挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

ガラクタ山の女の子

作者:栗田隆喬
 ぼんやりとした薄明かりに、いくつもの、ガラクタの山がありました。
「よいしょっ!」
 向こうから、女の子の声が聞こえます。
 それは、ひときわゴチャゴチャして、汚れて、ひどい有り様のガラクタの山からでした。

 女の子はひとりで、ガラクタの仕分けをしているのでした。
 額の汗を拭うと、ガラクタばかりの大きな山を見上げます。
 あまりの多さに、気が遠くなりそうです。
 こういう時、女の子はお気に入りのポーズをとることにしていました。
 腰に両手をやり、ちょっと眉間を寄せながら、にやりと笑って、首を振りながら、ふぅ、と、ため息をつくのです。
 そうすると、ちょっと恰好をつけている自分がおかしくて、なんだか元気が出てくるのでした。

 ガラクタの山には、いろいろなものがありました。
 欠けたお人形。
 破れた着物。
 女の子はそれを一つ一つ、手にとって、布できれいに拭いていきます。
 それから、すでに仕分けられた周りの山へと運んで行くのでした。

 一つのお人形を手にしたときです。
「……ねぇ」
 女の子はちょっとびっくりしました。お人形が口をきいたからです。
 みると、とてもていねいな作りのお人形でした。
 少し欠けていても、真っ白な肌は透き通るように輝いて、きれいです。
 長い髪はまっすぐで、乱れがありません。
 衣装も細かいところまでしっかりと作られた、それは立派なものでした。
 でも、真っ黒なドロドロの汚れが、全部を覆っているのです。
「ここは、どこ?」
「ここはね……」
 女の子はちょっと口ごもりました。
「役目を終えたものが、運ばれてくるところなのよ」
 ちょうど、ガラガラと荷車の音が遠くから響いてきました。
「ちょっと待っててね」
 女の子はお人形を手にしたまま、ガラクタの山を降りました。
 そして、足もとの小箱の上に、ちょこん、とお人形を座らせました。

 ガラゴロ、荷車の音が近づいてきます。
 大きな荷車には、山のようにガラクタが積まれていました。
 それを、大きな男の人がゆっくりと引きながら、女の子のところへと向かってきました。

「よろしくお願いします」
「いつも御苦労さま」
 男の人は、女の子にうやうやしくお辞儀をすると、荷車のガラクタを、てきぱきとおろしはじめました。
 仕分け途中のガラクタの山が、また一回り大きくなりました。
「失礼いたします」
 男の人は、また深々とお辞儀をすると、カラカラと、空っぽになった荷車をひいて去っていきました。

「……私たち、いらないものなのね」
 お人形が口をききました。
「私たち、いらないから、ここに来たのでしょう?」
「そんなことないわ。役目を、終えたの」
「みんな、こんなに黒くて、ドロドロになって、汚くて、いらないから、ここに来たのでしょう?」
 女の子は、何か言いたかったのですが、黙ってしまいました。
 それは、本当のことだったからです。
 遠く、遠く。
 ずっと遠くの国から、さっきの男の人のような、たくさんの人たちの手を渡り、ドロドロのついたガラクタが、女の子のところに運ばれていたのです。
 お人形も、やはり、そうしたガラクタの一つとしてここへ来たのでした。

 女の子はじっと、お人形を見つめました。
 お人形も哀しそうな瞳で、女の子を見つめ返します。
 その瞳の奥には、何かがありました。
 人形には無いはずの、何かがありました。
 その動きに合わせて、身にまとった黒いものが、さわめきました。
 これほどまでに、このお人形は、人の、強い想いを、記憶を、受けとめていたのです。

「……でもね」
 女の子は、膝を折ると、お人形を小箱から立ちあがらせました。
「それは、役目を終えた、ということなの。いらないからじゃ、ないわ」
「役目を終えたのも、いらないことと同じでしょう?」
「ううん、違う」
 女の子はお人形を抱きしめました。
「やめて……あなたがよごれてしまうわ」
 女の子は首を振ると、黙ってぎゅっと、お人形を抱きしめます。
 お人形のまわりについていた黒いものは、女の子に触れると、まるで銀の粉のように輝きはじめたのでした。
「想いも、記憶も、なくてはならないもの。でもいつかは離れていくものなの。だから、役目を終えたら、その人のもとを去るのよ」
 お人形の髪を、静かに撫でました。
「その人にとっては、とっても、とっても、必要で、大切なものだったから。だから、去らないといけないの。その人のためにも、ね」
 お人形を包んでいた黒いものは、いつのまにか、銀色の波に変わっていました。

 ゆっくりと手を離します。
 女の子は、お人形に微笑みかけました。
 お人形も、ぎこちなく微笑み返します。

 女の子はしゃがむと、再び小箱にお人形を座らせました。
「御苦労さま。もう、いいのよ。自由になりなさい」
 お人形は、こくん、と小さくうなずきました。
 すると、銀の光が大きく、ずっと空の遠くまで広がりはじめました。
「いい子ね。……いってらっしゃい」

 小箱の上には、もう何もありません。
 あたりは、もう輝きもなく、ぼんやりとした薄明かりに包まれるだけでした。

 女の子は膝を払うと立ち上がりました。
 それから、仕分けの続きに向かいます。
 たくさんの記憶と、たくさんの想いが、女の子を待っていました。

 遠くから、また、ガラガラ、荷車の音が聞こえてきます。
 女の子は腰に手をやり、眉根を寄せて、お気に入りのポーズをとると、ふぅぅ、と大きくため息をつきました。
 それからひとりで、くくっと笑うと、荷車を引いている男の人を迎えに行くのでした。
創作物語工房
作者のブログ。執筆状況なども書いてます。
なかなか新作・続きがアップされないときは
チェックしてみてください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ