挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

第二章 勇者冒険編・海

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/284

第26話 夜中の謁見(情報収集5)

 俺は夜の街を歩いていた。
 石畳に下駄の乾いた音がからからと鳴る。
 そして街の中心にある王城へと着いた。

 当然ながら両開きの大きな門は閉まっていた。
 見張りに立つ中年の門番に、世間話のように話しかけた。
「こんばんは。少し尋ねたいんだが」
「何者……って、勇者さま。こんばんは」
「王様の寝室はどのへんか分かるか?」
「王様の寝室は確か、南側の中庭に面した最上階かと……いったいなぜです?」
「いや、ちょっと気になっただけなんだ。ありがとよ」
「はあ」
 不思議そうに首を傾げる門番をあとにして、俺は門前から立ち去った。


 城の外壁に沿ってぐるっと回りこむ。
 南側の塀沿いの道に来たところで立ち止まった。
「風よ」
 俺に従う風を呼び寄せ、地面を蹴って飛翔する。
 夜空に弧を描いて俺は飛んだ。

 そして城の屋根に乗った。
 《千里眼》で南側の部屋を見ていく。部屋数が多い。
 そのうちの一つに、ベッドに入って本を読む王様がいた。寝巻きを着てナイトキャップを被っている。
 サイドテーブルにはランプの光が灯っていた。
「ここか」
 俺はまた空を飛んで、部屋のバルコニーに降り立った。
 テラス窓を開けて部屋へ入る。鍵は掛かっていなかった。


 寝室へ入ると、王様が本から顔を上げた。
「ん? そなたは確か新しい勇者であったな。ケイカだったか……勇者はいつでも王に会えるし、どこへでも入れる許可があるが、時間を考えてくれんかの? そろそろ寝るところじゃ」
「夜分遅くにすみません、王様。ですがどうしても聞いておきたいことがありまして」
「ほう。なんじゃ?」
「王様は魔王を倒したいと考えておられますか?」
「む? おかしなことを聞く。当然であろう」
 その言葉に嘘偽りは感じられなかった。

 俺は居住まいを正して質問する。
「では、この王国に魔王の影響力がどこまで及んでいるかご存知ですか?」
 すると王様は眉間に深いしわを寄せてうつむいた。
 何か知っている様子。
 苦々しい声を絞り出すようにしていった。
「なるほどな。そなたが深夜に忍び込んできたわけが分かったわ。他の誰かに聞かれたくなかった、というわけじゃな」
「はい、そうです」
「さすが勇者じゃ。目の付け所が違う……この国は、どこかおかしいと感じておる。それは昔からじゃった。薄々は魔王の影響を受けておるように感じておった」
「さすがです、王様」
「しかし、証拠が何もなかった。ただ言われるままに頷くしかなかった。下手に動こうものなら、父のように消される可能性もあったからな」
「なるほど。賢明でしたね」
「魔王を倒せる勇者の出現をどれだけ待ち望んだか……だが、忠告しておこう。そなたもまた、魔王には勝てぬ存在であると」


 俺はベッドの傍まで行った。
「これでも、ですか?」
 じっと王様を見つめる。
 王様は、首を傾げつつも、底を見通すような目で俺を見た。
 そして、唇を震わせた。
「そ、そなた! 光の力を持つ、真の勇者ではないかっ! おお、なんということだ! あの時は光が見えなかったというのに」
 ――やはり王様は、ステータスを見れる導師の力を持っていたか。

 俺は力強く頷いた。
「ええ、ホーリーゲートを通るために、ちょっと隠していただけですよ」
「な……っ! そんなことができるとは……! まてよ?」
「ええ、そうです。咎人システムは真の勇者になりうる人を殺すシステムです」


 王様は、はぁ~と長い長い溜息を吐いた。あごひげがゆらゆらと力なく揺れる。
「そうであったか……そんな気もしておったのだが。ではあの若者も光を持つ者か……自分の無力さが情けないのう」
「お気を落とさずに、王様。話が分かる人で本当に助かります」
「それを聞きに来ただけかの?」
「もし、魔王を倒したら、咎人システムは撤廃していただけますか? 魔王の策略であったという訂正と謝罪も同時に」
「うむ。魔王を倒してくれるのであれば、いくらでも約束しよう」
 よし。これでセリカは王国を取り戻したあとも、本当の王女として「もっと生きれる」ようになる。あと魔王を倒すだけでいい。


「あと、咎人を見つけたら、俺に知らせてもらえませんか?」
「うーむ。咎人関連は教会が仕切っておるからな。難しいのう」
「ヴァーヌス教でしたか」
「そうじゃ」
 教会の力が強ければ口を出すのも難しいだろう。
 魔王の息が間違いなくかかっているだろうし。
 そのうち暇なときにでも教会のトップ辺りを粛清すればいいか。
 一応聞いておくか。

 と思ったら王様のほうから聞いてきてくれた。
「他にはあるか?」
「そうですね。この国にいる魔王の手先となった人間たちはどうしましょう?」
「う~む。難しい問題じゃの。脅されて、無理矢理従わされておる可能性も考えられるからの」
「ですね。では悪質と思えるものだけ排除しましょう」
「うむ。その辺は勇者であるケイカに任せよう」
 王様は鷹揚に頷く。ナイトキャップが揺れた。

 俺は頭を下げた。
「ありがとうございます。それでは失礼します」
「頑張ってくれ。この国を、この世界を頼む。そなただけが頼りじゃ」
 驚いたことに、王様が俺へ頭を下げた。
 自分より身分が下で(見た目は)若造である俺に対して頭を下げるとは。

「任せてください、王様」
 この王様のためなら頑張ってもいいかなと俺は思った。
 もう一度頭を下げて城をあとにした。


 宿屋へ帰ると、白い裸体を晒すセリカの隣にラピシアが寝ていた。
 ラピシアのワンピースの裾がめくれて、子供らしい下着や平らなお腹が見えている。顔はセリカの胸の上。まるで赤ん坊のように大きな胸を掴んで顔を埋めていた。

 セリカは苦しそうに顔をしかめていた。
 俺は二人を引き離すと【勇者の証】を取り出していじる。

『パーティーに加える人を選んでください』
 矢印が出たのでラピシアへ向ける。
 パーティーに入れた。一応【勇者の証】の裏を見て名前が刻まれたことを確認する。

「やれやれ」
 溜息を一つ吐くと、空いたスペースに割り込んで寝た。
日刊148位、ありがとうございます! 初めての日刊!
これからもゆるゆると頑張ります。次話は昼過ぎぐらいに更新。
GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ