挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連(旧 妖精壱号)
85/305

第七十九話 チキン南蛮

 そうこうしているうちにフェルが戻ってきた。
 しっかりと、ブラックサーペントを口に銜えている。
 おお、獲って来てくれたようだね。
 言ってすぐに獲ってこれるってのがフェルのすごいとこだよな。
 一応これもAランクの魔物なんだけど、よく見るからなんかそんな感じがしなくなってきたぜ。
 フェルが獲って来たブラックサーペントを俺の前に置いた。
「フェル、ありがとうな」
 俺はブラックサーペントをアイテムボックスにしまった。
『これはどうしたんだ?』
 フェルが、俺が作った箱型の家を見てそう聞いてきた。
「これな、土魔法で俺が作ったんだ」
『こんなもん必要か?』
 こんなもんって、お前ね……。
「いやさ、旅の途中に寝るときにこういうのがあったらいいなって思ってさ」
『我の結界があるではないか』
「いや、そうなんだけどさ。フェルの結界は安全だし雨風もしのげるし、すごいありがたいもんではあるんだよ。だけどさ、透明なのがねぇ……。寝るときに丸見えで落ち着かないんだよ」
『ぬ、そういうもんか?』
「例えばだけど、その場所が気に入ったとか、いい狩場があるとかで、フェルだって1箇所に長くいるときあるだろ?」
『うむ、あるな』
「そういうときってさ、寝床にどんな所を選ぶ?」
『そりゃ洞窟か大きめの木のうろかだな』
「どうしてそういう場所を選んだんだ?」
『どうしてって、そういう場所の方がゆっくり眠れるからに決まってるではないか』
「俺がこれを作った理由はそういうことだよ」
『なるほどのう』
「まぁ、旅の途中だとその日限りではあるけど、やっぱり落ち着いて寝たいだろ」
 フェルも納得したようだし、家を消しますか。
 こんな大きなのあったら邪魔だしね。
 ああ、魔法で出来たものは魔力で作り出したものだから、消そうと思えば消せるようなんだ。
 ストーンウォールを出したときに、こんな大きなもんどうしたもんかと思って、試しに「消えろ」って念じてみたらスッと崩れるように消えたよ。
 おそらくその魔法を使った本人しか消せないんだろうけどね。
 ってことで、家を消してと。
 なんか微妙な時間だな。
「フェル、ここで飯食ってっちゃうか?それとも、街に帰ってからにするか?街に帰ってからだと、大分暗くなってからになっちゃうかもしれないけど」
『腹も減ったし、ここで食っていこう』
 フェルもここでということなので、飯を作っていく。
 と言っても、今日はすぐにできるものを考えている。
 この前揚げたチキンカツがあるから、それを使おうと思う。
 作るのはチキン南蛮だ。
 ネットスーパーを開いて足りないものを購入していく。
 足りないのは甘酢だれの酢かな、あとはタルタルソースはいつものヤツを多めに買っておこう。
 あとは、米を炊いてると時間かかるからパンでいいか……ん、ハンバーガーのバンズなんてあるんだな、これにしよ。
 まずは甘酢だれを作らないと。
 鍋に醤油と酢と砂糖を入れて温めていく。
 砂糖が溶けた甘酢だれにチキンカツをさっとくぐらせて、甘酢だれを衣に吸わせる。
 それを皿に並べてその上にタルタルソースをたっぷりかけて出来上がりだ。
 あ、スイを起こさないと。
「スイ、ご飯だよ」
『んん、ご飯ー?』
「そう、ご飯」
『ご飯、食べるー』
 スイが起きてきたところで、フェルとスイの前にチキン南蛮の乗った皿を出してやる。
『酸っぱいけど、この白いのと一緒に食べると美味しい』
『うむ、この白いのが美味いな』
 二人ともタルタルソースが気に入ったみたいだ。
 タルタルソース美味いもんなぁ。
 おれもたっぷりかけちゃおう。
 まずはバンズにチキン南蛮を乗せて、タルタルソースをたっぷりとかける。
 出来上がったチキン南蛮バーガーをガブリ。
「美味いっ」
 チキン南蛮とパンってけっこう合うな。
 チキンカツとその衣に染みこんだ甘酢とたっぷりのタルタルソースが美味いなぁ。
『ぬ、お主が食ってるの美味そうだな』
「チキン南蛮バーガー食ってみるか?」
『うむ、くれ』
『あ、スイも食べるー』
 フェルとスイの分のチキン南蛮バーガーを作ってやる。
『パンと一緒に食べると美味しーね』
 うんうん、この組み合わせはけっこう合うよな。
 フェルはというと……ハンバーガー1個を一口で食ってやがる。
 まぁ、この食い方だと美味いとは思ってるんだろうけど。
 食後の小休憩をとった後に街への帰路についた。



◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「あ、ちょっと冒険者ギルドによってもらっていいか?」
 フェルにお願いして冒険者ギルドによってもらう。
 直接買い取り窓口に行くと若い男の職員がいた。
「あの、ヨハンさんいますか?」
「ん、何か用か?」
「ええ、ちょっと」
「ちょっと待ってろ」
 そう言うと買取窓口の奥にある倉庫に向かって叫んだ。
「おっさーん、客だぞー」
「おう、ちょっと待て」
 ヨハンのおっさんの声がした。
 少し待っていると、ヨハンのおっさんが奥の倉庫から顔を出した。
「誰かと思ったら、兄さんか。まだ出来てないぞ」
「あ、そうじゃなくて、新たに頼みたいものがありまして……」
 忙しいとこ申し訳ないねぇ。
 と言っても、忙しくしてるのは俺なんだけどさ。
「なんだ、またか? 兄さんならこっちだな」
 ヨハンのおっさんと倉庫に向かう。
「今日は何だ?」
「えーと、ブラックサーペントです」
 ブラックサーペントをアイテムボックスから取り出した。
「兄さんが来てから感覚がおかしくなるな。ブラックサーペントなんて、そうホイホイ出てくるもんじゃないんだがなぁ」
 ホント、すんません。
「肉と皮をこちらに戻していただいて、あとは買取でお願いします」
「分かった。ブラッディーホーンブルの目処もついたし、それと一緒に渡せるようにしとくぜ」
「お願いします」
 これでランベルトさんに渡すブラックサーペントの皮が確保できたな。
 ランベルトさんにちょっと相談事があるから良かったよ。
 さてと、宿に戻るか。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ