挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。 作者:里見ケイシロウ

第45話 変態少女の他にまだ秘密を持っていた人がいたんですけど!?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

141/187

ここでちょっとブレイク!

 「僕バス」をご覧の皆様、どうも作者の里見です!
 この作品を連載を始めて3ヶ月がもうすぐ経過しようとしています。

 「僕バス」をお気に入り登録している皆様には、この作品のテーマは一体何なのかお分かりでしょう。

 それは思春期を迎えた女の子のお漏らしです。
 実は私、里見ケイシロウは女の子のお漏らしを見て性的快楽を感じてしまうほどの変態野郎なのです。
 そのきっかけとなったのは私が中学1年生の時(当時12歳)に放映された安達裕美主演のドラマで、セーラー服の女の子がスカートを穿いたままお漏らししてしまうシーンを見て、私の心をストライクしました。
 それ以来私は、女の子のミニスカートでのお漏らしする姿に興味を持つようになりました。
 僕バスを書き始めた理由を、バトン風に語りたいと思います。

1. あなたが今書いている作品のタイトル&ストーリーを教えてくださいませんか?

「僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。」

 織田聖という高校生になったばかりの少年が不老不死のサキュバス美少女である大友美織に出会って女の子のお漏らしを見る楽しさを学んでゆくストーリーです。

2.その作品の主な登場人物を教えてください。

主人公=織田聖

ヒロイン=大友美織・佐竹愛理・龍造寺奏・南部里菜・最上柚木・尼子友紀

3.なぜ、その作品を書こうかと思ったのか教えてください。

女の子のお漏らしは罪ではない事を皆さんに分かってほしかったから&お漏らししてしまった女の子に希望を持って欲しいと思って書き始めました。決して私の性欲を暴走させるためではありません。

4.その作品を書いて、いい事がありましたか?

お気に入りをして下さった人達に感謝しています。まさかPVが80000以上、ユニークが14000までいくとは思いませんでしたね。

5.では、これからどんな展開にしようと思いますか?

変態少女から変態魔法少女にクラスチェンジさせている所ですかね。

6.最後に読者の皆さんに何かお願いはありませんか?

この作品をご覧の皆様、里見ケイシロウです。
お漏らしは決して罪ではありません。ただの失敗です。
家族がお漏らししてしまったら決して怒らないで、優しくしてあげてください。
これが僕のお願いです。

以上、ここでちょっとブレイクを終わります!
それでは~!


---to be continued---
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ