挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕が出会った美少女達は変態サキュバスでした。 作者:里見ケイシロウ

第39話 変態少女が魔法少女に変わったら駄目ですか!?

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

121/187

3部

 突如美織のおしっこから生まれた伝説の武器と思われる6個の武器。古代書からによるとこの6つの武器は聖なる武器であり、聖水で作られた武器みたいのようだ。
 名前は以下の通りである。

・政宗
・ロンギヌスの槍
・ルーンアクス
・宿命のサジタリウス
・ヴァンパイアキラー
・メイスオブメウス

「なるほど、これが伝説の武器ってわけかい。まさに大友さん達にとっては心強い武器といえるみたいだよな」
「うん、これで戦力が上がっていくみたいだね」

 問題はこれらの武器を美織が使いこなせてくれるかだ。例え美織達が使いこなせなくても僕達が使いこなせばいいだけの話だから問題はないはずである。

「私は政宗を使うわ。腕は剣道で鍛えているから問題ないわ」

 どうやら美織は政宗を使うみたいだ。

「ロンギヌスの槍は私に任せて!」

 愛理がロンギヌスの槍を使うみたいだ。

「メイスオブゼウスは私に頂戴!」

 奏はメイスオブゼウスを扱ってくれるみたいだ。

「ルーンアクスは私が使うわ!」

 里菜はルーンアクスを取ってくれた。

「宿命のサジタリウスは私に使わせて?」

 柚木は宿命のサジタリウスを使うみたいだ。

「ヴァンパイアキラーは私ね」

 友紀はヴァンパイアキラーを使うみたいだ。
 これで武器の所持者は決まったみたいだ。

「よし、明日から訓練開始だ!」
「おう!」

 そこで神崎先生が現れて緊急事態を告げるお知らせを聞かせられるのだった。

「みんな、イタリアのトリノでロリカイザー13世が暴れているみたいだぞ!」

---to be continued---
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ