挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

風邪は夏にひけ!

作者:ガルド
 ばかは風邪ひかないのよ、と言ったのは彼女だった。
 じゃあおれは平気かな、と言ったのは、……はて、誰だったか。
 僕はベッドから見上げるクリーム色の天井へ現れた体温計を見て、思わずため息がもれた。
 カレンダーは8月の27。
 体温計は38.3度。
 遊びもラストスパートに差し掛かったこの時期に、あいつの胸より立派な夏風邪だった。
 ごろりとみじろぎすると、開いた扉から居間が見える。
 ちゃぶ台とまで言わないが、それでも十分小さなテーブルが見える。
 その上に、なんだろ、……ペン立てかな。そいつが居心地悪げに、ポツン、って感じで立っている。その下にあるのはお金。たぶん1000円だ。
「あ゛〜、やば」
 ぽーとしてるのが自分でも分かる。
 そういやオカン、居ないんだっけ。
 いけない。なんか、また眠く、なって……。
 確か今日……、僕には約束が……。
 ………………。
 がちゃん、て音がした。
 お母さん、帰ってきたのかな。
 声を出すのもめんどうで、体も頭もまだ半分以上が眠ったままだ。体中がまるで火が付いたみたいに熱くて、意識全体に(もや)がかかっている。
 それも、次の光景を見た時全部納得した。
「あ〜、もう。私との約束すっぽかしてなにやってんのかと思ったら、ホントなにやってるのよ」
 なんだ、夢か。由香が僕の部屋に居るなんて、本当夢だとしても小学生ぶりじゃないか。
「なにぼーっとしてんのよ。あ、私がここに居るのが不思議なのね?」
 ふふーん、と由香は得意げに自慢の胸を反らした。
「秘密よ秘密。おしえてあげなーい」
 言いながら由香が近寄って来る。
「……う゛、なによそんな顔して。教えて欲しいの?」
 こくん、と頷く。
「う゛〜、いつになく素直ね。隠してるこっちがばかみたいじゃない。……いーわよ、教えたげる。おばさんに商店街であったのよ。それだけ。深い意味なんてないんだから」
 そうか。商店街だ。僕は約束をすっぽかすのか。いや、もうすっぽかしたのか。由香は、来ない僕をずっと待っていたのだろうか。
「なによ、気にしてんの? ばっか、しょうがないじゃない。風邪ひいちゃったんなら。もう」
 普段もそれくらい素直なら可愛げがあるのに、とほんのりと赤らめた頬をかきながら照れ隠しする彼女。
 ばか、可愛いのはそっちだ。普段からそれくらい愛嬌があれば……あれば、僕だって……。
 でも夢ってのは本当にいいもんだ。
 近寄って来た由香は僕の額に手をおくと
「あちっ」と手を大袈裟に手を引っ込めた。
「汗もすごいわね。うん、ちょっと待ってて」
 居間の方へ引っ込んで行く由香。
 あーあ、もっと顔をじっくり見てたかったのに残念。
 それから由香はいろいろと僕の面倒をみてくれた。
 タオルで汗をふき、氷枕を持って来てくれて、体温計で熱をはかって、果てはおかゆまで作って食べさせてくれた。
 由香は終始ニコニコとご機嫌で、ちょっと後が怖いくらいだった。でもこれは夢だから後を怖がることもない。
 ああ、なんて天国なんだ。あのいっつもふくれっ面しか僕に見せてくれず、たまに笑顔を見れた日には心の中でガッツポーズに雄叫びまでしてしまうほどレアな由香の笑顔が、ずっと見ていられるなんて。
 ああ、でもこれは夢。
僕の夢なんだよなあ。
それはちょっと残念。
これが現実だったら、僕は由香に告白したっていい。
ずっと好きでした、って。
もういつからとか分からないくらい前から好きでした、って。
いつも意地悪なこと言ってごめん、って謝ったっていい。
ほら、男の子は好きな子のことをいじめたくなるってやつだよ、なんてこっ恥ずかしいことだって言ったっていい。いや、言ってやろう。それであいつの恥ずかしがる姿を見るんだ。クールキャラぶってるけど、あいつは本当にこの手の話に弱いんだ。きっと顔を真っ赤にして恥ずかしがるぞ。うん、なんかそれ、いいな。サイコーだ。サイコーだよ、そんな未来。
 でも現実はそううまくなんていかない。
 夢の中だって、ほら……
「そろそろ、帰らなきゃ」
 由香が心の底から残念そうに言った。
 その声に、その事実に、ドキリと胸が高鳴った。
「ちょっと、どうしたのよ。ホント今日はらしくないわね」
 わがままを言うわが子をあやすような、そんな甘い声で彼女は言った。らしくないのはお前もいっしょだぞ。うん。
「じゃあ、目を閉じて」
 言われたとおりに目を閉じる。やさしい闇が体を包んだ。
 彼女はやさしい声で、なつかしい子守歌を歌った。小学生のころ、歌を知らなかった僕たちがいつかいっしょに歌っていた曲だった。
 とん、とん、とゆっくりとした子守歌のリズムで、由香が僕の胸をたたいている。だんだんと、ねむく、なってきた。
 ねむ、く……
「たまなら良いけど、やっぱり物足りないわ。はやく元気になってお互い皮肉り合おう?」
 ちゅ、と。
 甘い何かが一瞬だけ唇にふれた気がした。 ………………。
 …………。
 ……。
「……とまあこんな夢をみたんだが。これって欲望が夢になったってヤツ? なんか末期症状だよなあ。なあ、おれってあいつに告白するべきかなあ?」
「なあ親友。知ってるか? ばかは風邪ひかないってよくいうけど、夏風邪は誰がひくのかさ」
「??」

 名残惜しいと(せみ)が鳴く、9月1日のとある日常。
 どっかの彼女が数分前、彼氏の親友に愚痴をこぼしていたことに彼氏が気付くはずも無く。
SSっていいなー、とかぼーっと考えてたら空から物語が降臨しました。突発シリーズ第一弾。ついでに初SSです。なにがしたかったのかは不明。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ