挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約3年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性が極めて高いです。予めご了承下さい。

-Judas- 〜聖なる罪人〜

もしもこの地球という星そのものに意志があったら・・・。今のこの状態をどう思うだろうか?自然は壊され、大気は汚され、資源は搾り取られ、命たちは無為に潰される・・・。星の中で命は人類にまで進化しながらもその結果、星を壊さんばかりの事態を引き起こしている。星は考える・・・。「私は生まれるべきだったのだろうか?」と。そして星はある結論を出す。破滅への結論を・・・。その頑ななる意志にある人間が立ち上がる。人類史上最大の罪人、{裏切りのユダ}。彼はある使命の元、地獄から蘇る。星の破滅を防ぐために・・・。
ー序章1−  星の意志
2007/12/19 06:58
光の涙
2008/01/19 07:16
ー裁きへの秒読みー1
2008/01/23 18:36
ー裁きへの秒読み−2
2008/02/08 13:03
ー裁きへの秒読みー3
2008/03/13 13:18
judeccaにて  -降りてきた一滴ー
2010/08/24 14:01
Judeccaにて     握り返した男 
2010/10/20 12:07
輝く地獄
2010/11/25 12:34
失われ得たもの
2010/12/24 14:34
―judas復活編―  目覚めた軍人
2011/04/12 12:40
裁きの幕開け 1
2012/10/12 12:53
裁きの幕開け 2
2012/11/28 13:26
目覚めた男
2013/04/16 12:46
目覚かける男
2013/08/31 09:36
大聖堂、光る
2013/11/01 21:08
知る者と知っている者
2014/01/21 14:26
裁きの爪痕
2014/04/08 14:14
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ