挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者のふりも楽じゃない――理由? 俺が神だから―― 作者:疲労困憊

第六章 勇者冒険編・北(仮)

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

130/284

第126話 親父と飲み、親父の生きる

 王都の深夜。
 俺は親父の店にいた。
 薄暗い店内。営業の終わった酒場は気の抜けた炭酸のように味気ない。
 親父と並んでカウンターに座り、酒を飲んだ。

 ネクタイを外し、シャツの胸元を開けた親父がうまそうに酒を飲む。
「ケイカとこうして飲むのも久しぶりだな。忙しいか?」
「まあな。あちこち行ってきたから。今日ぐらい、ゆっくりお酒でも飲んでくださいとセリカに言われたよ」
「そいつはいい。――いい嫁さんになる」
 親父は無精ひげの生えた顔で、ニヤッと笑った。


 俺は答えに迷ったので話を変える。
「――で。たまごの行方を頼んでたが、何かわかったか?」
「フェニックスのたまごと呼ばれてるアレか。最初に売り歩いていた商人は盗賊に襲われて殺されたな。それから持ち主を転々としてなぁ。なかなか足取りがつかめねぇ。宝石のように赤い玉らしいから、すげぇ高額だって話は聞く」

「それで盗賊を警戒して余計に情報が出てこないってことか」
「そうなるな」
「まあ引き続き頼む。ドライドにもよろしく言っといてくれ」
 俺はグラスに口をつけた。今日の酒は蒸留酒らしく、喉が焼けるように熱くなった。


 どこかで犬が吠えていた。脚を組みかえるとイスの軋む音が客のいない酒場に響く。
 親父がぽつりと言う。
「リオネルは元気でやっていけそうか?」
「今日、遠くの村へ連れて行ったよ。初日からうまく指導していたな」
「そうか。さすが賢い子だ……この店任せようと思ってたんだけどな」
「ん? 引退でもするのか?」

「お前の作ったケイカ村。そこに支店を出してもいいかなって考えてたんだよ」
「なるほど。そいつはすまなかった」
「いいってことよ。魔王を倒すのに必要なんだろ。最優先事項だ」
「そう言ってもらえると助かる」
 ――ケイカ村に来てくれるなら作った旅館を任せてもよかったな。
 ちょっともったいなかったと思いつつ、つまみをつまむ。野菜の塩漬けだった。


 親父はグイッと酒を煽る。
「でも、寂しくなっちまったよ、この店も」
「繁盛してるように見えたが」
「ありがたいことにな。でもよ、ミーニャもリオネルもまだ子供だったからな。子供がいると、なんだか頑張れたんだよ」
「なるほど。父親だものな――再婚しないのか?」
「それはできないな。今はまだ充分だ」
「今はまだ? さみしくないのか?」

「全然。あいつ――妻の与えてくれた思い出が大きすぎてな、10年たっても受け止められねぇ。むしろ迷惑がかかっちまう」
「誰に?」

「そりゃ、新しい人だよ。こんな中途半端な気持ちで接することはできねぇよ」
「元山賊頭なのに真面目なんだな」
「あほう。山賊の頃から真面目に山賊やってたんだぜ?」
 ふん、と親父は鼻で笑いながら酒を飲んだ。


 俺は漬物を食べつつ言う。
「未練があるって訳じゃなさそうだな」
「まあな。ちょっと違うな」
「妻を理解したいってことか。――受け止めるのにどれぐらいかかりそうなんだ?」

 親父は目を閉じて考え込んだ。
「一生、かな。死ぬまでに、あいつの思いを全部受け止められたら、それでいい気がしてる」
「思い続けるのはいいが、美化しすぎるなよ」
「そいつぁ無理ってもんだ」
 がははっと笑ってまた酒を飲んだ。
 俺も釣られて苦笑した。


 強い風が吹いた。木の窓がカタカタと鳴る。
 酒場の中の静けさが増したように思った。

 親父が、ふうっと何気なく言った。
「ミーニャ、変わったな。強くなった」
「……そうだな。初めて会った頃は自分に自信がなくて、びくびく怯えている子だった」
 ――まあ強くなりすぎて百人相手にまったく動じず、ボコボコにするようになったけどな。
「亡くなった妻に似てきたよ。芯が強くて、頑固で一途。何事にも動じないところも」
「へぇ。奥さんに似てるのか」

 親父が酒をちびっと飲んだ。手酌で酒を注ぐ。
「意志の強い目に惹かれたんだよ。無口だが耳や尻尾でよくわかったしな。気高さと可愛さが同居していたというか……ミーニャも似てきた」
「なんかわかるな、それ」

「俺はよぉ、ミーニャをどう育てていいか、正直分からなかった。母みたいに強くなれと言ったところで、母の顔すら知らないだろうしな」
「そうなのか」
「だからケイカには感謝してる。娘を立派にしてくれて。……本当にありがとうな」
「俺は手助けしただけだ。立派になったのミーニャ自身だ」
 この言葉に嘘はなかった。
 親父も答えず、無言のまま酒を飲んだ。


 薄暗い酒場の中に静かな一瞬が訪れる。
 ――と。

 どたどたと騒がしい足音が店の奥から伝わってきた。
「ケイカ!」
 飛び出してきたのは白いワンピース姿のラピシア。青いツインテールが元気に揺れている。
「どうした?」
「そろそろ寝たほうがいいって、セリカが言ってた!」
「そうか。そうだな」


 親父が、へっ、と変な声で笑った。
「もう尻に敷かれてんだな」
「気遣ってくれてると言え」

 するとラピシアが親父の傍に立って見上げた。
「生きるってなに?」
 ――親父にまで聞くのか。


 親父が口を半開きにして俺を見た。
「なんだ?」
「今ラピシアは『生きる』ってなにか考えてるんだ」
「ほう。生きる、ねぇ……まあ、生きるってのは、自分に取って特別な人を、一生かけて理解しようと努力するってことだろうな」

 ラピシアは体を横に曲げるようにして悩む。
「特別な人? だあれ?」
「それは人によって違うだろう……俺なら妻と子供だけどな」
 ラピシアの体がますます横倒しになる。ツインテールが床に着くぐらい垂れる。
「理解せずに結婚したの? 自分の子供なのに理解できないの?」

 親父は寂しそうに口の端に笑みを浮かべた。酒をちびっと飲んで言う。
「相手を100%理解するなんてありえないんだよ。人間は日々成長するからな――まあ、大人になったらわからぁな」
「ふぅん……でも、ミーニャのお父さんは、生きてる」
 腕組みをして唸りながらも、うむっと力強く頷いた。


 俺はイスから立ち上がると、ラピシアと手をつないだ。小さな手のひらが温かい。
「それじゃ親父、今日は帰るわ」
「おう。また飲もうぜ」
 親父は髭をじょりじょりと撫でながら笑った。

 そしてラピシアを連れて屋敷へ戻った。
 セリカが出迎えてくれる。すでに寝巻きを着ていた。
「お帰りなさいませ、ケイカさま」
「まだ起きてたのか。悪かったな」
「いえ……あっ」
 俺はセリカの手を取って歩き出す。
 ラピシアを寝かしつけると、自室へ向かった。


 真っ暗な部屋。
 そのまま二人でベッドに倒れ込む。
 セリカの華奢な肢体をギュッと抱き締めたら、大きな胸がたゆんと潰れるように揺れた。
「あぅ……け、ケイカさま……?」
「一生かけて相手を理解する、か」
 俺は柔らかく温かい体を抱き締めた。
 はぅぅ……とセリカが変な声で喘いでいた。

 これも実は嫌がってたりしてな。
 セリカのこと、知ってるようで全然知らなかった気がする。

 ――いつかもっと深いところまで理解しないとな。
 頬擦りをしながら揺れる金髪のくすぐったさを楽しんでいたら、いつしか眠りについていた。
短いけれど今日はこれまでです。書き溜めてた分がPCフリーズとともに消えてしまったので。
しばらく消えた分の書き直しを頑張るため、感想返信できません。申し訳ないです。
GAノベルより3月15日に2巻発売します!
何度も改稿してなろう版より格段に面白くなってます!
勇者のふりも楽じゃない
勇者のふりも楽じゃない書籍化報告はこちら!(こちらはまだ一巻)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ