言う「選別型結界」とは、見えないこの塀のことだろう。

 ランは結界に行く手を何度か阻まれながら走る。それを追うインカローズの足取りは、あくまでゆっくりだった。

 とにかく結界を避けて、と走る内に、ランは駅舎の奥、行き止まりに入り込んでしまった。

 何で駅の方に逃げちゃったんだ。歯噛みして引き返そうと踵を返す。

「自発的に袋小路へ進入するとは」
「くっ……!」

 右手と背後は駅舎の壁、左手側はフェンスと背の高い植え込み、そして正面にはインカローズが立ち塞がる。

「飛行能力は不所持と判断。結論、逃走は不可能」

 機械的に聞こえる口調の向こうに、恐ろしい気配が感じられるようだった。気圧されるように、ランは後ずさる。下がった分だけ、インカローズは距離を詰めてくる。かかとが背後の壁についた。これ以上、下がることができない。

 爪先の触れる程の距離で立ち止まったインカローズは、無表情な暗い目でランを見上げる。

「質問への回答を要求」

 ランは首を縦に振った。涙が出そうだった。

「緑の女の住所は?」

 緑の、女? 何のことか分からなかった。答えないランの額に、インカローズは無造作に人差し指を押し付けた。

「熱ッッ!?」

 飛び上がって、ランは壁に後頭部を打ち付けた。

 何よ今の!? 正面と後ろから来る二種類の痛みに、ランは目を白黒させる。火の点いたタバコを押し付けられたかのようだ。

「五秒以内に返答がない場合、及び返答内容が文脈的に無意味と判断される場合、当該の刑罰を執行する」

 赤く熱を放つ人差し指をランの眼前に突きつけて、インカローズは言い放つ。

「返答は?」
「は、はいィィ!」

 震え声で応えたランに鼻を鳴らし、インカローズは同じ質問をする。

「緑の女の住所は?」

 だから誰だよ! と心の中で叫んだ時、ようやく閃いた。

「み、み、ミリカですか?」

 持ち上げかけていた右手をインカローズは下げた。内心、ホッとしながらも、ランはそのことに苛立つ。

 何であたしが、こんな陰キャラ丸出しのクソ地味メガネ女に、ビビらなきゃいけないんだ。しかも、敬語まで使って。

 クラスにいたらこんな見てくれのヤツ、絶対カースト最下位なのに!

「名前はミリカ……。名字は?」
「葉山……」
「住所は?」

 そう言えば知らない。何丁目何番地何号どころか、どの辺りに住んでいるのかすら知らない。一緒に帰ったりもするが、途中で別れるから分からない。

 躊躇している間に五秒が過ぎた。

「ぎゃぁあぁ!?」

 今度は首筋に二本、灼熱した指が押し当てられた。

庇保(ひほう)する算段か」
「知ら、知らな……」
「返答内容を無効と判断」

 押し付けられる指は三本に増えた。喉が涸れるぐらいの絶叫をランは上げた。

 何であたしがこんな目に。冗談じゃないぞ、本当に。

 熱さと痛みで意識が朦朧としてきた。脈絡のない考えが頭の中を浮遊しては消える。

 そう言えば、ここって。ちょっと前に焼身自殺した男がいたんだっけか。あたしが今焼かれてるのは、その呪いなんだろうか。

 誰が目の前にいて、何に傷つけられているのか。ぼんやりした思考の中で、どんどん曖昧になっていく。

「気絶は不許可」

 インカローズはランの服をめくり上げた。露出した腹に広げた手を近づける。

「これで覚醒し、素直になるか?」

 一際強い熱をもったその手が、ランの腹の皮を焼くその寸前、空から声が降ってきた。

「止めなよ、インカローズ」

 駅舎の上から飛び降りてきたのは、目立つブーツを履いた少女――「カオスブリンガー」のペリドットであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ