挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マザーズドール ~人形の少女と魔法使いの旅~ 作者:播磨ゆき

第三章

12/12

4.『オリヴィア』

 
 部屋の中は荒れていた。
 ごつごつとした岩壁に囲まれたそこは物で溢れかえっている――というよりも、ほとんど物置のような状態だった。
 壊れたピアノ。破れた絵本。鏡の割れたドレッサー。床に散らばっているぬいぐるみは、もれなく中の綿が抉り出されている。
 そして、それらの向こう側――正面に広がる傷だらけの壁の中央には、一枚の絵が飾られている。

「あれって……」

 そこには一人の少女が描かれていた。
 栗色の長い髪を持ったその少女は、椅子に腰かけ、穏やかな微笑をこちらに向けている。猫のようにぱっちりとしたその瞳は、オリヴィアにとって恐ろしいほど見覚えがあった。

「あれって……――私?」

 そこにあった顔は、どう見てもオリヴィアのものだった。

「あの絵のモデルは、君じゃないよ。何せ五十年も前に描かれたものだからね」

 隣に立つベンジャミンが言った。

「そ、そうよね。私、まだ生まれてから三ヵ月しか経ってないんだし……」

 そう自分に言い聞かせるようにオリヴィアが言う。けれど、それでは疑問が残ってしまう。

「あれは私じゃない……けれど、それじゃあ、あの子は一体誰なの?」

 自分と同じ顔をした少女の絵を、オリヴィアはじっと見つめる。
 ベンジャミンは小さく息を吸うと、

「彼女の名は『オリヴィア』。絵のモデルは……五十年前の僕だよ」
「え……?」

 ぽかんとするオリヴィアの顔を、ベンジャミンは静かに見下ろして、そして困ったように微笑んだ。

「僕の本当の名は、『オリヴィア』。あの絵に描かれているのは、人間だった頃の僕の姿……――今も東の果てで眠っている、僕の本当の身体だよ」
「――……」

 オリヴィアは何も返事をすることができなかった。開いた口が塞がらない。
 彼女が呆けている間に、ベンジャミンは部屋を見渡して言った。

「この部屋にあるものはすべて、五十年前に僕が使っていたものだ。ピアノも、絵本も、ドレッサーもぬいぐるみも……。壊したのはフリージアだけどね」
「どういうこと……? あなたが、オリヴィア……?」

 やっとのことで、オリヴィアは声を絞り出す。
 けれど混乱は未だ解けていない。むしろ疑問ばかりが頭の中を飛び交い、さらなる深みへとはまっていく。

「なんで、どうして……? あなたは、一体誰なの? ベンジャミンじゃないの? ママは、あなたの一体何なの……?」
「『ベンジャミン』は、かつて僕が所有していた機械人形ドールだよ。そしてフリージアは、僕の実の母親だ」

 その言葉に、オリヴィアはハッと口元を手で覆った。
 ベンジャミンは二、三歩ほど足を踏み出すと、床に転がっていた手鏡を拾い上げる。そうしてヒビの入ったその表面を覗き込むと、銀髪の青年の顔が彼を見つめ返していた。

「……フリージアは僕を嫌っていた。僕がどれだけ彼女を愛しても、彼女は決して僕を見ようとはしなかった。……僕の強大すぎる魔力が、彼女には恐ろしかったんだ。そのことに僕が気づいたときには、すでに遅かった」

 彼が手鏡を離すと、宙に放り出されたそれは、彼の魔法の力によってふわふわと空中を漂い、やがてぬいぐるみの綿の上に落ちた。

「彼女は僕を恐れていた。だから五十年前、彼女は……――人間たちは、僕を封印したんだ」
「っ……」

 しゃっくりをするようなオリヴィアの声に気づいて、ベンジャミンは彼女を振り返った。

「オリヴィア?」
「……なんで、もっと早く……言ってくれなかったのよ……っ」

 途切れ途切れに紡がれるその声は震えていた。
 不満と、怒りと、悲哀とが入り混じった声。
 そこで初めて、ベンジャミンは彼女が泣いていることに気がついた。

「私、あなたの前でっ……ママとの楽しい思い出、いっぱい話しちゃったじゃない……っ」

 嗚咽交じりに言う彼女の瞳からは、ぽろぽろと大粒の涙が零れ落ちていた。

「オリヴィア……。僕のために、泣いてくれているの?」

 しゃくり上げる度に震える彼女の小さな頭を、ベンジャミンは細い手を伸ばして、愛おしそうに撫でる。

「君は……優しいね。どおりで、フリージアが大事にするわけだ。……僕は、涙一つ流すことのない、冷酷な人間だったから」

 彼に頭を撫でられると、オリヴィアはますます居た堪れない気持ちになった。
 フリージアの本当の娘は彼であり、自分ではない。本来ならば彼が経験するはずだったフリージアとの思い出を、自分は横取りしてしまったのだ。

「……ごめん、なさい。ベンジャミン」
「そう謝らないでよ。……やっぱり、言わない方が良かった?」
「ううん。……話してくれて、ありがとう……」

 最後の方は声が掠れていた。
 そんな彼女に、ベンジャミンはくすりと苦笑して言う。

「君は、フリージアが思い描いた理想の娘だ。無知で無邪気で、感情的で、魔法も使えない」
「……それ、褒めてるの?」

 目元をごしごしと拭きながらオリヴィアが聞くと、ベンジャミンはいつもの意地悪な笑みを浮かべた。

「もちろん。僕には到底たどりつけなかった、理想の箱入り娘だよ」

 くすくすと笑う彼の顔を、オリヴィアは赤くなった目で見上げる。
 いつも通りの笑みを浮かべている彼の表情からは、その心中を探ることはできなかった。

「オリヴィア。君は、フリージアの大切な一人娘だ。僕では実現できなかった、フリージアの理想そのものだ。だから……君の望むことは、フリージアの望むこと。その望みを、僕は叶えたい」
「ベンジャミン……」

 彼は改めてオリヴィアの顔を見据えると、まるで子どもをあやすような穏やかな声で尋ねた。

「オリヴィア。君は、この世界をどうしたい?」

 その問いにオリヴィアが応えるよりも早く、どこか遠くで爆発音のようなものが上がった。

「……うかうかしていられないね。応援を呼ばれたのかもしれない。今すぐここを出よう」
「ベンジャミン。この家、壊しちゃうの?」

 そう不安げに聞くオリヴィアに対し、

「心配いらないよ。壊すのは必要最低限。僕らが脱出できる空間を確保するだけだから。……それに、あんまり派手に壊しちゃうと、アステルとロータスが潰れちゃうかもしれないからね」

 言い終えるが早いか、彼は翼を広げた。







       ◇◆◇







 夕暮れに染まる大地の上空を、ドラゴンと化したベンジャミンが飛行する。
 その背中にちょこんと乗った幼い少女は、憂いの表情を浮かべていた。

「ねえ、ベンジャミン。さっきアステルが言ってたわよね。壊すよりはマシだ、って……」
「ロータスのこと?」

 こくん、とオリヴィアは控えめに頷く。

「さっきはロータスの話だったけれど……でも、あれって、世界も同じなのかな、って思って……」
「世界?」
「壊してしまうくらいなら、リセットをして、やり直した方がマシなのかなって」
「世界をリセットするってこと?」
「そう」
「そんなこと、できるの?」

 ベンジャミンが聞くと、途端にオリヴィアは黙り込んでしまった。

「……ふふ。悩んでるみたいだね」
「もう、笑わないでよ。今考えてるんだから」
「考えて答えが出せるほど、君の知識は豊富じゃないと思うんだけどね」
「うるさいわね、余計なお世話よ!」

 ぴしゃりと言ったその顔は真剣そのものである。

「そーよ。どうせ私は無知で感情的で向こう見ずで駄目な機械人形ですよーだ」

 ぷいっとそっぽを向く彼女に、

「別にそこまで言ってないけど?」

 と、ベンジャミンは冗談っぽく返す。

「でもね」
「ん?」

 オリヴィアは赤紫に染まる東の空を見つめ、どこか自信をつけたような、穏やかな表情を浮かべて言う。

「無知だからこそ、私は……まだ可能性があるんじゃないかって思えるのよ。こうやって旅を続けていれば、私は色んなことを知っていける。その中で、どんどん知識を増やしていけばいいんだわ。世界中を探せば、何か手掛かりが見つかるかもしれないもの」
「世界をリセットする方法?」
「そう」

 ベンジャミンは数秒の間を置くと、静かに喉を鳴らすようにして笑った。

「……なんで笑うのよ?」
「君の反応が面白いからだよ。およそ僕には考えつかない思考回路をしているからね。さすがはフリージアの愛した娘だ」
「それ、褒めてるの?」
「もちろん」

 ふふふ、といつもの意地の悪い笑い方をしながら、彼は言う。

「オリヴィア。君は、君の望むことをやればいい。君が望むなら、僕も一緒に、この世界をリセットする方法を探してみせる。……大丈夫。君ならきっと、正しい答えを導き出すことができるよ。フリージアが最も愛した君ならきっと、ね」

 
 
第三章 (終)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい

丁寧系無気力少年が異世界で転生したのは、吸血鬼の美少女だった。 剣も魔法もある異世界に、チート能力盛りだくさんで転生した主人公が求めるもの、それは――! 「三//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全123部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/17 20:36
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全470部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/13 23:03
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全67部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/14 20:46
むいむいたん

 もしゃもしゃ……むいむい。

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全726部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 12:00
異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます

現代日本の大学生である佐藤四季(サトウシキ)はある日突然通り魔に襲われ、目が覚めると異世界の迷宮都市に飛ばされていた。そこで治癒魔法に目覚めた彼は、怪我を治癒魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全83部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/04 19:07
逃げる修道女と追う魔術師

修道女姿のベアトリーチェは、教会から禁書を盗んで逃げ出し、追われる身の上。 森の奥の遺跡で身を潜める傍ら、付近で行き倒れた冒険者から金品を拝借して逃亡資金を貯め//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全208部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 19:05
うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

彼は、ひとりの少女と出会った。--罪人の烙印を押された幼い少女。それが全てのはじまりだった-- 「やべぇ、うちの娘可愛い」そんな親バカ保護者と養い子になった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全183部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 08:00
ロリババアロボ ー 6歳からの楽しい傭兵生活 ー

 これは両親と別れて暮らすことになった小さな女の子ベラちゃんが大きなお人形とお金で買ったお兄さんたちと一緒に面白おかしく旅をしていく心温まるお話です。  ベラち//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全202部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 00:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全159部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 00:00
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
ゲームキャラで異世界転生 ~トップランナーはよろず屋さん~

VRMMO全盛期にレトロ系MMORPGをプレイしていた主人公は、いつの間にか異世界に放り出された。しかも大平原のど真ん中、目の前には迷宮があるだけ。そこで保護し//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全235部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 12:00
帰らずの乙女

 恐ろしい獣が巣食うヴルヒナの森は流刑の地として扱われている。義賊、魔女と恐れられる女、かつての英雄など、厄介な罪人は皆この森に追放されてきた。無論帰ってきた者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全56部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/15 19:29
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全196部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 12:13
君の屍が視える

七日以内に死ぬ人間の、死体の様子が視えてしまう大学生・守部 結人(もりべ ゆうと)は、ある日飛び込み自殺を図ろうとしていた見ず知らずの女子大生・橘 逢生(たちば//

  • ホラー〔文芸〕
  • 完結済(全20部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/29 07:00
痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

本条楓は、友人である白峯理沙に誘われてVRMMOをプレイすることになる。 ゲームは嫌いでは無いけれど痛いのはちょっと…いや、かなり、かなーり大嫌い。 えっ…防御//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全138部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 23:45
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られる力をとある生//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 03:15
最初の街の女神ですが

海外で人気のVRゲームが日本にやってきた。反応速度では他社の追随を許さないというワールド・シミュレータが売りらしい。飛行スキルで空中戦をしたり、ファンタジー生活//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全27部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 21:41
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 00:00
雪白幼女の幻獣録

「ねぇ、”君の中”には何が詰まっているのかな?」 人類領域の遥か彼方、誰も立ち入らない『原初の樹海』には、 雪のように真っ白な髪、宝石のように紅に輝く目に陶磁//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 15:49
妻を殺してもバレない確率

 条件を入力すれば自宅のパソコンで簡単な未来予測が出来るようになったのはもう15年も前の話。様々な用途で使用されるソレを僕も例外もなく使わせてもらっていた。 //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/06/02 02:11
勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/13 00:00
セカンド・ストーリー・オンライン 理想の魔女目指して頑張ります。

――二つ目の物語を求める人へ。 人々を救う勇者から絶望を振りまく魔王や魔物。 はたまた何の取り柄もない村人。この世界ではどんな人にも存在にもなれます。 さぁあ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全21部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/09 15:28
打ち砕くロッカ

ロッカは家を追い出され、入学することになったのだった。

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全309部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 00:56
リュールとエルダのお気楽平民ライフ

我儘傲慢侯爵令嬢の悪事のとばっちりで、下級貴族の少女二人が貴族籍を除籍・学園退学・魔物が出る東の辺境へ配流されて………平民生活をのんびりまったりと満喫する、ゆる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全90部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/25 08:08
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全214部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 06:37
巫女る~目覚めたら巫女だった件について~

目覚めたら巫女だった。何を言っているかわからねえと思うが(ry そんな元男子高校生が神社で送る日常のお話。 (基本一話完結、★付きの作品は挿絵あり)

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全183部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 01:55
カボチャ頭のランタン

迷宮がポコポコ湧く都市で、探索者として暮らすランタン。血生臭く平和に一人で気ままに暮らしていたが、なんやかんやあって一人じゃなくなるような話。あとなんやかんやあ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全198部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/20 23:00
火輪を抱いた少女

 いつからここにいたのかはよく覚えていない。この糞みたいな場所で、私はいつも空を見上げていた。空に浮かぶ大きな大きな太陽。誰にでも優しく降り注ぐ暖かな日差し。も//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全48部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/02/15 12:11
雷帝のメイド

フライゲル大陸最強の五人、五帝と称される超越者が一人雷帝ナナキはある日予言を受ける。その予言が原因でそれまでの全てを失ったナナキはフロスト帝国との決別を決意し、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/18 17:13
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
僕は女の中の女を目指します~弱燃性転生チートで駆けあがれ!~

事故で異世界に転生してしまった僕は、名前のない村で育てられる。だけど、5歳の時、事件は起きた。 盗賊に襲われてしまった村で、生き残ったのは僕と妹の二人だけ。僕た//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全485部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/24 00:21
毛玉転生 ~ユニークモンスターには敵ばかり~ Reboot

教室に突っ込んできたトラックが爆発して、主人公は命を落とす。気がつくと異世界で、ケサランパサ○ンみたいな毛玉となって生まれ変わっていた。おまけにどうやら使い魔と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 17:00
神様によるペナルティ

少し……そう、ほんの少しだけだよ?女顔の僕、熱海京矢(あたみきょうや)は中学の卒業式の終わりに同じ高校に進学する親友である中山健吾(なかやまけんご)と一緒に遊び//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全162部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 20:35
俺、「城」を育てる

D級冒険者の俺。魔の森で死にかけ、廃城に住む幼女に助けられた。彼女は「城」の精霊だという。ともに暮らし、城を大きくして欲しいと頼まれた俺はそれを了承する。 彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全22部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 18:00
新世界のメイド(仮)さんと女神様

よくある異世界転生物っぽい話です。一話当たり2000字程度の予定ですので、気楽にお読みいただければ幸いです。 プレイしていたMMORPGがサービス終了になる。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/23 07:04
夜伽の国の月光姫

とある小国にアルエという美しい王女がいました。けれど、この国には隠されたもう一人の美姫、第二王女のセレネという少女も居たのです。セレネは、その異質さにより忌み子//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全85部)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/08 23:31
↑ページトップへ