挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
春風 ~四季の想い・第二幕~ 作者:雪原歌乃

第六話 揺らめきの行方

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/48

Act.3-01

 家に帰って来たのは、ちょうど日付が変わろうとしていた頃だった。
 朋也と宏樹はそれぞれ、おやすみの挨拶をしてから自室へ入った。

 朋也がずっと使っていた部屋は、出て行った頃と全く変わっていない。
 母親がこまめに掃除をしてくれているのか、埃っぽさもほとんどなく、むしろ寮の部屋の方が汚いのではと思えるほどだ。

 朋也はベッドに携帯電話を放り投げ、そのまま仰向けに倒れ込んだ。
 もちろん、布団はずっと敷きっ放しだったわけではない。
 朋也が帰って来ると知り、母親が押し入れから出した布団を天日干しして敷いてくれたものだ。
 寮で使っている万年床の布団と違ってふかふかで、ほんのりと陽の匂いもする。

 ぼんやりと天井を眺めていると、涼香と誓子の面影が、交互に浮かんでは消える。
 そして、時おり紫織も浮かび上がる。

 自分に真っ直ぐに飛び込んできた誓子。
 対して、無遠慮なようでどこか控えめな涼香。
 本当に対照的なふたりだと思う。
 さらに紫織。
 紫織はどちらとも似ていなさそうだが、どちらかと言えば誓子により近いかもしれない。
 紫織は一見大人しそうで、真っ向から相手に気持ちをぶつけるタイプだ。
 そして、決して諦めることをしない。
 そのしたたかさが頑なだった宏樹を射止めることとなった。

 正直に言えば、紫織への想いに整理は着いていない。
 しかし、ずっとこのままではいけないとも分かっている。
 だからと言って、恋愛感情を抱いていない相手と軽い気持ちで付き合えるほどの器用さも持ち合わせていない。

 恐らく、誓子だったら気楽な付き合いでも構わないと言ってくれるかもしれない。
 だが、涼香はどうだろう。
 彼女は非常に真面目だ。
 奔放に振る舞っているようでも、いや、根が真面目で不器用だからこそ、自分を上手く曝け出せないのではないだろうか。
 宏樹という似たような存在が身近にいたから、何度か逢っただけで涼香の本質は分かってきたような気がする。

 何にしても、涼香に誓子の話を持ち出したのは失敗だった。
 誓子は逆に涼香や紫織の話を持ち出してもさほど気にしないだろうが、涼香は非常に気にする。
 多分、自分の存在は朋也にとって何なのだろうかと考え込んでしまったかもしれない。

 宏樹は、朋也からアクションを起こす必要はないと言っていた。
 だが、間接的にでも涼香の気持ちを知ってしまった以上、今後、彼女とどう接していいか分からない。

 ふと、紫織に相談することも考えた。
 しかし、やはり紫織には言えない。
 涼香と紫織は朋也が思っている以上に強い絆で結ばれている。
 だからこそ、涼香の気持ちを蔑ろにしたと知れば、朋也を決して許しはしないだろう。
 紫織にとって、涼香は朋也以上に大切な存在だ。
 それは高校の頃から見ていてよく分かっていた。

「ほんと、恋愛ってどうしてこうもめんどくせえんだよ……」

 髪をグシャグシャにかき乱し、ぼやいた時だった。

 ピコピコピコ……

 呑気な電子音が耳元で鳴り響いた。

「誰だよ、こんな時間に……」

 ブツブツ言いながら携帯を手に取り、発信元を確認したら――そのまま硬直してしまった。

「マジか……」

 あんまり考え込んでいたから相手も何かを感じ取ったのか。
 いや、ただの偶然だろうが。

 朋也は躊躇った。
 しかし、無視することも出来ず、深呼吸をしてから通話に切り替えて本体を耳に押し当てた。

「――もしもし?」

『ごめん高沢君。――もしかして寝てた?』

 電話の相手は遠慮がちに訊ねてくる。

 朋也は内心慌てつつ、「いや」と答えた。

「さっきまで風呂行ってたから。ちょっと出るのが遅くなった」

『えっ、ごめん! やっぱり邪魔しちゃったね……』

「いや、ほんと大丈夫だから」

『――ほんとに?』

「うん」

 朋也は答えながら、上半身を起こした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ