挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第二話 甘く苦い恋の味

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/48

Act.2-01

 ◆◇◆◇

 翌日、仕事が休みになっていた朋也は、午前中は部屋で過ごし、昼近くになってから外に出た。
 本当は丸一日寝ていたかったが、ダラダラするのも身体に良くない。
 それに元々、少しでも身体を動かしていないと落ち着かない性分なのだ。

 ちなみに、同室の充は仕事だ。
 しかも今日は早番らしく、五時半には出て行ってしまった。

 朋也もその時間帯に一度は目を覚ました。
 しかし、眠気には勝てず、そのまますぐに寝入ってしまった。
 何となく、夢と現の境の中で充を見送った記憶はある。

「とりあえず、メシでも食ってくるか」

 朋也はひとりごちると、財布と携帯電話を手に取る。

 ふと、外の気温が気になった。
 春になり、雪は融けたものの、日中でもまだ肌寒さを感じる。

 朋也は少しばかり考えたが、結局、やせ我慢する方が馬鹿馬鹿しいと思い、薄手のブルゾンを纏った。
 もし、暑ければ途中で脱げばいい。
 荷物にはなるが、極端にかさばるものでもないし、寒い思いをするよりはだいぶましだ。

 ◆◇◆◇

 外に出てみたら、やはり上着を着て正解だったと改めて実感した。
 部屋の中は暖房を点けていたからそれほど寒さは感じなかったが、外はやはり、まだ冷気が漂っている。
 吐き出される息も、ほんのりと白かった。

 ひんやりとした空気の中、朋也はブルゾンのポケットに手を突っ込みながら街中に向かって歩き出した。
 気分転換のために外に出たようなものだから、目的は特にない。
 とはいえ、昼時だから、とりあえずはどこかで腹ごしらえでもしようか、などと考えていた。

 ◆◇◆◇

 歩くこと十分強、目の前に街が見えてきた。
 一応、県内では一番栄えている場所だが、都心に比べたらだいぶ田舎かもしれない。
 だが、さらに田舎に住んでいた朋也にとっては、この辺も充分過ぎるほど都会に思える。

(さて、なに食うかなあ?)

 朋也はゆったりとした足取りで、街中の店を物色する。
 色んな店があるから、かえって悩んでしまう。
 実家にいた頃だったら、入るのは近所の中華料理屋か焼肉屋と決まっていたのに。

(ラーメンが一番無難か……)

 そう思い、目に付いたラーメン屋に足を向けようとした時だった。

「高沢君?」

 後ろから声をかけられた。
 だが、最初は自分が呼ばれているとは思わず、そのままラーメン屋の戸に手をかけた。

「高沢君、だよね?」

 再び呼ばれた。
 今度はさすがに自分だと察し、朋也はそのままの姿勢で首だけを動かして振り返った。

 そこにいたのは、ひとりの女。
 アクのないすっきりとした顔立ちだが、化粧気があまりなく、それでも彼女の美貌は際立っている。
 しかし、それ以上に驚いたのは背の高さだった。
 朋也も180センチ以上あるから充分長身だが、彼女も女性にしてはかなり身長が高い。恐らく、170ぐらいはあるのではないだろうか。

(けど、こんな知り合いいたっけ?)

 不躾なのを承知で、長身の彼女をジッと凝視していたら、彼女は困ったように微苦笑を浮かべながら肩を竦めた。

「私ってそんなに存在感薄かったのかな?」

 いや、薄いどころか相当強いインパクトがある。
 だが、やはり、いつ、どこで逢っていたのか全く想い出せない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ