挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第二話 甘く苦い恋の味

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/48

Act.1-02

「っと、空きっ腹に飲むのは良くねえな。ちょっとつまみ探すか」

 ようやく落ち着くかと思いきや、充はよく動く。

(そういえばこいつ、これで美味いメシをよく作るんだよな)

 充専用の戸棚を漁っている充の背中を凝視しつつ、朋也は思った。

 料理なんてまともに出来ない朋也とは対照的に、充は休みの日はまめに料理をしている。
 ただ、仕事のある日は疲れが勝ってしまい、作る気力が湧かないとよく零している。
 実際、先ほどもピザをデリバリーしたぐらいだ。
 ただ、朋也だったら、休みであろうとも料理なんて面倒だから、レトルトを温めるか、インスタントラーメンを茹でるぐらいで済ませてしまう。

「とりあえず、こいつを胃に突っ込んどけ」

 前触れもなく朋也に投げ付けてきたのは、個別包装された一口サイズのサラミだった。

 朋也は驚きつつ、それでもしっかりキャッチする。
 料理はダメでも反射神経だけは自身がある。

「さっすが高沢君。ナイスキャッチ!」

 親指を立てながらニヤリと笑う充に、「茶化すな」と吐き付け、朋也はおもむろにサラミの袋を開けた。

「別に茶化しちゃいねえんだけどねえ」

 充はあたりめを手に戻ってくる。
 そして、やはり食べやすいように袋を全開し、テーブルの中心にそれを置いた。

「そんじゃ、ピザが届くまでまずは乾杯するぞー!」

 充はビール缶を持って、それを朋也に近付ける。

 朋也は面倒臭いと思いつつ、つまみだけでなく、実はビールも充がストックしていたものだと気付き、少し慌てて缶を手に取った。

(スポンサーには逆らねえよな、さすがに)

 充は細かいことを気にしない性格だが、それでも、気を遣うべきところは遣わないと、と朋也は思う。
 〈親しき中にも礼儀あり〉、もしくは、〈持ちつ持たれつ〉とも言うべきか。

「今日もお疲れさん」

 充の言葉を合図に、互いの缶がカツンとぶつかり合う。
 そのまま喉に流し込むと、ほど良く冷えた苦みがゆっくりと染み渡ってゆく。

「ああ、うめえ。これぞ大人の醍醐味だよなあ」

 オヤジ臭さ全開な充を傍観しながら、朋也はビールを啜り続ける。
 気持ちは分からなくないが、さすがに充のように堂々とオヤジに変貌出来ない。
 この辺は、充曰く、『青臭い』ということらしいが。

(青臭いと言われようが、俺はまだまだ中年オヤジになんてなんねえぞ)

 ビールを半分ほど飲んでから、朋也はサラミに手を伸ばし、包装を開けて噛み締めた。

「そうそう」

 食べかけのあたりめを手に持ったままで、充が身を乗り出してくる。
 満面の笑みを浮かべているのが何故か怖い。

「――なんだよ?」

 警戒心を露わにして朋也が訊くと、充はさらにニンマリと笑いながら、「さっきの手紙の子」と言葉を紡いだ。

「ほんと高沢とどういう関係? その子から手紙が届くと、お前、妙にそわそわしてるよな?」

「別にただの幼なじみだよ。てか、そんなにそわそわしてねえし」

「いやあ、違うな。高沢は動揺してるのを隠そうとしてっけど、俺にはぜーんぶお見通しよ?」

「――気色わりいな……」

「なに言ってんだ? お前が分かりやす過ぎるんだろうが。こっちが詮索するまでもなく、ぜーんぶ顔に出ちまってるんだぜ?」

 そこまで言うと、充は残ったあたりめを全て口に放り込み、咀嚼した。
 そして、さらにビールでそれを流し込んでゆく。

「――そんなに、俺って分かりやすい……?」

 ビールから口を離したタイミングで恐る恐る訊ねると、充は、「分かりやすいねえ」と口の端を上げながら続けた。

「お前は必死で思ってることを隠そうとしてるけど、隠そうとすればするほどドツボに嵌ってる。まあ、そういう素直さが可愛い、とか言ってる女子がいるのも確かだけどさ」

「――可愛い、って言われてもちっとも嬉しくねえよ……」

「だから、俺じゃなくて女子だって。そう言ってんのは」

「んなもん分かってら」

 朋也は半ばヤケクソになりながらビールをグイと呷る。

「けど、そいつらに俺の何が分かるってんだ? お前にしろ、ただ面白がってるだけだろ? 紫織のことはデリケートなことなんだ。いちいち詮索されて堪るか!」

 言いきったのと同時に、朋也は空になった缶をグシャリと潰した。
 それはテーブルの上に戻されたが、惨めな姿に変貌させられた缶は、辛うじて立っているものの、今にも崩れ落ちそうなほどの脆さを感じさせる。

 と、その時だった。
 部屋に備え付けられている内線電話が鳴り響いた。

「おっ、ピザ来たんだな?」

 憂鬱になっている朋也とは対照的に、充は嬉々として腰を上げ、受話器を取る。

「あ、はい。わっかりましたー! すぐ行きまーす!」

 異様なまでのテンションで応対した充は、受話器を置いて朋也の方を振り返った。

「そんじゃ、俺はピザ取って来るから。高沢君はゆっくりしてなさいな」

 財布を持ちながら朋也に挨拶する充が気色悪い。
 わざとなのは分かっているが、それでも、女言葉を使われるのはあまりいい気分になれない。
 とはいえ、また金を払わせてしまう手前、邪険には扱えない。

「戻ったら俺も払うから」

 充が出ていく間際、朋也は告げた。

 充はわずかに目を見開き、けれどもすぐに笑顔を取り戻した。

「次にお願いするわ」

 また、わざとオカマのような口調で返してきた充は、今度こそ部屋を出た。

「しょうがねえ奴……」

 朋也はドアを睨んだまま、溜め息と同時に苦笑いした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ