挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第七話 素直になりたい

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/48

Act.3

 ◆◇◆◇

 夕純のアパートを出てから、涼香はのろのろと自宅へと向かった。

 だいぶ飲み過ぎた。
 気付けば空き缶がテーブルにぎっしり載っていて、酔っていたとはいえ、やり過ぎてしまったと少々慌てた。

 結局、後片付けも夕純に押し付ける形になってしまった。
 もちろん、手伝う気満々だったのだが、夕純に強く断られてしまったのだ。
 明日やるからいい、と。

 春の陽気が増し、暖かくなっている。
 しかし、やはり夜はまだ空気がひんやりとしている。
 時おり吹き抜けるそよ風が、火照った身体をほど良く癒してくれる。

 ふと、公園が目に飛び込んだ。
 いつもの通勤の通り道の中にあるのだが、普段であればただ素通りしている。
 だが、今は何かに導かれるように公園の中へと足を踏み入れていた。

 夜の公園はシンと静まり返っている。
 日中であれば子供達の賑やかな笑い声が辺りに溢れているのに、今は頼りなく灯されている白熱灯がどこか物悲しさを誘ってくる。

 涼香は公園の一番奥に置かれたベンチに腰を下ろした。
 そして、バッグから携帯電話を取り出す。

 ぼんやりと、携帯から放たれる明かりが涼香の手元を照らす。
 目を凝らし、液晶画面をスクロールさせてゆくと、朋也の携帯番号にカーソルを合わせてストップさせた。

 酔った勢いならば、と思った。
 しかし、どれほどアルコールを身体に入れても、いざとなると通話ボタンを押すのを躊躇ってしまう。
 そもそも、こんな時間に電話をかけること自体が迷惑かもしれない、と。

 涼香はしばらく考えた。
 夕純に励まされ、少しでも自分に素直になろうと思って朋也と話そうとしているのに、やはり怖い。
 だが、いつまでも立ち止まっていては何も始まらない。

「よし!」

 涼香は深呼吸をしてから、とうとう通話ボタンを押した。
 耳に携帯を押し当てると、コール音が鳴り続ける。
 と、五回ぐらい鳴ってから、音はプツリと消えた。

 涼香に緊張が一気に走った。

『――もしもし?』

「ごめん高沢君。――もしかして寝てた?」

『いや、さっきまで風呂行ってたから。ちょっと出るのが遅くなった』

「えっ、ごめん! やっぱり邪魔しちゃったね……」

 やはり、悪いことをしてしまったと思ったが、朋也は全く気にした様子もなく、『いや、ほんと大丈夫だから』とあっけらかんと答えてきた。

「――ほんとに?」

『うん』

 ここで涼香もようやくホッと胸を撫で下ろした。

 それから、朋也とは二十分ぐらい話しただろうか。
 急に電話した理由を訊かれ、声を聴きたくなったと言えたこと、そして、この間のことを謝罪出来たのは、涼香的にはかなり進展があった。
 ただ、やはりいつもの癖で、照れ隠しのために異様なまでに笑ってしまったのだが。

 通話を切ってから、一気に脱力感に襲われた。
 アルコールのせいだけじゃない。
 いや、むしろアルコールを呷ったあと以上に全身が熱くなっている。

「頑張ろう」

 自分を励まそうと声に出して言ってみた。
 自分の気持ちに蓋をせず、紫織のように真っ直ぐに進めるよう。
 もちろん、涼香なりのやり方で。

(もしかしたら、ほんの少しでも望みはあるかもしれない)

 確信はない。
 だが、涼香と関わりたくないと思っているなら、携帯番号やメールアドレスを教えてくれたりはしないだろう。
 そう信じたかった。

 涼香は携帯を折り畳んだ。
 そして、バッグにしまい込むと勢い良く立ち上がる。

「気合いよ気合い!」

 つい、声を張り上げてしまったことに気付き、涼香は慌てて自らの口元を抑える。

 それから、ゆっくりと外の空気を全身に取り込む。
 少しずつ、心が和らいでゆくような気がした。

[第七話-End]

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

勉強の神様は人見知り

勉強よりも運動が得意な如月まどか、ピカピカの高校一年生、陸上部所属。彼女はとあるきっかけから医者になる決意をした。成績を上げるにはどうすればいいか……悩む彼女が//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2011/09/01 12:21
臆病な眠り姫

広田真希、二十五歳。 大手総合電機メーカー テクニカ、先端研究所新人研究員。 亡くなった母をこよなく愛する父と二人暮らし。 家と研究所を淡々と往復する日々は、や//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 12:01
幸せって平等ですか?

私、岩渕命(いわぶちみこと)は父親に土下座されてお見合いすることに。ある致命的な欠点のせいで私にこのお見合いがうまく行くとは思えない。相手の河上葵(かわかみあお//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全45部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2016/12/22 17:53
開店休業。

和(なぎ)は願っていた。この地味で平穏な日常生活がなるべく長く続きますように! 人の輪から少し外れてマイペースに生きたいと願う和と、学園アイドルである遥(はるか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全192部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 08:00
もう、いいでしょう。

 周囲から虐げられてきた皇女が、幼馴染であり、婚約者でもある騎士に『惚れた女に子供が出来たから、お前から婚約破棄を申し出てくれ!』と暴言を吐かれて、国を捨てる覚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全16部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/27 23:00
望まない結婚

 ルージマナリア王国の第三女として生を受けたローデリアは、母親の身分の低さを理由にお世辞にも贅沢とはいえない生活を強いられてきた。そんな彼女はある日突然、侯爵子//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全21部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/11/04 16:00
田中さんのご家族と

 元旦のショッピングモール。福袋狙いのショッピングを約束した友人からドタキャンされた直後に、私は見るからに幸せそうな親子連れの田中さんを発見した、と思った。  //

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全37部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/11/21 12:27
ナインカウント

園田伊都と安井巡の交際期間は約半年。 誰にも内緒の社内恋愛はひっそりと消えたはず、だった。 婚活に挑もうとするOLと、それがどうにも気になる元カレとの、地道なや//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全200部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/29 23:50
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
幼馴染みの君が言うには

「おかえりなさい」 「あぁ、いらっしゃい」 同じマンションに住む陽介と実里は幼馴染。 最近では話すことさえなくなった二人であったが、ひょんなことから、実里は陽//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2015/05/17 20:17
蜂蜜とミルクティー

商社に併設するカフェ「スクラリ」で働くさえないアルバイト店員杏実は3年間片思いをしていた。  「黒の王子」と呼ばれる彼、"朝倉 颯人"。 ちょっとしたきっかけか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全100部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2013/05/12 08:53
自意識過剰

小中高と、3度に渡って「自意識過剰」と言われた経験から、男性が苦手な女性が、ハイスペックイケメンに口説かれるお話です。 アルファポリスからレンタルが開始されると//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2015/08/06 21:00
あの虹の向こう側へ

運命の人との出会いを求めて、縁も所縁もない地方の大学に進学した慧。そこで彼女と出会い、本当の恋をし、運命の人だと信じていたのに突然の別れが訪れる。そして3年後に//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全85部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/12/14 00:00
王太子は、前世で私を振った恋人でした

前世で恋人に捨てられた記憶を持つリズは、今世は自由に生きてやると決めていた。 不思議な力を見いだされ聖女候補として王宮におもむくも、そこで出会った王太子は、前世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全36部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 19:53
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
狼侯爵と愛の霊薬

学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:53
茜色の君に恋をする

孤独な娘、羽山優菜は小学校教師となって、子どもの頃暮らした街に帰ってきた。そこで昔、彼女をいじめていた同級生、冬木志郎と再会する。教師として真摯に子供たちと向き//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全9部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2012/03/01 00:00
スープジャーで恋を煮る。

アルファポリスでも連載してます。 完結しました。気が向いたら外伝があるかと思われ。 以前書いていてたものは没話に収録。没は没です。本編ではありませんしおまけでも//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全64部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 17:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全83部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/10/29 22:00
彼女が部屋で待ってるから

「いきなり来ちゃって、迷惑じゃなかった?」「……んなわけないじゃん。超嬉しかった」 遠距離恋愛中の学生さんによる、恋模様です。(小ネタ集)

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全8部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 00:00
君が私の唯一

澤木 雪菜は兄以外の家族から幼少期から中学2年まで虐待にあっていた。 母からは憎悪の感情を向けられ、妹には親友と兄以外の全てを奪われていく。 初恋の彼//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全48部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/06/28 01:37
飲み友達なお隣さん

クリスマスの夜、エレベーターで出会ったイケメンサラリーマンの五十嵐月斗(いがらしつきと)さんと飲み友達になりました!周りの友達は皆ラブラブの彼氏の話しかしない事//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全25部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/01/22 00:23
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全71部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 19:00
ある貴族令嬢の五度目の正直

アデリア・デラウェスは大領主の令嬢として生まれ育った。しかし大領主といってもデラウェス家は中位の地方貴族、アデリア自身も取り柄は若さくらいしかない。その上、結婚//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全31部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/02/20 22:33
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
口直しの恋。

ヘッドハンティングされての転職に、劇的なプロポース。 加奈子の前には順風満帆な人生が開けていた、はずだった。 だが、一つ歯車が狂ったのがきっかけで、加奈子の人生//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2016/11/19 17:10
あなたに捧げる赤い薔薇(改稿版)

「馬鹿にされてもかまわない。否定されてもかまわない。理解など求めない。―――これが、わたしの愛だ」我儘で高飛車な女として嫌われるローゼンシュタイン伯爵夫人。しか//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
公爵さまは女がお嫌い!

 “訳あり”になってしまい、他に嫁ぎ先が見つからないティアナは、同じく“訳あり”のヴァレッド・ドミニエル公爵に嫁ぐこととなる。 その彼は、女嫌いの男色家と噂の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全50部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 16:53
意外と恋は落ちている

引っ込み思案で本が大好きな真理は、放課後になると学校の図書室で静かな時間を過ごすのが日課。そんな真理は恋をしてみたいと思っているけれど、どうしたらいいのか分から//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2015/05/16 16:03
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
モテる幼馴染みをもった私の苦労

小学校でいじめにあった。多分。 相手は自分こそがいじめられたと、まわりを味方につけて私を孤立させた。 やたら大人びた私は相手にせず戦線離脱。バカに構う暇があるな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全49部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 21:03
今からあなたを訴えます!

婚約者を妹に寝取られた。両親も妹の味方だ。だけど、絶対に泣き寝入りしない。裏切り者どもを訴えてやる! と駆け込んだ法律事務所で再会したのは、かつてのクラスメイト//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全28部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 20:06
↑ページトップへ