挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

94/391

第八十八話 フェルとスイ、ワイバーンを蹂躙する

今日は88話と89話を更新です。
 只今、ワイバーンが襲来して超危険地帯と化した西の草原に来ています。
 本当は来たくなかったんだけどね。
 いや、本当の本当に来たくなかったんだよ。
『フンッ、あれか。我が物顔で飛びおってからに』
 1、2、3、4……ワイバーンが全部で12匹か。
 ず、随分とデカいな。
 飛んでる姿を見ると、ワイバーンっていうより映画で見た恐竜のプテラノドンにそっくりだ。
 フェル、本当に大丈夫なのか?
「ギャーッ、ギャーッ、ギャーッ」
 き、汚い鳴声だな。
 って、あれ?
 ワイバーン、こっちに向かってきてないか?
『気付きおったか』
「って、は? ね、狙われてんのかっ? ど、ど、ど、どうすんだよッ?!」
『うろたえるな。結界が張ってあるから大丈夫だ』
「い、いや、そうは言っても……」
『あれと戦うのー?』
 そう言ってスイが鞄からピョンっと飛び出した。
「あ、スイ、出ちゃダメだっ」
『そうだ、スイ』
『大きいのが飛んでるね~』
『飛んでいる獲物の狩りを教えてやる。付いて来い』
『うんっ』
「って、え? い、行くのか? ってか、スイに変なこと教えんなっ」
『お主はここで待っていろ。スイ、行くぞ』
『はーい』
「あ、ま、待てッ」
 俺の言うことも聞かずにフェルはスイを連れてワイバーンに向かって行ってしまった。
 俺たちを狙って低空を滑空するワイバーンたち。
 今にも襲ってきそうだ。
「ったく、人の言うことを聞けってのっ」
 フェルとスイは300メートルくらい離れたところ、ワイバーンの真下にいる。
『いいか、スイ。飛んでいる獲物を狙う場合、まずは頭か翼を狙うのだ。頭は当たれば即死だが、的が小さいから外れる場合もある。そういうときは、翼を狙うのだ。翼を傷つければ大抵のものは落ちる。落ちたところを狩るのだ』
 念話に切り替えたのだろう、フェルの声が頭に響く。
『分かったよ。頭か翼だね。スイ、やってみる』
 お、おいおい、やってみるって、スイは何やるつもりだ?
 ん?あれは触手か?
 スイの体から細長い棒のようなものがワイバーンに向かって突き出されていた。
「ギャッ、ギャーッ!」
 飛んでいたワイバーンのうち1匹が墜落した。
『あ~外れたー。頭を狙ったのにー』
 ス、スイ、あの触手から酸弾を飛ばしたのか?
 スナイパーかよっ?!
『先ほども言っただろう。頭は的が小さいから外す場合もあると。だが、なかなかいい当たりだったようだ。そのワイバーンも翼の付け根に当たっているみたいだから、もう飛ぶことはできまい』
『わーい、褒められた~。どんどん当てるよー、エイッ、エイッ』
 スイが酸弾を中てて、どんどんワイバーンを撃ち落としていく。
『スイにばかり手柄を取られては敵わんな。我もやるぞ』
 フェルがそう言うと、バレーボール大の石が数個飛んでいき同時に3匹のワイバーンを撃ち落とした。
 …………何なの、この2人。
 フェルもスイも強いとは思ってたけどさ、飛んでる魔物をこうも簡単に撃ち落してるの見るとさ、何かもうどうにでもしてくれって感じぜ。
『よし、全部撃ち落としたな』
『うんっ』
『そうしたら、こいつ等を始末するのだが、こいつ等の肉は美味いのだ。だから、あまり傷をつけないようにしたい。その場合1番良いのは首を切り落とすことだ。このような感じでな』
 スパッ、ゴロリ……。
 フェルが風魔法を使ったのだろう。
 ワイバーンの首がスパッと切断されて頭が転がる。
 …………フェ、フェルさんや、いきなり首ちょんぱですか。
『分かった。スイもフェルおじちゃんみたいにやってみる』
『こやつ等は魔法耐性が少しばかりあるからな、魔法で切り落とすならば少し多めに魔力を込めるといいぞ』
『うんっ』
 そう言うと、スイがワイバーンに近づいてスパッと首を切り落とした。
 ウォーターカッターを使ったのか?
『やったー! できたよー』
『うむ。なかなか良かったぞ。コツは掴んだな。スイ、どんどん切り落としていくぞ』
『うんっ』
 2人が次々とスパッスパッとワイバーンの首を切り落としていく。
 ちゅ、躊躇がねぇな。
 な、なんかさ、俺のスイたんが、なんかフェル化していっている気がしないでもないのだが……。
 このままいったら伝説のスライムとか言われんのか?
 い、いやいやいや、そ、そんなことはない、絶対ない。
 ずっとかわいいスイたんのままだ。
「ギャーーーーースッ」
 一際大きな鳴き声とともに突風が吹いた。
 ゲッ……。
 俺の目の前に1匹のワイバーンが舞い降りていた。
 ワイバーンは12匹じゃなく13匹いたみたいだ。
 俺、もしかして、死んだ?
「ギャーッ、ギャーッ、ギャーッ!」
 仲間を殺された目の前のワイバーンがめっちゃ怒ってる。
「うおおおおおーーーいっ、フェル何とかしてくれーーーーーッ!!!」
 カツンッ、カツンッ、カツンッ、カツンッ、カツンッ。
 尻尾の毒針で攻撃しようと何度も何度も突き刺してくる。
 しかし、フェルの張ってくれた結界に阻まれているおかげで、何とか助かっていた。
 カツンッ、カツンッ、カツンッ、カツンッ、カツンッ。
「ひぃぃぃぃぃっ」
 何度も何度もあきらめることなく毒針を振り上げるワイバーンに腰が引ける。
『まだ1匹残っていたか、死ぬがいい』
 ザシュッ。
 いきなりワイバーンの頭が目の前で吹っ飛んだ。
 頭を切り落とされた首からピュ―ピュ―血が噴出している。
 ドスンッ。
 ワイバーンの巨体が崩れるように横に倒れた。
『わーフェルおじちゃんつよーい』
 はしゃぐスイがポンポン飛び跳ねている。
「た、助かった…………」
『まったく、お主はうるさいのう。ワイバーンごときの攻撃で我の結界がどうこうなることはないというのに』
「ワ、ワイバーンごときって……はぁ。あんな巨体で来られて、毒針で攻撃されたら怖いんだよ」
 お前と一緒にすんなつーの。
『ワイバーンの群れというから期待していたのだが、少数の群れだったようだな。スイもいたし、運動という運動にはならんかったな』
 12いや13匹の群れで少数ってな……。
 まったくフェルの強さの底が知れないよ。
「さて、ワイバーンを回収して帰ろうか」
『ぬ、まだ帰らんぞ。飯を食ってからだ』
『スイもお腹すいたからご飯食べたいー』
 ……最後はそうなるんだねぇ、はぁ~。
 まぁ、飯のためにここに連れて来られたようなもんだからな。
 しょうがない、作りますか。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ