挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。 作者:里見ケイシロウ

第51話 変態少女の必殺技を喰らったらどうなるの!?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

159/187

1部

「覚悟しなさいロリータ帝国! あなたみたいな心が歪んだ連中は私達がミニスカ姿で天からおしっこ漏らしちゃうぞ!」
「身の程を知るがいい、さあ、我が兵士達よ! 力を見せよ!」

 美織の決め台詞の後、ロリカイザー13世は兵士達に奇襲を命じたのだった。
 それを確認した美織は愛理の後ろに回りこんで、そのまま愛理のおっぱいを揉んだのだった。
 すると愛理のスカートから黄色い液体が流れてきて、そのまま足元に流れてきて大きな水たまりができたのだった。愛理は性感帯に刺激を与えてお漏らしを発動させたのだった。

「ロリロリ~! またあの子おしっこ漏らしてるぞ~!」

 すると愛理のおしっこの水溜りから大きな剣が生成されてゆき、やがてその剣はロリータ帝国兵達に向かって襲い掛かってきたのだった。

「ロリロリ~! おしっこでできた剣が我々に襲い掛かってくる~!」

 愛理のおしっこでできた剣がロリータ帝国兵達を切り刻んでゆく。それでもロリータ帝国兵達の数はまだまだ減る事はなかった。
 そこで奏と里奈が前に出てきてお互いに見つめあうと、キスをしながらお漏らしをしたのだった。
 2人のスカートからすでに大量のおしっこが流れている。

「ロリロリ~! 今度は百合キスお漏らしか~?」

 しかしこの後、信じられない事が起こった。
 何とおしっこが動き出してロリータ帝国兵達の身体の中に入り込んでいったのである。奏と里奈のおしっこに自分達の身体を潜入されたロリータ帝国兵達の身体は一気に金属と化していったのだった。

「ロリロリ~! おしっこが身体の中にはいって金属になってしまったぞ~!」

 さらに柚木と友紀が続く。
 柚木は天使の羽を自分の背中に生成して、友紀は悪魔の翼を生成して天高く飛び上がりスカートからおしっこを大量に撒き散らす。
 それを浴びたロリータ帝国兵達はだんだん溶けてゆくのだった。

「ロリロリ~! なんて恐ろしい娘達なんだ~!」

 しかし、ここから真の変態魔法少女の恐ろしい力が発揮される事になる。

「さあ、次は私達の番よ!」

---to be continued---
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ