挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

楽(エンタメ・実験作)

200文字小説 夢と希望と理想と破綻の介護ロボ

作者:84g
この物語はフィクションです。
 うちの施設に介護ロボが来た。
 データだけで様々なケアができ、人員不足が解決される!
【ピピ、ソレデハ利用者様ノ身長・体重・病歴・家族構成・出身地、その他、一八五ノ項目ヲ入力シテ下サイ】
「……五十人分、全部?」
【変更時モ随時・デス】
「体重とか毎日測定しろと?」
【正シク利用頂ケナイ場合、事故等ノ責任ハ負イカネマス】

 思い付きのような鉄屑から責任だけを押し付けられ続ける業務に私は退職届の書き方を検索していた。
要介護者は責任能力ない人も多く、個別での対応が必要な中、時間がないパートのオバチャン介護スタッフだけで使える魔法のようなロボが開発中なんでしょうなぁ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ