挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

第二章 勇者冒険編・海

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/284

第25話 姫騎士の裸を触りまくる!(情報収集4?)

エロくないと思いますが念のためタグを付けました。
 夜の宿の部屋。
 俺はセリカの強くなりたいという願いをかなえるため、裸になるよう命令した。

「じゃあ、服を脱いでベッドに寝ろ」
「え、いきなり…………は、はい……」
 セリカは顔を真っ赤にして、服を脱ぎ始めた。

 上着を脱ぎ、ブラウスを脱ぐ。大きな胸を片手で隠そうとしているため、柔らかく潰れていた。
「ああ、そこまで脱いでたら充分だ。あとは俺がやる」
「はう……や、優しくしてくださいね……」
 セリカは赤いスカートだけの姿となってベッドへ横たわった。金髪のかかる白い肌が美しい。手足が細く、腰がくびれている。
 大きすぎる胸が重みで横に流れている。息をするたび、ふるふると震えた。


 俺は彼女の横に座る。
「初めてだと痛いかもしれないが、我慢しろよ」
「あぅ……が、頑張ります」
 俺を見上げるセリカの青い瞳は切なく潤んでいた。

 俺はセリカの胸の谷間に手を置いた。あたたかい、すべすべした肌。なのに、雪のように純白だった。
 彼女はビクッと華奢な肢体を震わせた。大きな胸が揺れる。

 そして《真理眼》を使う。
 ――さて、どう書き換えようか。
 俺はセリカの胸や鎖骨を指でなぞる。
 彼女は目を瞑り、歯を食い縛って何かに耐えていた。でも堪えきれない甘い声が、んぅっ、と赤い唇の端から漏れた。


「セリカはどうして騎士になったんだ?」
「え……? 子供の頃は強かったのもありますが、伝説的な格好よさに憧れていたのかもしれません」
「なるほどな……今の成長値だと魔法使いにしたほうがいいんだが、セリカがいいなら騎士に合った成長値に変更できるぞ」
「そ、そんなことまでできるのですか!?」
 がばっと上体を起こした。大きな胸がたわわに揺れた。
 はっ、と顔を真っ赤にして胸を押さえるセリカ。
 ゆっくりと横になる。

 胸や腰のなだらかなラインを指先でなぞりつつ、俺は言う。
「うーん。やっぱり騎士を改ざんして魔法使いにするのはまだまずいな」
「そ、そうなのですか……あぅっ」
 なぜかセリカが甘く切ない吐息を漏らした。
 よく見れば、湯上りのように顔や肌が上気している。熱でも出たのだろうか。

 まあ、先に改ざんを終えてからにしよう。
 それにしても大きな胸が邪魔だな。
 左手で掴んだ。ぐにっと指の間から零れて変形する。
「ひゃあっ!」
 ビクンッとセリカが仰け反った。
「む。大丈夫か?」
「はぅぅ……いきなりなんて、そんな」
 セリカが青い目に涙を浮かべながら、胸を掴む俺の手に手のひらを重ねてきた。細くしなやかな指が絡む。
 なにかいじめているような気分になってくる。
「心配するな。すぐに改ざんしてやるから」

 そう言うとセリカの動きが止まった。
 細い腕を伸ばし、俺の和服の袖をつかんでくる。
「ケイカさまぁ……何をされているのですか」
「なにって、能力値や職業の変更だが?」
「ふぇ!? ……で、でも脱げって」
「他人の場合は直接触らないと変更できなくてな」
「そうだったのですか……」
 赤く染めた頬を、ぷくっと膨らませて横を向くセリカ。
 変なやつだ。


 俺は目と指先に集中する。
「うーん。どう変えたらいいか……この隠れたLv17をどうにかできればいいんだが」
「隠れた?」
 言ってしまうか。

「お前、何か隠してるだろ?」
「う……それは」
「まだ言えないのか? できればセリカの口から言って欲しい」
 セリカは赤い唇をパクパクと可愛らしく開けていたが、はふぅと溜息を吐いた。

 彼女の体から力が抜けた。胸がゆるゆると動く。
「そうでした。ケイカさまは見れるのですね……今まで黙っていて申し訳ありません。ケイカさまを疑ったり、信じていなかったわけではないのです」
「それはわかる」
「わたくしはエーデルシュタイン王国の王女です。本当の名をセリカ・レム・エーデルシュタインと言います。魔王に滅ぼされた小さな国。いつか魔王の支配を打ち破り、国を復興させることがわたくしの夢でした」
「な、なんだってー(棒読み)」

 セリカは頬を膨らませて、ぱしっと細い腕で叩いてきた。それだけで胸が丸く円を描くように揺れた。
「白々しいことを言わないでくださいっ。王女に戻れないまま、こうして殿方に体を触られて……もう復興どころか、お嫁にもいけません」
 セリカは指先で目を拭った。泣いているらしかった。


 俺は胸から手を離し、頭を優しく撫でた。
「行く必要ない」
「え?」
「言っただろ。俺のために清い身でいろと」
「はぅ……。い、今の状況、清い身なのでしょうか?」
「これは儀式だ。いやらしいことなどない――それに」
「それに?」
「俺が取り戻してやる。セリカの願いは「もっと生きたい」だったろ。王女が生きるためには王国が必要だろう」
「ああ……っ。ケイカさまぁ……」
 彼女は涙目になりながら、切なく甘い吐息とともに俺の名を呼んだ。

 よしよしと頭を撫でてやる。ぐすっと鼻をすすり上げるセリカ。
「あとは隠してたことも気にするな。俺だってこの能力を黙っていた。勇者になるまでは知られたくなかったからな。つまりおあいこだ」
 そう言うと、セリカは青い瞳に涙を溜めながらも、花が咲くように笑った。
「ケイカさまはなんて優しいんでしょう……出会えて本当によかった……」
「過去形で言うなよ。まだまだ道のりは長いぞ。あと、俺の能力、誰にも言うなよ?」
「はい、わかっております。ケイカさま」
 セリカが細い顎をこくんと動かして頷いた。
「じゃあ、続けるぞ」
 俺はまた改ざんに戻った。


 ――しかし、どうするか。
 職業としての『咎人』が邪魔をしているためかとも思ったが、それなら『町人』に改ざんした時に『プリンセスLv17』が復活してなればおかしい。
 きっと国を失ったから王女のスキルが失われているのだろう。


 その時、ピンッと閃くものがあった。
「ひょっとしたら、これをこうすれば……」
 俺は湯上りのように上気する滑らかな肌の上を、指先で触りつつ押した。張りのある柔らかい弾力が返ってくる。

 【敏捷】を改ざんする時には、つま先から、ひざ、太ももへと指先を這わせた。赤いスカートに隠された、細い太ももの内側にまで手を入れる。しっとりと汗で湿っていた。
「くぅ……っ」
 セリカの華奢な肢体が強張った。真っ赤な顔で指を噛み、声を抑える。
 俺は彼女の太ももの付け根辺りを指先で押す。円を描くように何度も。
 そのたびに、びくっと華奢な肢体をこわばらせた。

 しかし、ついには我慢できなくなったのか、か細い悲鳴に似た吐息を赤い唇から漏らした。
「あぁ……っ!」
「痛いか?」
「だ、大丈夫です」
 はぁはぁと荒い息をしてセリカは答えた。頬が赤く染まっている。
「もう少しの辛抱だ」
「はぃ……ケイカさまぁ」

 あとは【職業】を改ざんするため、金髪の中に手を入れて撫で、また細い首や白いうなじに指を這わした。
「こうして、こう――できた! おお、数値が合算された! 喜べ、セリカ! お前のために新しい職業を――」

 その瞬間、上半身裸のセリカが淡い光に包まれた。驚いた彼女は、胸を隠すように押さえて上体を起こした。
「な、なんですか!?」
「わからん! なんだこれ!?」
 俺は急いでセリカを見た。 
--------------------
【ステータス】
名 前:セリカ・レム・エーデルシュタイン
性 別:女
年 齢:17歳
種 族:人間
職 業:咎人 (=====)
クラス:姫騎士Lv22(上級)
属 性:【光】

【パラメーター】
筋 力:90(4) 最大成長値375
敏 捷:68(3) 最大成長値290
魔 力:45(2) 最大成長値215
知 識:46(2) 最大成長値180
幸 運:23(1) 最大成長値051

生命力:790
精神力:455
--------------------

 俺は思わず叫んだ。
「増えてる! 二つ合わせて新しい職を作ってみただけなのに!」
「か、体に力が漲ってくるようです!」
「恐ろしく成長したな……ん? 最大成長値が3桁になってるぞ?」
「どうされました?」
「騎士のときは能力の最大値が2桁だったんだが……」
「それが3桁に……そんなことってあるのですね。いったいなんの職になったのでしょう?」
「姫騎士Lv22になった。なんか上級って付いてるぞ。とても強いな」

 セリカが口を手で押さえて叫ぶ。
「ひ、姫騎士!? 伝説の姫騎士に、わたくしが!?」
「なんだ。そういう職、実際にあったのか。てことは強引にクラスアップさせてしまったということだな」
 基礎クラスが2桁、上級クラスが3桁になるのだろう。


 セリカが裸体のまま、俺に飛びついてきた。その勢いで押し倒された。
 大きな胸がじかに押し付けられる。究極の柔らかさ。
「ケイカさまっ! ありがとうございます! わたくしは一生、ケイカさまのお傍にいますから!」
「そ、そうか……頑張ってくれ」
「この気持ち、本気ですからっ!」
 セリカは、ぎゅうっと抱きついてきた。細い腕に、華奢な肢体。ますます膨らみが押し付けられる。金髪が垂れていい香りが鼻をくすぐる。

 俺は彼女の白い肌を触り、金髪や背中を撫でた。
 そして小ぶりなお尻に手を回して掴みながら言った。
「大胆になったな」
「へ……? きゃっ」
 セリカは飛び跳ねてベッドの端へ逃げると、毛布で前を隠した。
 頬を染め、上目遣いで俺を見てくる。
「ケイカさまはいじわるですっ」
「ほう。今のどこがいじわるだと言うんだ? 俺は何もしてないぞ?」
「うう……それは」
「だいたい俺のいじわるはこんなもんじゃないぞ?」
「え……っ?」
 セリカが一瞬、顔に怯えを走らせた。


 俺は膝立ちになって一歩近付く。すると彼女は体をすくませ、足を体育座りのように折り畳もうとする。
 その細い足首を掴んで引き寄せる。
「きゃっ」
 広いベッドの上を俺のほうに引きずられ、赤いスカートがめくれ上がった。白い三角の下着と、すらりとした足が太ももの付け根まで見えた。
「いやぁ……そんな……もう、変更は終わったのではないですか……?」
「だから、いじわるをする」
「そ、そんなぁ――!」
 足を割って入り、薄い肩を押さえ込んで彼女の上に乗った。互いの息が重なる距離。
 セリカは何かを期待するかのように、ああ……っと甘い溜息を漏らした。白い肌が桃色に染まっている。
 そして長い睫毛を伏せて、赤い唇を誘うように軽く開ける――。

 俺はニヤリと笑うと、急にガバッと押さえ込んだ。
 密着するように抱き締める!
「ひゃあんっ!」
 セリカは可愛らしい悲鳴を上げて、柔らかな体を仰け反らせた。直接押し付けられた大きな胸が小刻みに震える。
 そして、ふにゃっと華奢な肢体から力が抜けた。
「あれ? セリカ? お、おい」
 揺すってみたが胸が揺れるばかり。人形のようにぐらぐらと揺れる。
 死んだかと焦ってステータスを見たら【状態:気絶】だった。


 ほっと安堵の息を吐く。
「……あんまり王女様をいじめるのはやめよう……たぶん」

 横たわる美しい肢体にシーツをかけて隠した。
 そして薄紅色に染まる頬を見ながら思う。
 ――国を取り返して王女に戻れたとしても【咎人とがびと】であることには変わりない。

 守るためには『約束』を取り付けるしかないか。


 俺は静かに部屋を出て、宿屋を後にした。
 人の少なくなった石畳の大通りを、まっすぐ街の中心へと歩いていった。
GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ