挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。 作者:里見ケイシロウ

第45話 変態少女の他にまだ秘密を持っていた人がいたんですけど!?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

139/187

2部

 慶輔さん達の上司であるドーガ国王とシド指令が僕達が訓練している自衛隊の基地にやってきたのだった。2人は僕達を集めて、慶輔さんの秘密を語ろうとしていた。

「みんな集まったかな? では今から慶輔君達の秘密を話さなくてはならない」
「全て心して聞いて欲しいんだ」

 その言葉を聞いた僕達は緊張した雰囲気になり、背筋が少しだけ凍りついたのだった。
 果たして慶輔さんの秘密とは……?

「実は慶輔君、10年前に両親に殺されてしまってるから死んでいるんだよ」
「え~~~~~~!?」

 その言葉を聞いた僕達は心臓が飛び出るほど驚きの声をあげる。10年前に死んだ人間が今を生きているなんて信じられなかったからだ。

「ちょっと待ってくれ! 何で慶輔さんが死んでいるのにどうやって生き返ってきたんだ!?」
「それは私から説明しよう」

 ドーガ国王がその口を開いて、慶輔さんの説明をしてくれたのだった。

「慶輔が死んだ後、魔法神ラグナが慶輔の死体から記憶をダウンロードして、新しい肉体に埋め込んだんだ。広海や佳恵、麗奈もその方法でこの世界に生き返ったんだ。もちろん、鹿島国際学院に通ってるセシル達もな」
「何ですって!?」

 さらに思いもよらぬ真実が明かされた瞬間だった。もしかしてセシルさん達まで死んだ人間だったとは思いも知らなかったのだ!
 そこで北野君がドーガ国王に質問したのだった。

「ドーガ国王、慶輔さん達はセシルさんの事を知っているんですか?」
「いや、ついこの前まで知らなかったんだ。慶輔達には内緒でセシル達の蘇生を行っていたんだ」

 次に質問をしたのが杉本君だ。

「そのために鹿島国際学院にセシルさん達を通わせたんですか?」
「その通りだ。この事は慶輔に後で言うつもりだったんだがな」

 そこで慶輔さんの言葉が入る。

「僕もシド指令やドーガ国王には新しい妹達ができるって言うからまさかセシルちゃん達のことだったなんて思っていなかったよ」

 するとシド指令がセシルさん達の写真を懐から出したのだった。その写真の内容はセシルさん達が見にスカート姿で可愛くお漏らしするという内容であった。

「みんな、セシル達のお漏らしを何度か見たことあるだろう? 迷惑ではなかったか?」
「いえいえ、迷惑どころか目の保養になりました! こんなスタイルのいい女の子がお漏らししてくれるなんてとても嬉しかったですよ!」

 するとシド指令がセシルさん達の過去を話してくれた。

「実はセシルちゃん達は生前前は超売れっ子のAV女優だったんだよ」
「何ですって!?」

---to be continued---
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ