挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

第十章 勇者冒険編・決戦、浮遊大陸!

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

261/284

第243話 島と神々と再戦スイングバイ

 ダフネス王国の王様に魔王討伐完了を報告した後、各地に挨拶へ行く――と見せかけて、浮遊大陸に向かった。

 あの目立つものをそのままにしているのはいろいろとまずい。
 特にファブリカ王国とダフネス王国は飛竜部隊を持っているので、捜索が可能になる。
 また、魔王の居城ということで一方的に破壊される可能性もある。

 最初は俺自身沈めていいと思っていたが、いろいろアトラの事情を知った以上、残してやるべきだと考えた。


 セリカとミーニャとは途中で別れた。
 セリカはエーデルシュタインで政務があるそうだ。というか祝賀会の準備だろう。国のトップがいなくては話が進まないからな。

 ミーニャもなにか仕事があるらしい。
 あと実家の宿屋の手伝いもする。料理の腕を振るうようだ。
 勇者ゆかりの宿と言うことで、人が押しかけているらしい。

       ◇  ◇  ◇

 妖精の扉を新たに設置し、浮遊大陸へと来た。
 青空の下に浮かぶ巨大な島。

 王都インダストリアの近くに大きな影を落としていた。
 こんなに目立つ島を、人の目の付くところには置いておけない。


 島の中央にある都市に着くなり、アトラへ言った。
「アトラ、幻影の障壁を発生させてくれ」
「再起動しないといけないのです。中央の家に行くのです」

「そういうい仕組みか。じゃあ、急ごう」
 俺たちは足早に、一枚岩でできた大通りを足早に進んだ。


 町並みは少し崩れていた。
 無理矢理移動させた時に発生した地震のような衝撃に、古い建物が耐えられなかったのだろう。

 それらを横目で見ながら通り過ぎていると、アトラが悲しそうな声で言った。
「ぼろぼろ……なのです」
「ラピシアなら直せるはずだ。障壁発生塔だって直していたんだし。あとで、ぱぱっと直してやってくれ」

 ところが、隣を歩くラピシアは首を傾げた。青いツインテールが地面に付きそうになる。
「できるけど、できない」
「どうしてだ?」
「時間かかる」

「なんで――ん? ラピシア、信者数が0になってるぞ!? どうした!?」

 ラピシアは歩きながら、ぴょんっと飛び跳ねた。
「お母さんに返した!」
「なんで?」
「怪我、治ってないから」


「ああ、そうなのか。だいぶ悪いのか?」
「ん~? あと1ヶ月ぐらい、って言ってた!」

「それなら待てるな。もう少しの辛抱だぞ、ラピシア」
「うん!」
 ラピシアはとっても嬉しそうに、満面の笑みで頷いた。


「じゃあずっとこのままなのです?」
 アトラの眉尻が下がった。泣きそうな顔。
「時間はかかるだけで直せるはず……暇なときにここへ来て、直してやってくれ」

「わかった!」
「よかったのです」
 平らな胸を撫で下ろすアトラ。

 ラピシアがにっこりと笑う。
「お母さんはおばあちゃんが好き! だから直したらお母さんが喜ぶ!」
「どこまでも母のためなんだな」
「うん!」


 話していると街の中央にある黒い立方体の建物にやってきた。
 アトラが率先して建物の中に入っていく。

 壁と床に設置された魔法の光だけが照らす薄暗い室内。
 アトラは上に行く階段をずんずんと上っていく。
 その後ろを付いていく俺とラピシア。

 そして小さな部屋にたどり着いた。
 幾つかのモニターと、スイッチがたくさんある。
 管制塔のような場所だった。


 スイッチの並ぶパネルの前に立ったアトラが、茶髪を揺らして振り返る。
「幻影だけです?」
「そうだな……物理、魔法、幻影の障壁を前のように展開してくれ」
「わかったのです。再起動するのです」
 アトラは小さな指でスイッチをぽちぽちと押した。

 フィィィ――ン!

 無機質な音がして、各種障壁が張りなおされた。


 千里眼で確認する。
 インダストリアの人々が、突然島が消えたことに驚いていた。

「良さそうだな。あとは浮遊大陸を海上に移動させる。アトラが一人前になったら戻ってこれるようにな。まあ、妖精の扉でつながっているからいつでも帰ってこれるが」

「わかったのですっ!」
 アトラは決心したように強く頷いた。
 島に引きこもっているだけではわからなかった「人々の熱い想い」に触れて、何か変わったようだった。
 ――いい兆候だ。


 続いて、やり残したことを口にした。
「次は石化した神々の処置だな」
「地下でまだ固まったままです~」
「よし、行くか」

 管制室を出て階段を下りる。
 その途中、二人の女神に心話で呼びかけた。
『リヴィア、リリール、いるか?』

 しかし反応がなかった。
 千里眼で海上を見ると、二人は波間に倒れこみ、プカプカ浮いていた。
 激しい戦いの後のように、着ている服はボロボロになっていた。
「なにしてんだ、あいつら……まあ、起きたら海に落とした神を回収させよう」


 アトラが心配そうな声で言う。
「4人は海底にいるけど……ルナリスが見当たらないのです」

 黒い階段を下りながら空を見上げた。
 果てしない宇宙。
 真理眼を発動させると、ステータスウインドウが目印となって、すぐに見つかった。
 真っ暗な闇の中をどこまでも飛んでいく女神の石像。
 シュールな絵だった。


「このままいくと太陽に……いや、ギリギリ横を通過して、重力に引かれて方向転換――いわゆるスイングバイをするな」
「そ、そうなると、どうなるのです!?」
「速度を落として……この星の公転軌道上を通過。ちょうど星とぶつかる。この星に落ちるか、月に落ちるな。引力がつりあえば衛星軌道に乗るかもしれないが」

「そこまで来れば手が届くのです……よかったのです」


 地下三階に着いた。
 腰に下げたひょうたんを取り外しつつ、ラピシアに言う。
「呪いを解除するから、そのあと石化を解除してくれ」

 妖精女王オルフェリエを助けたのと同じ手順を繰り返せばいい。

 ――が。
 ラピシアは眉間に深いしわを作って石像を見つめる。
「イヤ!」


「またでた。……理由を聞こうか」
「ケイカやお母さんの言うこと、聞かないから!」
 ふーっと鼻息荒く答えるラピシア。噛み付く寸前の犬のように、鼻の頭にしわを寄せて睨んでいた。

「……なるほど――アトラが洗脳してるんだったな。でも解除できるだろ?」
 アトラが首を振った。サラサラと茶髪が揺れる。
「わからないです。アトラの言うことを守って、アトラだけに優しくすればいいので。解除する方法なんて考えてなかったです」


 俺は顎を撫でつつ言った。
「……でも、それが間違いだったと、今ならわかるだろ?」

 アトラの両親に似せて作られた神々たち。
 おそらくアトラに優しく、アトラを褒め称える存在たち。
 しかし何をしても、どんなに間違えても全肯定してくれる両親なんて、満足できるはずがない。

 アトラは寂しそうに頷いた。
「……結局、一人ぼっちなのは変わらなかったのです」

 アトラの頭に手を置いて、わしゃわしゃと髪を撫でた。
「もう一人じゃないからな。俺もいる、みんなもいる。でもその分、厳しいぞ。それが仲間になるってことだから」

「わかったのですっ」
 アトラはちっちゃな拳を握って勢い込んだ。


「ラピシア、この中で洗脳されていない神はいるか?」
「う~ん、あれだけ!」
 ラピシアは天井を指差した。

 はるか宇宙を飛び続けるルナリス。
 太陽に近付いたため白く輝いていた。
 ――強烈な光の波動によって呪いが解除される。


「……なるほど」
 ――そうか、保険か。
 俺が魔王を倒せなかった時、ルナリスは魔王の手から逃れて別の場所に着地することになる。
 創世神すら「見当たらない」と言ってたんだ、魔王も当然見つけられないだろう。

 魔王が完全体になるまでは二ヶ月かかる。
 月の女神なら相当な実力者。しかも呪いは今解けた。
 石化だけならラピシアだけで解除できる――俺がいなくても。

 そういや、妖精女王は復活し、ルペルシアも一ヵ月後に復活だ。
 それらに加えて海女神たちの力も合わせて、あとは魔王の本名さえ知っておけば。
 俺か、または新しい勇者が、完成間近の魔王をもう一度討伐できたかもしれない。

 ……ラピシアはほんと、無邪気に正しい選択してるな。


 そんな事を考えていると、ラピシアは目を閉じて言った。
「ケイカが、アトラより、強くなったら、解除なの」
「それが答えか。わかった。ラピシアを信じるよ」
 ラピシアの頭をぽんぽんと叩いた。気持ち良さそうに目を閉じていた。

 アトラが尋ねてくる。
「これから、どうするのです?」
「ケイカ村に帰るぞ。きっとパーティーだ。ソーセージも食べ放題だぞ」

「わーい!」
 ラピシアは頭を撫でられながら飛び跳ねた。
 今日ぐらい大好物のソーセージだけでお腹いっぱいにさせてもいいだろう。

 子供たちを連れてケイカ村へと帰った。
残り4話です。
GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ