挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連(旧 妖精壱号)
262/373

第二百四十九話 この世界のエルフはグルメだった

 夕飯のメニューはフライにした。
 アジ(アジロ)フライにエビバーミリオンシュリンプフライ、ホタテ(イエロースカラップ)フライにハマグリ(ビックハードクラム)フライ、白身魚(アスピドケロン)フライを木皿に盛ってミックスフライ盛りだ。
 フェルとドラちゃんとスイにはミックスフライ山盛りで、タルタルソースをたっぷりかけて出してやった。
 それからフェルたちにはちょっぴり不評だけど、クラムチャウダーも一応出してやった。
 俺たちにはミックスフライとクラムチャウダーに黒パンのメニューだ。
 もちろんミックスフライにはタルタルソースをたっぷり添えてある。
 フェルとドラちゃんとスイは出された傍からガツガツ食っている。
 エルランドさんと”アーク(箱舟)”の面々は何故かなかなか手を付けない。
「えーっと、これはそのまま食べればいいんですか?」
 あー、そうか。
 フライは料理は初めて見るだろうし、添えてあるタルタルソースもあるしでどう食えばいいのかわかんなかったか。
「これはですねベルレアンで仕入れた魚介にパンくずを付けて油で揚げたフライという料理です。添えてあるこの白いソースを付けて食べてください。こんな感じで」
 フォークでフライを刺してからタルタルソースをたっぷりつけて口に運んだ。
 うん、エビバーミリオンシュリンプフライめっちゃ美味いぜ。
 あ、気軽に魚介のフライ出しちゃったけど、魚介は苦手ってことがあるかもしれんな。
 ネイホフで出会った、魚介が大の苦手だという冒険者影の戦士(シャドウウォーリア)のアロンツォさんを思い出した。
 そういやあの人たちもエイヴリングへ行くって言ってたな。
 ダンジョンから出たらひょっこり再会したりして。
 なんてね、ここもけっこうデカい街だしそうそう再会するわきゃないか。
「もし、お口に合わないようでしたら他のものを出しますんで遠慮なく言ってくださいね」
 とは言ったけど心配無用のようだった。
 エルランドさんもガウディーノさんはじめアーク(箱舟)の面々も無言でフライをバクバク食ってるよ。
 気に入ってもらえたみたいで良かった。
 さて、俺も食おうっと。
 あーアジ(アジロ)フライうめぇな。
 揚げたてをすぐにアイテムボックスにしまったからサックサクのままだ。
 タルタルソースをつけて食うとたまらんな。
「やっぱアジフライにはタルタルだな」
 たまにはウスターソースもいいけど、やはりこれだな。
 これに冷えたビールをキューッと……。
 いかんいかん、今はダンジョンの中なんだから。
 しかし、フライを食ってるとビールが飲みたくなのは何でなんだろうな。
「このフライっちゅーのは初めて食ったが美味いのう。エールと抜群に合いそうだわい」
 ドワーフのシーグヴァルドさんがフライを味わいながらそう言う。
 さすがドワーフ、酒に合いそうな料理が分かるってことか。
「ええ。フライに限らず揚げ物料理はビーじゃなかったエールに抜群に合いますよ」
「ほぅ、そうか。そう言えばドランの街発祥の揚げ芋だったか? あれもエールのつまみにゃ最高じゃったわい」
 フライドポテトももう食ったのか。
「あの揚げ芋はムコーダさんがドランの街へ広めたんですよ」
「なぬ、そうなのか? 冒険者の腕のみならず料理の腕も一流とはすごいのう」
 いやぁ、照れるな。
 そうは言ってもみんな大雑把な男料理なんだけどね。
 しかもネットスーパーがあるおかげでのことだし。
 ここがダンジョンじゃなきゃ、それこそウィスキーでも出してやるところだよ。
『おい、おかわりだ。この魚と貝には、ウスターソースをかけてくれ。他のものはいつもの白いソースだ』
 フェルからおかわりの注文だ。
 アジ(アジロ)フライとハマグリ(ビックハードクラム)フライにはウスターソース、エビバーミリオンシュリンプフライ、ホタテ(イエロースカラップ)フライに白身魚(アスピドケロン)にはタルタルソースか。
 そういやアジ(アジロ)フライハマグリ(ビックハードクラム)フライにはウスターソースが合うって言ってたもんな。
『俺もだぜ。この魚とこの貝とこの貝に茶色いソースかけたのくれ』
 ドラちゃんはアジ(アジロ)フライにホタテ(イエロースカラップ)フライ、ハマグリ(ビックハードクラム)フライにウスターソースをかけたものね。
『スイもおかわりー。スイはね、白いのかけたやつがいいのー』
 スイはタルタルソースをかけたやつね。
 もちろんミックスフライは山盛りで。
 それぞれの注文通り皿に盛って出してやると、再びガツガツ食い始める。
「その茶色いソースは何ですか?」
 エルランドさんが興味深々という感じで聞いてきた。
「これですか? これはウスターソースっていうソースです。あ、これかけて食ってみます?」
 エルランドさんの皿が空になっているのを見てすすめてみた。
「是非とも」
 フライ全種はさすがにきついかな?
 ウスターソースなら一番合うのはアジ(アジロ)フライかな。
 とりあえずアジ(アジロ)フライにウスターソースをかけて出してやった。
「ウスターソースにはこのフライが一番合うと思いますよ。どうぞ」
「おお、ありがとうございます」
 早速エルランドさんがウスターソースのかかったアジ(アジロ)フライにかぶり付いた。
「おおっ、しょっぱいだけじゃない複雑な味わいのソースがこのふっくらして淡泊な味の魚に合いますね。さっきの酸味がありまろやかな味わいの白いソースも非常に美味しかったですが、こちらのソースもなかなか」
 エルランドさんはそう評しながらパクパクとアジ(アジロ)フライを食っていく。
「「「「ゴクリ……」」」」
 アーク(箱舟)の面々がエルランドさんを凝視していた。
 ガウディーノさんもギディオンさんもシーグヴァルドさんもあの体格だと足りないか。
 スレンダーなフェオドラさんもいけそうな感じだし。
「あー、おかわりいりますか?」
「すまん、お願いできるか」
「頼む」
「儂も頼むぞ」
「……(コクコクコク)」
 この面々フライ全種類のおかわりいけそうだな。
 エルランドさんもまだ食いたそうにしているしエルランドさんにも声をかける。
「エルランドさんもおかわりします?」
 そう聞くと嬉しそうに「お願いします」と空の皿を渡してきた。
 エルランドさんとアーク(箱舟)の面々にウスターソースをかけたフライ全種盛りを出してやった。
「こっちの茶色いソースがかかったのも美味いな」
「ハグハグ、ング……うめぇ」
「美味いのう。これでエールがあったら最高じゃな」
「……(バクバクバクバク)」
「それにしても、ダンジョンの中でこんな美味しいご飯が食べられるなんて夢のようですね。ダンジョンで何が一番辛いかって言ったらマズイ携帯食ばかりになることですからねぇ。アイテムボックスがあっても容量がありますし、他の荷物の事を考えると結局食料は携帯食になっちゃうんですよね、普通は」
 エルランドさんのその言葉にアーク(箱舟)の面々もうんうん頷いている。
「なるほど。俺は、大きめのアイテムボックス持ちで良かったです」
 俺は誤魔化すようにそう言った。
 だって俺のアイテムボックスって大きめというかほぼ無限だからね。
「このスープも絶品ですねぇ。ムコーダさんの作る料理は本当に美味しい。王都の一流と言われるレストランの上を行きますよ」
 クラムチャウダーをすすりながらエルランドさんが俺の料理を褒めちぎった。
 そこまで言われるとなんかこそばゆいね。
「俺も美味いと思ったけど、エルフのあんたが言うなら間違いなしなんだろうな。味にうるさいうちのフェオドラも夢中で食ってるし」
 エルランドさんがガウディーノさんに「この味ならエルフの我々だって夢中になりますよ」と返すと、フェオドラさんが無言でコクコクと何度も頷いている。
 ん?この味ならって、何かエルフに関係するのか?
 俺が疑問に思っているとエルランドさんが教えてくれた。
「我々エルフは長命ですからね。その分いろいろなものを食べていますし、美味しいものを食べることを楽しみにしている者も多いんですよ。ですからエルフには舌が肥えた者が多い。”美味いものが食いたければエルフに聞け”と言われているくらいですし。その中でも冒険者のエルフは世界各地を回ってその土地土地の美味しいものも食べてますから、特に味にうるさいと言われてるんですよ」
 ほー、そんな話になっているのか。
 意外や意外、この世界のエルフってグルメで通ってるんだね。
 エルフって言ったらベジタリアンで少食なイメージが強かったけど、この世界のエルフって肉OKの肉食系エルフだし、エルランドさんもフェオドラさんも魚介もこうしてバクバク食うしで、俺らと変わんないな。
『おかわりをくれ』
『スイもおかわりー』
 エルランドさんやアーク(箱舟)の面々と話しているときに、フェルとスイからおかわりが入ってまたフライの山盛りを出してやった。
 ドラちゃんは腹いっぱいなのか、ゴロンと転がって腹をさすってたよ。
 エルランドさんやアーク(箱舟)の面々にもおかわりいらないか聞いてみたけど、さすがにもう腹いっぱいだとのことだった。
 1人を除いては。
 フェオドラさんが、空になったクラムチャウダーが入っていた木の器を悲しそうに見ていた。
 見た目はクールな美女なのにな。
 笑いそうなのをこらえて「クラムチャウダー、スープのおかわりいりますか?」って言ったら、フェオドラさんがコクコク頷きながら木の器を押し付けてきたよ。
 クラムチャウダーをよそってやったら嬉しそうにニコニコ顔で食ってた。
「美味いものをご馳走してくれて感謝する。それに…………すまんな。フェオドラは無口だが実力もある冒険者で、俺たちメンバーも一目置いているんだが、食い物のことになるとな……」
 ガウディーノさんがフェオドラさんを見てすまなそうに頭を下げた。
「いえいえ、美味しそうに食ってもらえるのは俺も嬉しいですから」
 それに見た目クール美女なフェオドラさんが実は大食い食いしん坊キャラだなんて、面白いもの見れたしね。
 フェオドラさんはこの後もう一杯クラムチャウダーをおかわりして満足気な顔をしてたよ。
 フェルとスイもこの後2度ほどフライの山盛りをおかわりしてようやく満足したところで、この日の夕飯は終了となった。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ