挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約3ヶ月以上の間、更新されていません。

ファースト・ワールド ―異世界に乗り込んでやるぜ!ー

作者:鏡音 優
百の世界はそれぞれがそれぞれに存在している。
 その百の世界をたった一人で支配し、神となった、伝説の人間がいた。
 だがそれも、遠い話。今や人間の住む世界は、その神に別世界として切り離された。否、神が遠ざけたのだ。ただ単純に。己の生まれた世界を護るため。
そして、九十九の世界を駆け上がるため戦いを繰り返し、一位にたどり着いた者が神に願いを叶えてもらった。何を願ったのかは知られていない。
そこで、後に伝説と呼ばれる時代は幕を閉じた。 
   
これから始まるのは、その伝説の時代の何百年も後の話。
 ハンドレッド・ワールド。それが、人間の住む世界。 そして、ランク最下位にして百番目の世界。
 だが真実は違った。世界のできる順番が名前となるというルール。百番目が本当ならば、神になることなど不可能だろう。そう、この世界は一番目(ファースト)の(・)世界(ワールド)。始まりの世界だったのだ。
 そして、もう過半数の人間が奴隷として上層に送られた。この世界の人間たちは思った。始まりの世界なのだから、このまま、朽果てるわけにはいかない。この世界群の最上層には全てを叶える神がいるらしい。だが、最下層の我々にその力はない。そう思い、彼らは願った。あるモノに対して。
 そのモノは、その願いに反応し、四人の少年少女達を連れてきた。

 そのとき、新しい伝説が始まった。




1話
2017/05/30 21:58
2話
2017/06/03 20:54
3話
2017/07/17 21:34
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ