挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。 作者:里見ケイシロウ

第53話 変態魔法少女たちの前でカッコいい所見せることできますか!?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

168/187

ここでちょっとブレイク。

 こんばんわ~、里見です。
 私がお漏らし少女が好きになってから早19年でございます。今はこんな童貞の変態野郎に成り下がってしまい、独身の状態が続いています。
 そんな私は今回、愛されるお漏らしシーンとはいったい何か考えて見ました。

1.絶対領域でのお漏らし。

 やはりミニスカートでのお漏らしはかなり性感帯を直撃させますね。ズボンやキュロットなどのボトムスでのお漏らしはいまいち萌えないですね(笑い)

2.女の子同士でキスをしながらおもらし。

 百合の上級編って感じですかね。私はホモではなくて百合好きなんですけどね。
 百合好きの皆様、お目汚しをすみませんでした~!

3.ブルチラしながらお漏らし。

 ブルチラとは、スカートの下にブルマーが見えるというものです。私は小学生時代、ブルチラがたくさん見れるところだったのでまさにパラダイスでしたね。
 そこでお漏らししてくれれば最高なんですけどね。

4.♂が女の子のおっぱいを揉みながらお漏らしさせる。

 簡単に言えば拷問系に近い感じですけどね。あんまり強く揉んでしまうと女の子が苦しくなるからそこは模写しません。

 これが私のお漏らしの正しい条件ですね。もし、私の考えに疑問があるお漏らしスキーさんは感想ページにてどうぞ、喜んで対応させていただきます(笑い)

 最後に一つ、里見から思春期のおこさんをお持ちのユーザー様にお願いがあります。
 小さな子供は変態部のみんなのようにお漏らしを望んでいるわけではありません。
 例えおこさんがお漏らししてしまったら激しく怒らないでください。
 前にも言いましたようにこれは罪ではなく可愛い失敗です。
 お漏らししてしまうとそのことが原因で一生心に傷ができてしまう事だってあるんです。
 だから少しでもいいので慰めてあげてください。
 それでは、また!


---to be continued---
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ