挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
EVE:2108 - The Place of the Heart 作者:志室幸太郎
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/31

Evangelium02-4:恐るべき大人達

「はい。というわけで、野球をします」
 伏見は暴風の中でダンスを踊ったような姿でそう言った。近くにあった学校の跡地に集まった子供たちは、未だご立腹だった。
「まったく、自分にもわからない問題を出すなんてずるいよ!」
「いやね、答えのない問題について考えるのは大切なことでね……」
「屁理屈はいいから、野球教えて!」
「はい」
 少し離れたところで、イヴはうっすらと微笑みながらその様子を見ていた。
 伏見は地面にひし形の図を書きながら、野球のルールを簡単に説明していく。子供たちは時折疑問を口にするものの、先程の授業よりはわかりやすかったのか、すぐにルールを飲み込んだようだった。
「じゃあ先生チーム対イヴちゃんチームね!」
「え、僕たちも参加するの?」
「まだよくわかってないから見本見せてよ」
「んー、さすがに野球選手だったことはないんだけど……イヴはどうする?」
「やってみます」
 心なしか楽しげなイヴを見て、伏見は折れた。

「じゃあ、まず見本ね。僕がボールを投げるから、イヴはそれを打ち返して、ベースを踏みながら走る。オーケー?」
「了解です」
「いくよー」
 伏見はぎこちないフォームから、なんとか調達できたテニスボールを投げた。イヴは鉄パイプを構え、腰を入れた姿勢から振り抜いた。鉄パイプの芯がテニスボールの中心をとらえ、スイングのエネルギーが打球へと無駄なく移った。
「おうっ――」
 打球は見事に伏見のみぞおちへと打ち返された。
「おー!」
「大丈夫ですかー」
 見ていた子供たちからは歓声が上がる。イヴはマウンドの伏見に声をかけながらも、冷静に走塁した。
「タ、タイム……」
 伏見はうずくまりながら、両手でTの字を作る。子供たちとイヴが集まってきた。
「野球って危ないスポーツなんだね」
「これは、子供たちがやるには危険ではないでしょうか」
 伏見はふるふると首を振る。
「あ、あのね……打ち返すとは言ったけど、打ってピッチャーにボールを返せってことじゃないの……」
「え、じゃあどこでも打っていいの?」
 まったくルールを飲み込めていなかった子供たちとイヴに、伏見は再度、細かに説明をしていく。痛みに耐えながら。
「わ、わかった?」
「そういうことだったのですね。わかりました」
「完璧! 今度はもう大丈夫だよ!」
「よ、よし。それじゃやり直しだ」
 ようやく伏見が立ち上がると、子供たちが散ってそれぞれのポジションに就く。イヴはバッターボックスへ。
「なるべく守備に取られないようなところへ打つんだよ! 狙っちゃダメだからね!」
 伏見に念を押され、イヴはこくこくと頷いた。まだ顔には冷や汗が浮かんでいたが、伏見はへっぴり腰になりながらもボールを投げた。
 イヴのフルスイング。パコン、という気の抜けた音と共に、テニスボールは伏見と子供たちの頭上を飛んでいった。そしてそのまま、校舎の屋上へと消えていく。
「……この場合、どうすればいいのでしょう?」
 鉄パイプを持ったまま、イヴは立ち尽くす。
「あ、えーと……ホームランだね。無条件で一点入るやつ」
 伏見の説明を聞いて、待機していたイヴチームから歓声が沸き起こった。
「あー、ごめんイヴ。走塁ついでにボール取ってきてくれる? 球になりそうなもの、あれしか見つからなかったんだ」
 イヴは頷き、小走りで校舎の中へと入っていった。
 しばらくして、イヴが屋上から顔を覗かせる。
「先にみなさんでやっていてください!」

 イヴは見つけたボールを校庭に向かって投げると、振り返った。屋上にある室外機等が載ったペントハウスの上で、麻布を身にまとった少年が佇んでいた。イヴは一度建物の中に戻ると、上へと続く階段を上る。
 階段を上りきると、イヴはすぐにその後ろ姿を見つけた。コーヤは室外機に腰かけ、流れる雲を眺めているようだった。イヴは少し迷ったが、足を踏み出した。
「こんにちは」
 コーヤの傍まで来て、イヴはアラビア語で声をかける。反応はない。それでもイヴは気にすることなく、コーヤの隣に腰かける。
「良い天気ですね」
 イヴは手を日よけにして空を見上げる。冬の澄んだ空には太陽が輝き、暖かな光が差していた。泳ぐように、ゆっくりと雲が流れていく。
「雲がお好きなんですか?」
 返答はなかったが、イヴは少年が何を思っているのか、必死に知ろうとしていた。
「一緒に野球をしませんか? 楽しいですよ」
 校庭からは楽しげな子供たちの声が聞こえてくる。しかし少年は口を開かない。
「……この前は、すいませんでした」
 沈黙。横を見ると、コーヤは感情のない顔で、ただ空を見ていた。
「本当に、すいませんでした。勝手に体が動いてしまって。あなたにはなんの非もないのに。
 ……伏見さんから、話を聞きました。あなたが喋らなくなった原因も。
 私も、あなたと同じでした、と言ったら失礼かもしれませんが……。私も、長いことゼロのままだったんだと思います。考えることを放棄して、ただ流れのままに生きていました。あなたは自分で考えて、ゼロを導き出したんですもんね。同じだなんて、本当に失礼ですよね。
 でも私、それではいけない気がします。私も、ゼロのままではいけないと思ったから。ゼロのままでは、きっと生きていないのと同じです。私にもまだ、答えはわかりませんが……。きっと生きているということは、ゼロではないと思います。私も自分の心で、もう一度考えます。だから、もし良かったらあなたも、もう一度考えてみませんか?
 どれだけ時間がかかっても構いませんから……あなたの言いたいことを、言ってほしい。あなたのしたいことを、してほしいんです」
 必死に考えた言いたいことを言い終えて横を向くと、コーヤがいつの間にかイヴを見ていた。まっすぐな目で。
「すいません、ただの独り言です。気にしないでください。……良かったら、野球、しに来てください」
 イヴは最後にそれだけ言い残して、ペントハウスを後にした。
 その日、コーヤが野球に参加することはなかった。
この作品はシェアード・ワールド小説企画“コロンシリーズ”の一つです。

http://colonseries.jp/
cont_access.php?citi_cont_id=417046277&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ