挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ほしをさくねこ

作者:飴乃ちはれ
 どうにもこうにも、具合が悪い。
 さすっている腹の方ではない。その下の寝床のことである。
 手を変え足を変え、もぞりもぞりと落ち着く場所を探ってみたが、やはりふこふことした感触が足りず、腹から尾までの座りが悪い。
 やれやれ、仕方なく立ち上がった。
 猫たるもの、日がな一日ごろごろと惰眠を貪り、あらゆる面倒を飼主げぼくに世話させてやるものだというに、こういう些細なところで飼主は実に気が利かない。
 まあ良い。寝床のふこふこが足りぬというのなら、自力で調達するくらい容易いことよ。
 取りいだしたるはティッシュ箱。触るな、と言われていた気もするが知ったことではない。
 白いびらびらに噛みついて、引っ張り出しては爪で裂く。
 ぢぢりぢり、ぢぢりぢり。
 千切れても薄いびらびらは、重ねたところでしれている。どんどんと引っ張り出しては、両手を振るい千切っていく。
 ――ふと、耳慣れぬ音がした。ふつりというかふちりというか、そんな音だ。
 足の方(今さらだが人間が前脚と呼ぶ場所は手のことである。後ろ脚と呼ぶ場所だけが足なのだ)を見ると、爪にびらびらの一部が引っかかっている。踏み止めてゆっくり爪を引くと、ふつり、ふつん、と音を立てた。
 何と、これだけで音が変わるのか!
 毛の立つ震えが尾の先まで走る。こっかん、と派手な音をたてる缶詰ではなく、つつり、と静かに開いた袋から、食べ物がこぼれ出た時以来の震えである。
 ちょうど箱のびらびらも尽きたので、今度はチラシとかいうつるつるの紙を探してみた。こちらも速く裂くと、じざざざじっ、と音がするが、ゆっくりすると、ぴつ、ぴつ、ぴつ、と音を変える。
 愉快さにぱすぱす尾が揺れて、しかし寝床をふこふこにするにはまだ足りない。
 もっともっと千切らねば。
 チラシの封筒は、ばざばざ、ぢびぢび。
 ゆれる新聞は、ざじゃばじゃ、びつべつ。
 布団は、ずざざん、ぺすぺす、と裂け、その先でベッドは、ぱきぴし、ぽこぽこ、と白い千切れ跡をつけていく。
 ――ふむ、これらも千切れるのか。それならば……
 空を噛み、部屋の空気を一気に割く。壁紙もラックも窓もろとも、タンスもソファーも天井ついでに噛み裂いて、ばじ、ぶり、ざか、べち、かろんかろん、引き千切る音に囲まれる。壁向こうの隣家のご自慢、4K70型テレビとやらまでびつびつ裂いたが、なに、猫のご愛敬というものだろう。
 さて、これだけ千切って働いて、それでもふこふこにはまだ足りない。積んで、集めて、また寄せて、びらびらが全部埋まっても、ちっとも足りない。具合が悪い。
 外はすっかり暗くなり、丸い月が白光を帯びて浮いている。
 月光の差す夜を噛み、一気呵成に千切り上げた。
 あまりに細長く切れたので、月のほとんどは残ったが、真ん中に星のきらめく裂け跡ができた。
 手元に寄せて月を千切ると、ちじちじ、とグラシン紙のような音を立てる。ゆっくりやっても変わらないのは珍しく、気づくとすっかり細かくなっていた。……しまった、細かすぎてふこふこしない。
 さて、まだまだ引き裂き、どこまでも千切り、すっかりまだら模様の夜空の下に、星ごと破片を重ねてみる。
 そこまでしてもまだ足りない。あと少し、どうにも尾の先の座りが悪い。
 仕方なく、星をひとつ蹴転がして、銀河の上に爪をかけた。そのまま下へと振り下ろす!
「ぎゃっ!」
 悲鳴が出た、と気づいた時には尾の毛先まで逆立って、目を押さえ全身が暴れていた。
 勢いもよく引き裂いた瞬間、閃光がほとばしったのだ。カメラとやらのように何百ぺん、いや何千何万べんもの皓光である!
 どうやら銀河は引き裂くたび、強い光を起こすらしい。そう悟るまでに数回同じように暴れまわり、すっかり寝床がダメになってしまった。
 もそもそと寝床を整え、再度銀河を裂きはじめる。ゆっくりと千切れていく銀河は、ぱちばちぴちびち、と音を立て、なにやら魚を鱗ごと裂く様を思わせた。
 こうして、大量に千切った銀河を破片の山にのせ、その上に寝そべってようやく寝床が落ち着いた。
 疲労感にそのまま沈み込む。苦労はあったが、これで穏やかに眠ることができるだろう。
 ……どこかで絹を裂くような音が聞こえた気がするが、なに、後のことなどげぼくに任せておけば良い。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ