挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~ 作者:金髪ロリ文庫
2/131

プロローグ


 何もない真っ白な空間。

 目の前に神様、それと俺。他にはなにもない。足下に地面がない。頭の上に空もない。地平線もない。先がない。後もない。もしも宇宙が白かったら、こうなるのではないか。そんな場所でのこと。

 神は言った。

「ウッス! お前は神である私の手違いで死んだッス!」

 俺は答えた。

「それはいくら何でも酷すぎませんか?」

 神は言った。

「お詫びに剣と魔法のファンタジーの世界で、お前が望む限りのチートを与えて、好きなだけ俺TUEEEさせてやるッス! 金も権力も女も、何もかもがお前の思うがままッス! うんたらかんたら!」

 俺は答えた。

「それは本当ですか?」

 神は言った。

「本当ッス!」

 俺は感激した。

「ありがとうございます。とても嬉しいです」

 神は言った。

「さぁ、みんな大好きチート選択の時間ッス!」

 俺は答えた。

「であれば、イケメンを下さい」

 神は答えた。

「イケメンッスか?」

 俺は答えた。

「はい、イケメンです。イケメンチートが欲しいです」

 神は言った。

「本当にそれで良いんスか?」

 俺は答えた。

「はい、本当にそれで構いません」

 俺は更に続けた。

「世界の誰もが惚れ、羨み、嫉妬する、絶対のイケメンを下さい。視界に収まれば、老若男女を問わず、いっぺんたりとも視線を逸らせなくなるほどの、圧倒的な美しさと、格好良さと、カリスマを誇る、絶対究極のイケメンをっ!」

 神は同調した。

「たしかにイケメンは素晴らしいッス。イケメンなら人生イージーモードッス」

 俺は殊更に語り掛けた。

「そうでしょう。そのとおりでしょう。神すらも認定するイケメンを下さい」

 神様は言った。

「だがしかし、お前をイケメンにすることはできないっッス」

 俺は嘆いた。

「何故ですかっ!? 神よっ!」

 神は言った。

「お前はイケメンになれない運命の下に生まれてきたからッス」

 俺は懺悔した。

「どうか、どうかイケメンにして下さい。イケメンチートが欲しいんです。過去に犯したどれだけ些末な罪であろうとも、この場に晒し、謝罪し、償う覚悟がございます。ですから、どうか私にイケメンを下さい」

 神は断言した。

「不可能ッス。そのチートだけは不可能ッス。だめだめー、絶対にだめー」

 俺は絶望した。

「そんなっ……」

 神は言った。

「他のチートを選ぶっス」

 俺は口をつぐんだ。

「…………」

 神は急かした。

「早くしろッス。欲しいチートを言うッス」

 俺は急かされた。

「そ、それなら回復魔法を。どんなケガでも病気でも治せる回復魔法を下さい」

 神は頷いた。

「良いッス。お前には最高の回復魔法チートを与えるッス」

 俺は目元に浮かんだ涙を人差し指に拭った。

「ありがとうございます」

 神は言った。

「せいぜい次なる生を楽しむが良いッス」

 俺は答えた。

「あ、ありがとうございます……」

 そうして、転生チートの受付窓口は過ぎていった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ