挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第七話 素直になりたい

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/48

Act.1-02

「――主任、なんか言ってました……?」

 おずおずと訊ねてみると、夕純は、「そうじゃないけど」と言葉を紡いだ。

「あの人、表立って優しさを見せないのよ。昔っからそう。だからいつも損しちゃう。根はすっごくいい人なんだけどねえ」

「――いい人がこんなに人をこき使うんですか……?」

 つい、憎まれ口を叩いてしまった。
 言ってしまってから、しまった、と思ったが、夕純はむしろ愉快そうにケラケラ笑った。

「そこなのよ。気になってしょうがないけど、どうやって声をかけたらいいか分かんないから、わざとそうやって仕事を頼むの。ほんとは彼、そんなことは自分で全部やるつもりだったのよ。ほんとに、もうちょっと素直になれば可愛げがあるのに……。ま、私も人のことは言えないけどね」

 そこまで言うと、夕純は微苦笑を浮かべながら肩を竦めた。

「ちょっとめんどくさいかもだけど、嫌わないでやってちょうだいな。何度も言うけど、あれでもいい人なのよ?」

 夕純と主任は同期だと聞いたことがあるが、それにしても、ずいぶんと主任を擁護する。
 もしかしたら、主任に対して特別な感情でも抱いているのだろうか、などと思ったが、改めて訊くことも出来ない。

「で、ほんとに大丈夫?」

 夕純がまた、涼香に訊ねてくる。
 『大丈夫』と言ったのに、全く信用されていない。
 いや、本当は大丈夫と言いきれないのだが。
 もしかしたら、夕純は全てお見通しなのかもしれない。

(この際、ちょっとでも話を聞いてもらおう、かな……?)

 涼香は少しばかり考え、「あの」と意を決して切り出した。

「私、とてもヤな女だと思われたかもしれません……」

 夕純は首を傾げながら、真っ直ぐに涼香に視線を注ぐ。

「誰に?」

「えっと……」

 いざとなったら、やはり口籠ってしまう。
 とはいえ、口火を切ってしまった以上、今さら言ったことを取り消せるはずがない。

「なんてゆうか、その……、男友達に、です……」

 涼香の言葉に、夕純が目を見開いた。

「涼香、男の子の友達なんていたの?」

「ええ、まあ……」

「ふうん……」

 夕純は顎の辺りに手を添え、さらに穴が開くほど涼香を見つめる。
 涼香の深層心理を探ろうとしているのが、ありありと伝わってくる。

 気まずい沈黙が流れる。
 やはり、言うべきではなかっただろうか。
 しかも今、夕純とふたりきりとはいえ、ここは職場だ。
 そもそも、プライベートな問題を持ち込む場所ではない。

「――すいません……」

 耐えられなくなり、とうとう涼香から謝罪してしまった。

「別に謝ることなんてないけど」

 夕純は微苦笑を浮かべ、続けた。

「なんにしても、ここでゆっくり話せることじゃないわね。良かったら、仕事が終わってからでも相談に乗るわよ?」

「え、でも……」

「いいから」

 涼香が言いかけた言葉を、やんわりと、けれども強い口調で夕純はシャットアウトした。

「やっぱ心配だもの。高遠君じゃ話しづらいけど、私ならいいんじゃない? 同じ女なんだから、ね?」

「はあ……」

 半ば、強引に決められてしまった。
 だが、夕純がきっかけを作ってくれたことにホッとしたのも本音だった。

「じゃあ、お言葉に甘えて……」

「甘えてちょうだい」

 夕純は嬉しそうに、ニッコリと頷いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ