挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

補遺閑話集・勇者のんびり編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

284/284

第266話 ステラの協力(侯爵領問題余話)

 雨上がりの夕暮れ。
 ケイカ村の濡れた木々は西日を浴びてルビーのようにきらきらと輝き、遠くの畑も芽吹いている。

 俺は下駄を鳴らして舗装された道を歩いていた。
 向かっているは村の南側の通りに面した旅館だった。


 侯爵が24時間の救急病院を開設したことが、ずっと頭に引っかかっていた。
 考えれば考えるほど、俺のケイカ村より名前が目立ってしまうのではないかと。

 もちろん俺の生み出した飛竜宅配便と協力関係にあるから一方的にはならないとは思うが、それでもどうも気にかかる。

 そこで、ケイカ村でも侯爵国ではやらない独自のことをする必要があると考えた。


 旅館のエントランスに入ると女中が寄ってきた。
 すぐに女将の部屋へ案内される。

「ステラ。入るぞ」
 声と同時に部屋へ入ったが、桃色の髪を揺らしてサキュバスの少女ステラが飛びついてきた。

 先の尖った尻尾を鞭のようにぶんぶん振って喜んでいる。
「きゃはっ! ケイカじゃ~ん! 来てくれたんだっ!」

 俺の胸に笑顔をうずめて、形の良い胸を押し当ててくる。

 ただ少し小ぶりになった気がした。
「痩せたか? ――ああ、そうか。最近忙しくて会ってやれなかったな。悪かった」

 エーデルシュタインの行事に顔を出したり、セリカの体調を気遣ったり。
 あとは侯爵やドライドと飛竜宅配便について、詳細を詰めたりしていた。

 ステラはサキュバスなので、精気を吸わないと生きていけなかった。


 ステラは背中にある蝙蝠状の小さな羽をパタパタさせて喜ぶ。
「ううんっ、こうして来てくれたんだからっ。ぜんぜんオッケーじゃんっ♪ ――ダーリンっ」
 細い腕を回してぎゅううっと抱きしめてきた。

 一度寝てからというもの、二人っきりの時は甘えるような態度が増えた気がする。
「可愛いこと言うようになったな。まあ、そのまま聞いてくれ。今日は相談があってきたんだ」
「……ん? なぁに?」

「侯爵が24時間の救急病院を始めたのは知ってるか?」
「ほへー。そうなんだ。こーしゃくも働き者だね~」

「このままだとケイカ村の知名度が負けるだろう」
「えー。アタシ、夜も働くなんてヤダよぉ」
 ちょっと頬を膨らませて、火照る体をすり寄せてきた。
 柔らかな曲線が布越しに伝わる。


「サキュバスの癖に……まあ、夜勤をしてもらうわけじゃない。侯爵とは別の分野でケイカ村の名を広めようと思う」
「というと?」
「不妊治療を一般の人々に安く提供してもらいたい」

 彼女は和服の隙間から手を入れつつ首を傾げた。肌を直接なでる指先がくすぐったい。
「ん~、それならいいけど……でも、他の夢魔たちが怒るんじゃない?」

「あ~、価格破壊になってしまうのか」
「うんうん。みんな、貴族や豪商相手にかなりふっかけてるからね~」

「だったら金持ちは相手にせず、貧しい人たちだけにしよう」
「それなら……いいのかなぁ? アタシ、わかんない」
 眉間にしわを寄せつつ、もぞもぞと動いて俺と自分お帯を解いた。より肌同士が密着する。
 胸や鎖骨を小さな舌でチロチロと舐め始めた。


 俺も彼女の丸みを緩くなぞりながら呟く。 
「夢魔伯爵と話し合うしかないか」
「う……1人で行ってきてね」
「史上初の魔王を倒した勇者と寝たサキュバスなのに、まだ嫌われてるのか?」

「ううん、その逆なんだけど……だってさぁ、絶対どんなプレイしたか聞かれるしぃ……頭真っ白でほとんど覚えてないし……」
 後半は顔を赤くして消え入りそうな声で言った。


「ほう――だったら今度は記憶にしっかりと刻まれるぐらいのことをしようか――ほら」
 半脱ぎの浴衣をめくって小ぶりなお尻をきゅっと掴む。 

 ステラは頬を染めて悲鳴を上げた。
「ひゃっ!? だ、だめぇ……まだ夕方じゃん――っ」
「明るいほうがよく見えて覚えていられるんじゃないか?」

 むうっと赤い唇を尖らせて、上目づかいで俺を見上げる。
「……そりゃあ、そうだけどぉ~恥ずかしいじゃん……」
 顔を真っ赤にしてうつむく。

 大胆なのに恥ずかしがり屋のサキュバス。
 この先、生きていけるのだろうか。


 ふと名案を思い付いたので実行することにした。
 ステラの薄い腰に腕を回して軽く上へ持ち上げる。「あっ……」と彼女は腕の中で声を漏らした。

 俺が顔を近づけると、ステラは目を閉じて上を向く。赤い唇が誘うかのように開けられている。
 彼女のほうからもつま先立ちになって近づいてくる。

 ――が。
 俺は唇が降れるか触れないかぐらいで避け続ける。
 彼女の呼吸が乱れて次第にあえぎだす。
 そして泣きそうな顔になって言った。
「どうしたの、ケイカぁ? じらさないでよぉ!」 

「続きは一緒に行ってからだな」
 にやっと笑って言うと、彼女は盛大に頬を膨らませた。
「ずる~い! ――もうっ、ケイカったらますます悪くなってるぅ!」

「そう言うな。さあ、さっさと行って終わらせよう」
「ぶふ~」
 拗ねだしたステラの桃色の髪をぽんぽんとなでて慰めた。

       ◇  ◇  ◇

 大陸北西の海近くにある夜魔伯爵領。
 地下に建設された享楽都市ウォルピタスは今日も熱気と退廃的な雰囲気を漂わせている。

 俺とステラは大通りの奥にある夜魔伯爵の屋敷にいた。
 いかがわしい展示物の飾られた応接間にて、夜魔伯爵マッシブと相対している。
 もちろんおかしな薬の入ったお茶には手を出さない。


 要件を話し終えたところ、向かいに座るマッシブは大げさに顔をしかめた。
「それは困る。不妊治療は夜魔伯爵領の重要な外貨獲得手段の一つなのでな。誰でも受けられるようになってしまっては夜魔たちの価値が下がることにもつながりかねん」
 言い終えると、彼は筋肉質の大きな体格をソファーにうずめた。

「なるほど。大金を出してでも跡目を作りたい者たちに限るというわけか」
「その通り。そしてこの能力を周知してあるからこそ、夜魔伯爵領はどこからも攻められずに安泰なのだよ」
 マッシブは足を組み替えつつ堂々と言った。どこか誇らしげだった。
 能力を広めて人間と友好的な関係を築いたのはマッシブの功績なのかもしれない。

 確かに、と俺は思う。
 ケイカ村でステラが不妊をするようになると、相対的に他のサキュバスやインキュバスたちの地位が下がる。
 夜魔たちがただの魔物扱いになれば、いろいろと迫害などのもめ事が起きる可能性が出てきそうだ。


 隣に座るステラが背中の羽をパタパタさせながらのんきな声で言った。
「ほら~、言ったとおりじゃん? 侯爵に勝てるチャンスだったのに、ざんね~ん」

 俺は顎を撫でつつうなずいた。自然と眉間にしわが寄る。
「困ったな……侯爵に勝つには不妊治療で人気を集めるのが一番だと考えたんだが……夜魔たちの今後を考えると、厳しいな」


 するとマッシブが目を見開いた。
「なに!? 侯爵に勝つだと! あのデスペラードのやつか!」
「そうだが?」
「奴は何をやったんだ!?」

 前のめりになって食い気味に話しかけてくる。
 ――そういやこいつ、地獄侯爵をライバル視していたな。


 俺は軽く説明した。
「侯爵は24時間営業の病院を始めたんだ。飛竜宅配便と組んで緊急患者を全部収容することになった」
「なんだとぅ! あの高慢男め! また変なことをして人気者にでもなるつもりか! ――くぅ!」

 マッシブは並びの良い歯で、ぎりっと音を立てて歯ぎしりした。


 ちらっと横を見ると、ステラがウインクしてきた。
 偶然じゃなく、わかってて侯爵の名を出したらしい。
 ――お手柄だな。

 俺はチャンスを無駄にしないよう考えつつ、片手でステラの頭を撫でてやった。
 彼女はくすぐったそうに目を細めて笑った。

「そうだな。このままだと地獄侯爵の名前はますます知れ渡り、尊敬されることになるだろう。ここはひとつ、差を開けられないためにも夜魔伯爵とその仲間の力を示さないとな」


 マッシブは声に憤りを漲らせて叫ぶ。
「だったら私も飛竜宅配便とやらと組んで、娼婦を全国の家庭に送り届け、世界を愛欲で埋めつくす――」
「まて! デリヘルなんかを普及させるんじゃない! ――つーか、そんなことしたら、勇者の討伐対象になるぞ」

 太刀に手を当ててカチャッと無機質な音を立てて脅すと、マッシブの顔に大粒の汗が噴き出した。
「いや、まあ。――あはははは! 私なりのジョークだよ。面白かったかね?」
 乾いた声で笑うマッシブ。


 俺は肩をすくめて太刀を戻した。
「まあ、いいだろう。それより不妊治療をケイカ村でおこなうことを許可してくれ。貴族や大商人には施さない。子供ができなくて困っている貧しい人々に授けるだけだ」

「貧しいの基準があいまいではないかね? それに普通の人々も子が欲しくなれば押し寄せるだろう? 勇者としてはその者たちを追い払うわけにもいくまい」


 ここぞとばかりに不敵な笑みを浮かべてマッシブを見る。
「甘いなマッシブ。そこは治療の条件次第でどうにもなるだろう」
「条件次第? どういうことだ?」


「生まれてくる子は必ず双子か三つ子にする。これだと上流階級は跡目争いがややこしくなるからまず利用しないし、不満も出ない。それに普通の家庭や貧しい人々でいきなり三つ子を育てることは苦しいから、よっぽど子供が欲しい人でない限り利用しない」

 それにこの世界における双子や三つ子の出産時母子死亡率は桁違いに高い。
 ケイカ村の病院でしか安全な分娩は不可能だろう。
 俺か侯爵のところでしか帝王切開はできないしな。


 ぐぬぬ、とマッシブは唇を噛んでうなった。
「確かにそれなら差別化はできるし、抑止力になりうるだろう……」

 ステラも横で感心した声を上げた。
「双子は不吉って迷信もあるぐらいだしねぇ~。利用する人は限られそう。それでも欲しい人にとっては覚悟を決めてきそうだし。さっすがケイカ!」
 自分のことのようにとがった尻尾を揺らして喜んでいた。


 しかしマッシブの顔にはまだ不信が残っている。
「必ず双子や三つ子……当然、私たちならそれぐらい可能だが、夜魔はそういう能力しかないのかと疑われるのではないかね?」

「それは適当に誤魔化せばなんとかなるだろ。不妊だった反動で多く生まれてしまうとかなんとか。いやなら大金を出せば高度な施術をおこなって一人だけ生まれるようにできると言えばいい」

「利用者を丸め込むぐらいできるんじゃない? アタシたち、ベッドの上での演技なら超得意だしっ」
 きゃはっ、とステラはかわいい声を上げて陽気に笑った。


 マッシブは四角い顎を撫でて考え込んでいたが、うむっとうなずいた。
「夜魔の実力を示すいい機会になるだろう。わかったケイカ村でのみ、不妊治療を行うことを許可しようではないか」

「そうしてもらえると助かる」
 俺が手を差し出すと、伯爵はしぶしぶといった感じで握ってきた。
 握手を交わしてから、俺は村へと戻った。

       ◇  ◇  ◇

 夜のケイカ村。
 旅館にある女将の部屋に戻ってきていた。
 ベッドの端にステラと並んで腰かけている。

 ステラは何か考え事をしていたが、唐突に言った。
「でもさー、アタシ思ったんだけど」

「なんだ?」
「貧しい人に子供できたら、生活ますます苦しくなるんじゃないの?」


 俺は大仰にうなずく。
「ああ、その通りだな」
「それなのに普及させるの? ケイカってば、人気が欲しいんでしょ? 逆に恨まれたり、嫌われたりしちゃうんじゃ……?」

「いやいや。その逆だ。困る人がいる限り、勇者は彼らを助けて活躍できる――つまり人助けの結果、わざと困る人々が生まれてしまう仕組みを作ったんだ」


 ステラが桃色の瞳を見開いた。
「くろっ! ケイカめっちゃ腹黒い!」
「ふっ。なんとでも言え。人々は困ってこそ、俺を思い出すんだからな」

 困った時の神頼み。
 魔王が倒されて世界が平和になろうとも、人々が困り続ける限り勇者の需要は減らない。
 俺は名を売り込み続けられる! 勇気と慈愛の神として後世にまで名を語り継がれるだろう。


 ステラは、むむ~とうなっていたが最後にはうなずいて笑顔になった。
「まあ、いっか! ケイカならうまくやっちゃうだろうし。あはっ」

「だな。それと今日は助かった。ありがとうな」
 そっと肩を抱き寄せると、ステラはびくっと体を震わせた。
「やん……もう? 今日は優しくし――んう」

 全部を言わせず、彼女の唇をキスでふさいだ。
 知識だけは豊富なせいか、変幻自在の舌の動きは素晴らしい。けれども、どこかぎこちない。
 そのまま華奢な体を抱きしめつつ、手は彼女の素肌を撫でていく。


「やっ……だめだよぅ」
 俺の腕からするりと抜けてベッドの上に倒れこんだ。
 ただ、いつの間にか浴衣の帯は解かれていて、白い肌をみだらにさらしている。

 上体をひねっているため、胸や腰の曲線がなまめかしく強調されていた。
 こういう男を誘う仕草だけは一人前。
 ――ただし。

「まだまだだな」
 俺は床に落ちた彼女の帯を拾うと、ゆっくりと覆いかぶさる。

 彼女の瞳が丸く開かれる。
「ふえっ! きょ、今日はそっちのほう!? ――や、やだ。あんなことやこんなことまでっ」
 耳まで真っ赤になって目を回していた。

 経験がほとんどないのに知識だけは豊富なので、勝手に先まで考えてはオーバーヒートする。
 これが頭真っ白になって何も覚えていない原因だと思う。


 苦笑しつつ、浴衣をめくって小柄な彼女の肢体をあらわにする。
「どこまで妄想してるんだか……」
 耳元でささやきつつ、耳たぶを優しくかむ。

 それだけでびくっと肢体を震わせて、弓なりに背をそらした。
「ああんっ! そんなに激しくっ。 ――ケイカぁっ!」

 まだ何もしてないのに。
 触るたび、姿勢を変えさせるたびに、彼女はいろいろなプレイを妄想しているらしく。
 普通に抱かれているだけなのに、なかなか大変そうだった。


 お互い汗ばむぐらいに絡み合ってから、たっぷりと食事を与えた。
 ステラはすらりとした足を延ばして感極まった悲鳴を上げる。
 それからに三度体を震わせてから、ベッドの上にぐったりと倒れこんだ。

 浅い呼吸を繰り返しながら、華奢な指先でお腹をなでる。
「もうおなかいっぱい……ケイカの熱い……当分ご飯いらない……」

 隣に寝ながら乱れた髪をなでて整えてやる。
「毎回、大変だな。今回は覚えてられたか?」
「ふぇ? ……そんなの……わかんないよぉ……」
 ステラは弱々しく首を振った。緩やかに揺れる桃色の髪。俺を見る瞳が切なく潤んでいる。


 俺は苦笑しながら彼女の裸体に密着して、体位を入れ替えた。
 組み敷いた彼女に笑いかける。
「だったら、記憶が残るぐらい強烈な感じでしようか」
「やっ、ちょっと! ムリだから! もう入らないからっ! ――やぁんっ」
 そう喘ぎながらもステラの手はぎこちなく求めてくる。

 また二人の甘く激しい吐息が交差する。
 夜はまだまだ明けなかった。


  ステラの協力(侯爵領問題余話) 終
前回の侯爵領問題解決では禍根を残しそうだったので、今回で穴をふさぎました。
たぶん払拭できたのではないかと。

リヴィアリリールの海女神問題と、辺境大陸問題は執筆にまだ時間がかかりそうです。
それでは、また。
GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全381部分)
  • 6358 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 12:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 5796 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 6048 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 5868 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 09:08
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部分)
  • 5829 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:38
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1555部分)
  • 6154 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全204部分)
  • 5391 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:06
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 6055 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 6958 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 5413 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 6485 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全210部分)
  • 5769 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 23:32
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部分)
  • 6091 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 11:00
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 5287 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:31
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全238部分)
  • 5399 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 02:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 5670 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全455部分)
  • 5441 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 22:54
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 6700 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全476部分)
  • 6096 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 18:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全820部分)
  • 6092 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 7340 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 5371 user
  • 最終掲載日:2017/10/02 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 6340 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1297部分)
  • 5858 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 7114 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 5946 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 6902 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部分)
  • 5632 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 23:48
↑ページトップへ