挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連(旧 妖精壱号)
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

158/382

第百四十九話 ロングセラー

今日は149話と150話更新です。
2つとも短いですが。
 エルランドさんの話が長引いたことで、昼飯を逃してしまった。
 そこで大騒ぎなのが、うちの子たちだ。
 フェルもドラちゃんもスイも腹減ったーっと大騒ぎ。
 宿に戻ってすぐに飯にする。
 手早く出来てガッツリ食えるものってことで、焼き肉丼を作ることにした。
 炊いた米もあと1食分くらい何とか残ってるしな。
 まずはネットスーパーで、市販の焼き肉のタレと彩にカイワレ大根を購入する。
 今はいろんな市販の焼き肉のタレが出てるから好みのものでOKだ。
 俺はいろいろ使ってみたけど、結局これが一番かなと思ってるものがある。
 昔からあるロングセラーの馴染みのある焼き肉のタレだ。
 これの中辛がベストだな。
 飽きの来ない味というか、甘さとコクがあって焼き肉丼にすると美味いんだこれが。
 この焼き肉のタレを使って手早く作っていこう。
 まずはブラッディホーンブルの肉を少しだけ厚めに切っていく。
 熱したフライパンに油ひいて、ブラッディホーンブルの肉を焼いていく。
 サッと肉の色が変わったら焼き肉のタレを加えて絡め焼いていく。
 深めの皿に飯を盛ったらその上に焼き肉を並べていって、真ん中に彩のカイワレ大根を添えて出来上がりだ。
 超簡単だけど、うん、美味そう。
「はい」
 フェルとドラちゃんとスイの前に置いてやると、待ちきれないという感じで飛びついてガツガツ食い始めた。
 よほど腹が減ってたのか夢中で食ってるよ。
 こりゃすぐおかわりってくるな。
 今度はワイバーンの肉を使った焼き肉丼を作っていく。
『『『おかわり』』』
 思ったとおりだぜ。
 俺はワイバーンの肉の焼き肉丼を出してやった。
『む、これは肉が違うな』
「ああ、さっきのはブラッディホーンブルでこれはワイバーンを使ってみた」
『このタレは肉に実によく合うな。どちらの肉もこのタレと合わさると極上に美味い』
 さすが肉大好きなフェル。
 分かってるね。
 焼き肉のタレが肉に合わないはずないんだよ。
 肉の良し悪しにかかわらず焼き肉のタレで食うと美味いんだよなぁ。
『うむ、これはあれも食うしかないだろう。次は地竜(アースドラゴン)の肉だ』
 フェルが地竜(アースドラゴン)の肉で焼き肉丼を作れと言い出した。
『何、地竜(アースドラゴン)食うのか? それなら俺も食うぞっ』
『スイも食べるー』
 地竜(アースドラゴン)の美味さはみんな分かってるからそりゃ食いたくなるわな。
 そういう俺も地竜(アースドラゴン)の肉が焼き肉のタレでどのくらい美味くなるのか興味がある。
 ってことで、地竜(アースドラゴン)の焼き肉丼を作っていく。
「はいよ」
 みんなに地竜(アースドラゴン)の焼き肉丼を出すと、バクバク食っていく。
 フェルとスイに比べれば小食なドラちゃんもこの時ばかりはバクバク食ってたよ。
 既にブラッディホーンブルとワイバーンの焼き肉丼食ってたのにさ。
 でも、これ見たら食いたくなるわなぁ。
 艶々の米の上に焼き肉のタレが絡まった地竜(アースドラゴン)の肉がたっぷり乗っている。
 早く食ってくれと言わんばかりに凶悪なほどいい匂いをさせているんだからなぁ。
 あーダメだ、涎が止まらん。
 我慢できん、俺も食うぞ。
 地竜(アースドラゴン)の焼き肉で米を巻いて、パクリ。
 …………う、ウンメェェェッ。
 何だこれ、美味過ぎる。
 地竜(アースドラゴン)の焼き肉と米が合い過ぎる。
 ダメだ、止まらん。
 俺はいっきに地竜(アースドラゴン)の焼き肉丼を食い進めた。
「はぁ~食った食った。最高に美味かった……」
 正直に言うと、今まで食った肉料理で一番かもしれん。
 地竜(アースドラゴン)の肉と焼き肉のタレのコラボは美味過ぎてヤバい。
 フェルとスイもこの美味さにやられたようで、何度も何度もおかわりしたよ。
 地竜(アースドラゴン)の肉もまだ3分の2くらいは残ってるけど、大事に食っていかないとな。
 地竜(アースドラゴン)の貴重な肉なのにこの肉は美味過ぎてすぐなくなりそうだし。
 みんな腹いっぱい食って満足したら、グースカ寝ちまったよ。
 フェルとドラちゃんを獣舎に残して、俺はスイを抱えて部屋に戻った。
 スイをベッドの上に敷いた俺用の布団にそっと置く。
 俺にはまだやらなきゃいけないことがあるんだよ。
 面倒くさいんだけど、遅れるといろいろうるさいからね、あの人(神)たち……。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ