挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

第一章 勇者試験編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/284

第13話 試練の塔 無限エンカウント(2層目)

 試練の塔の2層目に降りた。日没まで残り7時間50分。
 1層目と似たような石造りの通路。高さは2メートルほどで変わらなかったが、幅は3メートルと広くなっていた。
 しかし、階段の下りてすぐの床に白線が引かれ、その先の通路を見て俺は呆れた声を出した。

「なんだ、これ……」
 俺の見る先。
 まっすぐに伸びる広い通路には、どこまでもモンスターがひしめき合っていた。
【ソードスケルトン】剣だけを持つ白い骸骨。弱いが群れる。
【ガーゴイル】悪魔をかたどった石像。硬い。
【骸骨騎士】重装備の黒い骸骨。硬くて素早い。
異形彫像イビルスタトゥ】不気味な魔神をかたどった石像。硬くて強い。

 あと【リカバリーボーン】までいた。
 一層目と強さは同じだが、再生時間は5分だった。

 ――即死トラップ満載の次は魔物大量エンカウントかよ。無能な発想がまじクソゲー。
 というか設計者の思想が透けて見えた。必ず殺すつもりなのだろう。

 ただ《真理眼》で見たところ、罠は張られてないようだった。
 当然か。魔物が踏んでしまうからな。


 観察しながら考えていると、袋を背負ったセリカが金髪を揺らして横に立った。整った顔が決意で美しく引き締められている。
「頑張りましょう、ケイカさま」
「ああ、もちろんだ――親父も遅れるな」
「あいよ」

 セリカが初めて細身の剣を抜いた。錆びた鉄のような刃。しかし俺の目にはその下に清浄な光を放つ銀の刀身が見えた。
 親父は幅の広い、先の曲がったダガーを抜く。

 俺も太刀を抜いた。ひょうたんの水をかけて刃紋を青く光らせる。二人の剣にも同じように水をかけた。
「――《風刃付与》……行くぞ!」
「はいっ」
「おうよ」
 後から無言で荷物を背負った大男が続く。


 俺は白線を越えて駆け出した。
 うろうろしていた魔物が波のように襲い掛かってくる。
 風の刃をまとう太刀を群がる魔物に振るった。

 先頭の3体は太刀で、後ろの魔物5匹ほどを風の追加攻撃で粉々に吹き飛ばす。
 凄まじい破壊力。すぐ後ろに続くセリカや親父が驚きで目を見張る。
 しかし骸骨や石像は驚きなどしない。
 仲間の骨を踏み割って、切りかかってくる!

 骸骨騎士2体の素早い連撃を、俺は紙一重で攻撃をかわす。
「でやぁ!」
 下から斬りあげるように太刀を振るった。木っ端微塵に砕ける骸骨。
 後ろに来ていたガーゴイルも一緒に砕ける。


 その後、十回ほど太刀を振るい、50体以上破壊した。
 しかし通路の十分の一も進めていない。

 俺は太刀をひょうたんの水で濡らしてまた刃紋を光らせた。
「ん? 親父、そこの壁に隠し扉がないか?」
「なにっ……ああ、本当だ、あるぜ」
「ちょっと探ってくれないか。俺はここで敵を防ぐ」
「わかった」
 親父が壁を触って探り始める。


 押し寄せる骸骨や石像を一刀の下に次々と砕いて葬った。
 動かずに倒し続けるため、モンスターの残骸が足元にうずたかく積もった。

 戦いながら思う。
 ――これ、俺が神だから全然平気だが。
 まともな勇者パーティーだと、体力がもたないぞ……?
 ――まさかっ!!

 太刀を振るいつつ叫ぶ。
「親父、離れろ!」
「なにっ!」
 親父は、身軽に立ち上がった。
 そのとたん隠し扉が開いて、わらわらと【ソードスケルトン】の群れが現れた。

「くそっ!――《烈風斬》!」
 俺は太刀を振りぬいて、鋭い風の刃を飛ばした。
 けれど親父を襲う骸骨には間に合わない!

 先頭の骸骨の剣先が、親父の腕を浅く斬りつける。
「くぅっ!」
 親父は四角い顔をしかめつつ短剣を振るう。骸骨の背骨を貫き、粉砕する。

 しかし二体目の攻撃がすぐそこまできていた。
 親父はよけられない――!
「はぁっ!」
 鋭い気合とともにセリカの突きが骸骨の肩を砕いた。風の刃が発動し、上半身を吹き飛ばす。骸骨の剣がガランッと床に落ちて鳴る。

 ようやく俺の風の刃が届いた。
 隠し扉からぞろぞろ出てきた8体の骸骨を戦う前に粉砕した。
「大丈夫か!?」
「ああ、これぐらいなんともない」
 親父は悔しそうな顔で言った。
 セリカが駆け寄り首を振る。
「浅くはないです、手当てします」
「頼む。その間、ここで守る」
「はいっ」


 俺は隠し扉に注意しつつ、太刀を振るい続けた。
 ガシャンッ、カランッ、と石や骨を砕く乾いた音が広い通路に反響し続けた。
 倒しても倒しても、魔物の数は減らなかった。

 俺は内心で舌打ちした。
 ――これは、ただ無策に魔物を繰り出しているんじゃないっ!
 一層目を突破するような超優秀なパーティーに対して、その体力をできるだけ削ろうと考えているのだ!

 どういうことか。
 弱いパーティー程度だと、一層目の山盛り即死トラップは突破できない。特に最後の昇り階段トラップは絶対引っかかる。
 しかしあれを突破できるなら、相当な切れ者パーティーだとわかる。
 そこで魔王は即死罠を繰り出すのを止めて、体力を削って確実に殺す方式に変えたのだ。

 人間は休まないと疲れるが、攻略時間に制限があるため、ゆっくり休んでもいられない。

 おそらく、今後の階層は体力と精神を削る戦いを仕組んでくるはずだ。
 そして精も根も尽き果てたヘロヘロの状態で、――ラピシアとの戦闘。
 普通の人間なら100%負ける。

 冷酷なまでに狡猾なシナリオ。
「やってくれるぜ……はぁっ!」
 太刀を振るってまた押し寄せる骸骨たちを粉砕した。


 手当てを終えたセリカと親父が傍へ来た。
「終わりました、ケイカさま」
「貴重な薬草使わせてすまねえ」
「元気になったのならなによりだ。ちょっと強引だが先を急ぐぞ」
「はいっ」
 セリカが金髪を揺らして頷いた。


 俺は太刀に水をかけて光らせる。
「我が名に従う風と水よ――《嵐刃付与》!」
 ゴォォと太刀が激しい風をまとう。
 それを見届け、俺は足早に前へ進んだ。
 群れで来る【骸骨騎士】と【異形彫像】へ横凪の一閃!

 ブァン――ッ!

 その後ろにいた魔物までも巻き込んで、10体以上が粉々に砕けて床に散った。
「よし、いける!」
「す、すごいですわ、ケイカさま!」
 まっすぐ俺を見る青い瞳が尊敬の光で満ちていた。

 俺は大股で踏み込み、太刀を振るい、そして石造りのまっすぐな通路をどんどん進んだ。
 通った後には石と骨の破片で、床の敷石が見えなくなっていた。


 そして1時間も過ぎた頃。
 ようやく通路の奥までたどり着いた。
 両開きの大きな扉があり、押しても引いてもびくともしなかった。
 真理眼で見たところ【階層扉】に間違いなかった。
 親父が扉を探り、セリカが守り、俺が押し寄せる敵を倒し続けた。

 何百体目かの魔物を倒しつつ、俺は叫ぶように尋ねる。
「まだか、親父!」
「ちょっとまて、これは魔法で鍵が掛かってる!」
「なに!」
「ん、扉の横に文字が書いてあるぞ……くっ、読めねぇ」
「キンメリクさん、わたくしが読みますわ。――そのあいだ交代を」
「おう、頼んだ」
 セリカが素早く動いて、スカートをふわりと広げつつ扉の横にしゃがみこんだ。
 代わりに親父が守りに立つ。

 俺が戦いながら言う。
「なんだったら、祭壇みたいに吹き飛ばしてもいいぞ!」
 セリカが、高く澄んだ声で制止する。
「いけません、ケイカさま! 『この扉を破壊したらその時点で試験失敗とする』と書いてあります!」 
「なんだって! じゃあ、どうすればいい!?」


 文字が読みづらいのか、しゃがみこんだセリカが体を捻って壁を見た。スカートがめくれて白い太ももまで見えた。
「ええっと『この扉を開くにはモンスターをできる限り倒し続けること。さすれば扉は開かれん』と書かれています」
「何体倒せとか、何時間戦えとかは書いてないのか?」
「は、はい……条件はそれだけです――あ、ただ。最後にモンスターを倒してから1分以内に次のモンスターを倒さないとカウントは0に戻ると書いてあります」

 俺は半笑いになって叫んだ。
「く……クソゲぇぇえええ!!」
 これがゲームでも、ここまでひどいクソゲーはなかなかない。
 俺は怒りと憤りで、太刀を上段から全力で振り下ろした。一直線に放たれた風の刃が直線状の魔物を数十メートル先まで粉砕する。
 少しだけ魔物の襲撃が止まる。

 だが失敗に気付いて、チッと舌打ちして駆け出した。
 骸骨に近付いて太刀を振るう。バラバラに壊した。
 しばらくは一体ずつ倒した。数が元に戻るまで。


 ――くそっ!
 大技使ったら、数が減りすぎてカウントがゼロになってしまう。
 かといって一体ずつだといつ終わるか分からない。
 ていうか、1分て。
 休む暇なく倒し続けないといけない。休ませる気ゼロ。
 どんなに優秀なパーティーであっても疲れきってしまうだろう。
 俺は神だから関係ないが。

 石像を粉砕しながら鼻で笑った。
「いいだろう。そっちがその気なら何が何でもクリアしてやる!」
 ただ、このまま魔王のルールに従いっぱなしなのは嫌だった。
 まともに付き合ってられるか! 俺のやり方でやらせてもらう。


 俺は一番近い隠し扉の前まで行った。しばらく隠し扉の前で戦う。
 ――と。
 隠し扉が開いて異形彫像が10体出てきた。
 太刀を振るいながら、中を観察する。

 隠し扉の中は正方形の部屋。
 中心に台座があって、スイカぐらいの大きな丸いオーブが据えられていた。
 不気味な黒い魔力を発している。魔物を発生させているのはアレだろう。

 扉が閉まってきたので、急いで唱えた。
「――《魔力湧水》」
 俺の魔力をオーブに注ぎ込む。とたんにオーブが細かく震動した。

 魔物を倒しつつ、別の扉へ。
 そこでも同じように魔力を注ぎ込んだ。
 3つほどオーブに魔力を注いで、ゆっくりとセリカたちのところへ戻る。


 セリカが細い首を傾げて言った。
「なにをされたのですか?」
「すぐにわかる」
 そういったとき、最初の隠し扉が開いた。

 ドォォォ――ッ!
 【異形彫像】がなだれのように通路へあふれ出してきた。100体はいた。

「ひゃぁっ! け、ケイカさま!?」
 セリカが驚いて可愛い悲鳴を上げた。青い瞳を丸くしている。
 俺は口の端を歪めて笑った。
「これぐらいでちょうどいい――そらっ!」
 俺は太刀を振るった。風の刃が荒れ狂う。

 だが倒しきる前に骸骨騎士がこれまた濁流のようにあふれ出す。
 セリカが大きな胸の前で手を握りしめ、不安そうな顔をした。
「やりすぎです、ケイカさまっ」
「これぐらいが気持ちいいんだろ! ――てぁっ!」
 太刀を振るい骸骨を鎧ごと斬り飛ばし、奴らの鋭い突きを半身で避けて、また切る。


 それから1時間半。
 突然、ゴォーン、と銅鑼の音が響いた。
 それとともに、俺たちの後ろにあった扉が、ぎぃぃぃと軋みながら開いていく。
 チラっと視線をやったが広い部屋に上りの階段があるだけだった。真理眼で見ても罠は見当たらない。上り階段も本物だった。
「親父、注意して入ってくれ!」
「おう!」
「セリカも油断するな」
「はい、ケイカさまっ」
 親父、セリカ、大男が入るのを見届けてから、俺も入った。


 階段を登っていく先行の3人。
 そこへまた、ゴォーンと銅鑼の音が響いた。
「げ!」 
 両側の壁がずずずっと持ち上がって、そこから無数の骸骨と石像が現れた。背の高い巨人と思える骸骨までいる。

 セリカが振り返り、金髪を乱して叫ぶ。
「ケイカさま、お早く!」
「ああ! 今行く!」

 俺は太刀を振りつつ一息で階段まで飛んだ。
 だが【ガーゴイル】が空を飛んでセリカの背中を襲う。
「こいつら飛べたのかっ! ――くっ!」
 俺は太刀を振って風を生み出す。
 ――《烈風斬》!

 ザンッ、とガーゴイルをまとめて落とした。
 そのまま駆け上がり、長い階段を登っていく。
 魔物が追ってきたのは途中まで、白線を越えると引き返していった。


 階段を昇りきると、大きな扉が立ちふさがっていた。鍵も魔法も掛かっていない。
 3階層目の扉だろう。

 誰からともなく「はぁ~」と大きなため息を吐いた。
 俺は親父に尋ねた。
「今、何時間たった?」
「入ってから4時間半だな」
「あれだけ増やして、それでも2時間半かかったのか……」
 セリカが形の良い眉を寄せて心配そうに言う。
「このままだと、時間が厳しいかもしれません」
「あと5時間半……急がないとな……」


 ぐっと奥歯を噛み締めた。
 するとセリカが俺の手を握ってきた。すべすべした手のひらからは優しい体温が伝わってくる。
「お疲れ様でした、ケイカさま。急ぐ気持ちもわかりますが、少し休憩にいたしましょう?」
 お願いするようなセリカの言葉。 
 しかし俺を労わる気持ちが伝わってきた。戦っている間中ずっと、心配してくれていたんだと理解した。

 俺は頬を緩めて頷いた。
「そうしよう。……セリカ」
「はい?」
「その――ありがとうな」
「いえ……っ」
 セリカは頬を染めると花が開くように笑った。
 それを見てるだけで戦いの疲れが溶けていくようだった。

 親父の、やれやれという溜息が聞こえたが気にしなかった。

GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ