挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラノベを書くのってそんなに楽しいんですか? 作者:涼風てくの

ラノベを書くのってそんなに楽しいんですか?【一章】

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/16

TALE#16 資金調達、なおカジノ-1

どうも、涼風てくのと申します。
 一両、車両を歩く。ドアを開けて次の車両へと向かう。そしてもう一両、もう一両と微細な揺れの中、車内を歩く。
 スッと、目に入った窓の外の風景に目を止める。近代建築物にありがちの丸窓から、巨城、もとい王都の電光が見えた。前見たときより、一層よそよそしい立ち居振る舞いに見えた。



 さて、俺はもうあれから十五両も突っ走ってきたのだが、一向に客車を抜けられん。いったいどうしてこの列車はこんなに需要があったんだろうか? 一部屋ぐらい空いていてもいいもんだが……。
 二十七両目、全力疾走中に、一つ事が起こった。
「ぅヴぇっ、」
 とある外開きのドアに――何故?――激突して、二ミリほど鼻が縮んでしまった。
「これは相失礼致しました。御怪我は御座いませんか?」と、中から出てきた黒い人、シルクハットにマントだった。
「いえ、鼻面が折れかけただけです」
「それは良かった」
 良くねえぞ。
「御詫びにお一つこれをどうぞ」
 ……お詫びするのかよ。
 黒いマントが握らせてきたのは――黒い饅頭(まんじゅう)だった、なんでだ。
「変な人に突き当たったときには、是非これを食わせてやって下さい」と言いながら、俺に合わせ曲げていた腰を元に戻して言った。
「よくよく御気をつけて」とシルクハットを片手で持ち上げ、礼をしながら言って後ろへと去っていった。
 多少呆然として饅頭を眺め、それから体勢を立て直して二十八両目を目指す。



 さて百二十一両目。
「お前何食ってんだよ!」
 そいつは半開きの眼をこちらに向け、咀嚼(そしゃく)しながら言った。
「金食ってます」
「てめえはこれでも食ってろってんだ!!」そうして先程、変人退散用に渡された黒饅頭をフィルの口にぶち込みながら、その細い首根っこを掴んで、一等食堂から引きずりだして行く。
 ひとしきりもぐもぐ咀嚼(そしゃく)したかと思うと、次いで喉につっかえさせてむせ始めた。



 前に進むこと百三十両、カジノ車両一両目。
 六角形のシャンデリアが頭上からぶら下がっている中、再びあの熱気がそこにあった。あの事故の影響は微塵も見られない。ということで、見られたのは、そうだな。アホ二人が緑の机の前で頭を抱えているところだけだな。運悪くもそのような余計胸糞悪いシーンに出くわした。そう、運悪くも……。
「てめえらなに換金してやがんだアホっ!!」
 こんなことをしていたら、元の世界に戻ったときの俺のキャラが元居たときと大幅に変わるじゃねえか……。なんでこんなルーズな奴らばっかりなんだよ。
「何してるんですかっ! こんな所で金なんか浪費して!」誰の口が言ってんだよ。
「ぅわぁ!!」
「ぅゎあ!!」
 頭から生えている紐を引っ張られて(うめ)き声を上げる二人には目もくれず、もう少し、車両の奥の方へと進んで行く。
 赤絨毯(あかじゅうたん)張りの床、(きら)びやかに積み上がる百枚のピラミッドに、しんと静まり返る喧騒、(めく)られる、中央の共有カード……。
 この前の楕円形のテーブルに、相変わらずの人だかり、捲られる中央のカード、最後の瞬間だ。勝ったのは、仲間かわからないが、この前の奴と同じようなテンガロンハットをあてがいの痩せっぽち男である。歯を出しにやけながらそそくさと賞金を回収していったのには尻込みする。それからすっくと立ち上がり、仲間の人かなんかと立ち話をしている。
 耳をつんざくような騒ぎの中、彼らは(うなず)き合いを何度かした後、セミロングの髪をした女がこちらに向かってやって来たかと思うと、彼女が耳打ちする。私とやらないかい? と。
「ひ、ひえー!」とフィル。




 そうか、思い出したぞ。こいつ、誰かと思ったらあのときの、
「ガラスの靴の……」
 店主じゃないか……!
 濃緑の天然パーマのかかった髪が、見る角度で違う気色(けしき)になっていたようである。またも手早い準備で二人テーブルの喧騒の中心へと誘われる。立て続けて始まるのは珍しいのか知らんが、周囲は一層沸き立った。さっき引っ張って来た二人は何をしているもんかと見ると、何が始まるのやら分からず、ぽけーっとしたアホ顔で眺めていた。
 それから店主が口を挟んだ。
「ここに来るのは初めてじゃないんでしょう?」
「つい昨日もここに来たんですよ、その時は大変でしたがね……」
「そうかい、今回は懸け値の二倍ね。……また、厄介な仕事に巻き込まれたわ」
 と何か呟いた。



 すると、後ろからむんむんとした(いや)な雰囲気が流れ込んでくる。一体何だと後ろを振り返ってみると、カトレアが独り合点したように手をポンと打っていた。
「そうだ、皆で一緒にやればいいんだ、五百枚あるし」
 意味不明な思い付きをして、誰が賛同するんだよと思っていたのだが、
「そうですねそうですね! みんなでやれば自分にもお金が入りますよね!」なんでだよ。
「うん、最初からそうすれば良かったな」とアリシア氏。
 俺の取り分が大幅に減るのは困る。勝つとは決まっていないが。
「俺は認めないぞ。第一これは二人でやるってことになったんだし、お前らだけがやろうって言ったって、そうはいかないぜ」
「いいや、そんなら俺達もやらせてもらおうかな」と今度はこれに、名実ともに筋骨隆々な巨男が乗じてくる。



 これで場の雰囲気は一気にその方向へと転じてしまった。当の二人は困惑の体だったのだが、次第に流されていき、結局はカトレアの思い付きに参加させられることになってしまった。
 奇妙にもカトレアが隣のVIPルームのような場所の存在を知っており、一行、特にアホ三人は嬉々として扉を開いて中へと入っていった。みるとそこには校庭のトラックの様な形状の巨大な緑テーブルが鎮座していた。部屋はまるで真夜中の田舎町のようにしんと重苦しい空気が蔓延(はびこ)っていた。



「おい、一応聞いておくがお前らルールはわかってるんだろうな?」
 三人はしきりに顔を見合わせて困惑顔を浮かべる。
「わかってねえのかよ」
 さっと部屋の端に引っ張り込み、手っ取り早くルールの説明を始めていく……。
cont_access.php?citi_cont_id=423076696&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ファイアーマン

どこにでもいる現代の平凡なフリーターの主人公。 だが、ある時自分の中にある特殊能力に気付き開花させる。 そして、ここに正義のヒーローが誕生する❗ その名は「フ//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全107部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/03/04 11:39
地獄の日常は悲劇か喜劇か?〜誰も悪くない、だけど私たちは争いあう。それが運命だから!〜

「私が全てを託したのは貴方なのですから」 これは身勝手に全てを託された者たちの物語。 全ては自分勝手な理由で……。 これは一人の鬼によって巻き起された不//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 16:53
【TSファンタジー】 ゲームの世界に入ったら、女の子になっちゃった!!!

 オンラインRPG 《カナルグランデ》。そのゲームには世界最強といわれる、たった10人のギルドがあった。  そんなギルドに所属する主人公は、ある日ゲームのような//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全321部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 20:00
転生迷宮 ―リバイバルラビリンス―

 転生者が当たり前になった世界。  そんな世界の『チート』と呼ばれる規格外の力を持つ者の一人、『北条 黒山』は立ち寄ったあるギルドで魔法使いの少女『エムバ』に出//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 21:00
開拓騎士団

『開拓騎士団』  我は王  己が領土を追放されし無冠の王  我は騎士  姫を守り悪竜を狩る騎士  しかし、  我もまた一匹の龍  我を討つ騎士はいずこ?//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全64部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 20:36
その参謀、十三歳 

空想大河小説がはじまります。 妖怪と戦うために軍への早期入隊を果たした、十三歳の士官たち。名門三千院家の十人兄弟のうち七番目、葵もその一人。はじめは近所の妖怪//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全379部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 04:00
たとえ、我が願いで世界が滅びようとも

なんてことはない普段通りの休日を過ごしていた雪城宗太は声に呼ばれ、『魔法使い』によって「何か」が引き起こされたという異世界へ召喚されてしまう。そこは『無望の霧』//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 21:11
最終兵器マガツキ

 仮にこれが"計画"だったとしよう……  ならば、この計画は"まがつき"によって終焉を迎えるのだろう。  仮にこれが"実験"だったとしよう……  ならば、この//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全18部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 21:11
異世界と青い鳥 ~本物の獣耳娘と仲良くなりにちょっと異世界に行ってきます♪~

「冬也。リオと一緒にあっちの世界に行って、一年くらい旅をしておいでよ」  ――はい? アニメ・ラノベ好き、獣耳娘大好き、彼女無し、そんな普通の大学生トーヤは//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 12:11
タンスに小指で異世界征服しちゃいます!~痛擊の魔王クロニクル~

大学4年生の伊丹克は、異世界旅行ツアーで『異世界・ブガニア連邦王国』を訪れた。 しかし異世界を訪れた彼が、もちろんただで帰れるわけがない。 突然手に入れた、恐//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 11:48
泉の聖女

 水無月まりは、幼き頃から虐められていた。 小さな幸せを得ようとしても、得る事が出来ず、ついには心の病にかかり、生活困難な状態まで追い詰められる。  そこに、魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全125部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 10:30
異世界艦隊 ―軍艦好きな奴が異世界でゼロから艦隊を作ったら―

 とある島の飛竜使いに救われた軍艦好きの海原駆《うなばらかける》は、異世界で創造主《クリエイター》の称号を手に入れる。知らない世界の戦争に意図せず巻き込まれた駆//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全24部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 12:49
新生異世界覇王譚

あらすじが書けないほどに王道な異世界召喚ファンタジー。しかしそれこそがオリジナリティーである。 大量の魔法や魔法道具にバトル。 五人の高校生が召喚されたのは、ま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
ゲームで少女は夢を見る

 少女は色んな夢を見ていた。親友が出てくる夢、誰かが居なくなる夢。 いつしか少女は悪い夢ばかり見るようになる。 そして、大抵の悪い夢は正夢となり、少女を襲った。//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全86部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 01:13
マッドサイエンティストと遊ぼう!

 二十一世紀後半の日本。こんな都市伝説があった。  東京都安楽市絶好町にある、雪岡研究所なる場所。そこにいるマッドサイエンティストの改造手術を受けると、超常の領//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全1139部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 00:00
異世界で傭兵生活始めました

クラスの仲間で、魔方陣でUFOを呼んでいたら 突然、異世界に飛ばされてしまう。離ればなれになってしまった主人公は、仕方なく傭兵団に入り 傭兵家業で生活を始める。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全355部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 23:28
天哮丸戦記

一度それを握れば天下を統べる力を得るが、その強過ぎる力ゆえに持つ者自身をも滅ぼしてしまうと伝わる河内源氏の宝剣天哮丸。 城戸礼次郎はその天哮丸を代々守護して来//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全198部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/02 00:16
マインド・クロス

進を綾花ちゃんにすればいいーー。 全ては、舞波昂のその言葉から始まった。 瀬生綾花には他の人とは違う、不可思議な秘密がある。 それは、綾花としての心だけではな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全108部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 17:51
Guilty Hearts

世界から隔絶された完全隔離収容所が三つ存在する。そこには歴史から抹消されるほどの大罪を犯した咎人、咎人の血を引く罪の子、現代の医療では治療することのできない奇//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全24部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/09/18 16:34
なろう作家は静かに死ぬ

高校二年生の木下一馬はなろう作家である。 クラスではぼっちだが、小説を投稿することによっていつか書籍化という夢を持っていた。 ある日、隣のクラスの山本もなろう//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 完結済(全25部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/07/17 12:09
転生女神の冒険譚 〜異世界でTSした男の幸せと苦悩の日々〜

『物語はここから始まるんだ』 魂だけの球体になった俺は、淡く輝いた不思議な空間で目覚める。 眼前には金色の翼を背中から広げ、聖なる輪を頭上に浮かべる美しい女神//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 03:20
冒険者ギルド 東京支部 〜あなたの街にも冒険者が〜

新卒採用の会社を1年で辞めてしまった青年は、暇つぶしにスマホアプリをDLする。 アプリ名『冒険者ギルド東京支部』。 アプリに表示されるクエストをゲーム感覚で//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全70部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 00:02
Spirit of the Darkness あの日、僕は妹の命と引き換えに世界を滅ぼした

 『多重理論分枝型 生体思考維持システム=フロンティア』 人によって死後の世界が創造された未来。そこでは『現世』と『死後の世界(フロンティア)』との間で戦争が起//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全81部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 23:40
Ponte dei Sospiri

テーマを決めてため息をついていきたいと思います(じゃないともう無理だぁー)。

  • 詩〔その他〕
  • 完結済(全143部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/02/20 05:18
ライトノベルじゃあるまいし

高卒20歳、ラノベとアニメを主食としたニート主人公、千葉蘭。 世界は変わり、替わり、代わり、換わる。 謎の会社による初の実験「NCP」の第一被験者に選ばれた主人//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全105部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/17 10:36
転生したら色々あったので迷宮冒険者として成り上がろうと思います

 少年は目撃した。燃え盛る村を。優しくしてくれた人たちが斬り裂かれる姿を。  そして大切な人たちの最期を。  「――殺してやる」  転生した霧医・文斗は森の//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全179部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 19:03
2度目の人生を、楽しく生きる

日本で殺されたはずの少年は、死ぬ前に「次は自由に楽しく暮らせる人生がいいな…」と願いながら命を落とした。 そして次に目を覚ますと……そこは見知らぬ家のベッドで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全103部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 00:02
異世界でマンション経営 - 異世界だろうと金が物を言うことに変わりはない -

 交通事故で命を落とした高校二年生の雲母拓磨は、目を覚ますと異世界に転生していた。  見知らぬ世界で、その世界の住民に恐れられている『冥王』という存在と同じ能//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全11部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 21:34
プロクラトル

1つの世界が作られた、「最後に残った物にこの世界を任せよう」 選ばれた7人の神は互いに使徒を生み出し、争いを始めた。 100年にも及ぶ戦争は決着がつかず、大//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全192部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 12:45
滝夜叉姫と真緋(あけ)の怪談草紙

生命線であるアルバイトをクビにされ、意気消沈の近藤光流。失意の彼が街を彷徨っていると――同じアルバイト先で働いている女子高生を見つける。 いつも張り付けた様に//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全183部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 01:00
雨と竜のイストリア

 ここは剣と魔法の世界。ほとんどの人間が体内に魔力を生成し魔法を使うことができる。人々は魔界【アンブリア】などの異界から人間界【アーシリア】へと移り住んだ幻獣や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全77部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/04/18 23:05
せっかく転生した異世界が滅びそうなんですが 〜とりあえずオレは寝ます〜

睡眠中、どういうわけか自分でも気づかぬうちに死んでしまっていたシロウ。 そんなシロウの前に現れた女神を名乗るボクっ娘によって、シロウは異世界に転生する。 とこ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全89部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/07 22:40
シックスワールズ

僕が山で見つけたのは自由研究のための虫ではなく女の子。しかもその子は超古代兵器で前の世界を滅ぼしてきた、と言う。この日から僕の日常が崩れていった…ような気がした//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全434部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/13 07:00
朝起きたら妹が魔王になってました

ごくごく普通な不登校ロードを突っ走る少年、弓形 燈矢《ゆみなり とうや》はいつも通り目を覚ますとそこは全く知らない異世界だった。 突然に勇者であると告げられ、魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 01:15
雪白幼女は愛を謳う

「ねぇ、”君の中”には何が詰まっているのかな?」 人類領域の遥か彼方、誰も立ち入らない『原初の樹海』には、 雪のように真っ白な髪、宝石のように紅に輝く目に陶磁//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 15:49
神魔の境界線 ー異世界のその先にー

ある日、不思議な夢を見た高校生の南秋弘は突然、担任に襲われた幼なじみの山城葵をかばって致命傷を負う。しかし、神との契約により使徒として異世界に転生をはたした。そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全64部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/10/14 23:11
↑ページトップへ